花のない花屋
連載をフォローする

自宅を売って始めた豆腐屋 夢を追い続ける両親へ

〈依頼人プロフィール〉
八城有希子さん 34歳 女性
兵庫県在住
主婦

     ◇

2015年、父と母はそれまで経営していた中規模の豆腐工場を売り、自宅まで手放して小さな個人の豆腐屋さんをオープンしました。2人とも60歳での新たなスタートでした。

もともと父は豆腐屋に生まれ、母と出会って結婚。母は高校から美大の付属高校に通い、大学でも商業デザインを専門にしていた人でした。2人は父の家業を継ぐことになっていたので、母に期待されていたことは経理や帳簿の管理。「豆腐にデザインもなにもないし、美大卒なんて何の役にも立たない」と周りに言われ、苦労したそうです。

そんな2人は豆腐工場の経営に奮闘しながら、私たち姉妹を大切に育ててくれました。ところが、私たちが実家を巣立ったとたん、2人は突然工場を手放します。経営が悪化していたというのもありますが、そのまま続けようと思えば続けられたはずです。

あとで聞いたところによると、私の子どもが生まれたとき、2人はこう決心をしたのだそうです。「とうとう、おじいちゃんとおばあちゃんになった! このまま経営悪化する工場を続け、小さく終わるのだけはいやだ。孫には、最後まで挑戦する後ろ姿を見せたい」と。そして、母は孫の顔を見たその日に家を売る書類に判子を押したそうです。

もちろん周りは大反対でした。自分の工場も家もあるのに、なにも60歳になってすべて手放すことはないんじゃないか……と。2人は銀行にも相談に行っていたようですが、年老いた2人に融資をしてくれるところはなく、担当者には「夢を語っていただき、ありがとうございました」と言われて終わり。ほかに打つ手もなく、店を始めるには自宅を売るしかなかったそうです。

そんな2人がオープンした豆腐屋は、一見豆腐屋には見えない美しいお店です。母が知り合いのつてを頼り、若いデザイナーや建築家に仕事を依頼。工事中、町の人たちはおしゃれなパン屋やギャラリーができるのではないか、とうわさしていたそうです。今では豆腐屋なのに、地元のアーティストが展覧会を開いたりもしています。

父の作るお豆腐も絶品です。工場を経営しているときから、父は口癖のように「本当はもっとおいしい豆腐を作れるんだけどなあ……。死ぬ前に本当においしい豆腐を作りたいなあ」と言っていました。そんな父が自ら作るお豆腐は、在来種の豆だけを使ったもの。作られたお豆腐は、コンテストに入賞したり神奈川県内1位になったりしています。

そんな風に言うと、まるで順風満帆に聞こえますが、実際の豆腐作りは重労働です。昔は経営側だったのでデスクワークが多かったのに、今はすべての作業を2人だけでやっています。毎朝3時から働き始め、休日も仕込みなどがあり、休みらしい休みはなし。大豆の状態が優先されるので、なかなか遠出するのも難しく、すべては豆腐中心の生活を送っています。

そんな父と母には尊敬の念しかありません。2人が60歳を過ぎても新しい挑戦をやめず、自分たちの夢を追いかけている姿は、娘からみても本当に誇らしいです。そこで、私からのエールを込めて、いくつになっても新しい“景色”を追い求めて奮闘する2人へ、見たこともない花束を作っていただけないでしょうか。

自宅を売って始めた豆腐屋 夢を追い続ける両親へ

花束を作った東さんのコメント

今回のアレンジはまさにお豆腐です。四角い花器に白い花をお豆腐のように生けました。実際のお豆腐を拝見したところ、機械がカットしたような直角ではなく、手作りらしさが残る少し丸みのある四角い形。全体的にやさしさがにじみ出ていました。そんなご両親へのお花ですので、四角いアレンジとはいえ、優しさのあるフォルムになるよう心がけました。

使用した花材は、ダリア、ピンポンマム、アジサイ、スイートピー、センニチコウ、カラー、アスター、ストック、トルコキキョウ、ガーベラ、アンスリウムなど。花だけでなく、花を挿すオアシスまですべて白で統一しました。

60歳から新しいことを始めるなんて、なかなかできることではありません。僕からのエールも伝わりますように……!

自宅を売って始めた豆腐屋 夢を追い続ける両親へ
自宅を売って始めた豆腐屋 夢を追い続ける両親へ
自宅を売って始めた豆腐屋 夢を追い続ける両親へ
自宅を売って始めた豆腐屋 夢を追い続ける両親へ
読者のみなさまから「物語」を募集しています。

こんな人に、こんな花を贈りたい。こんな相手に、こんな思いを届けたい。花を贈りたい人とのエピソードをお寄せください。毎週ひとつの物語を選んで東さんに花束をつくっていただき、花束は物語を贈りたい相手の方にプレゼントします。その物語は花束の写真と一緒に、&wで紹介させていただきます。

応募フォームはこちら

REACTION

LIKE
連載をフォローする

SHARE

  • LINEでシェア

FOR YOU あなたにおすすめの記事

POPULAR 人気記事

※アクセスは過去7日間、LIKE、コメントは過去30日間で集計しています。

RECOMMEND おすすめの記事

&MEMBER限定の機能です

&MEMBERにご登録(無料)いただくと、気に入った記事に共感を示したり、コメントを書いたり、ブックマークしたりできます。こうしたアクションをする度にポイント「&MILE」がたまり、限定イベントやプレゼントの当選確率が上がります。

&MEMBERログイン

ID(メールアドレス)
パスワード

パスワードを忘れた方はこちら

&MEMBER登録はこちら

&MILEの加算アクション

  • &MEMBER新規登録:100マイル
  • 記事に「LIKE」を押す:10マイル
  • コメントの投稿:30マイル
  • 自分のコメントに「LIKE」がつく:10マイル
  • *今後、以下のアクションも追加していきます

  • 朝日新聞デジタル有料会員の継続:100マイル
  • ログインしてサイト訪問:10マイル
  • アンケート回答:30マイル
  • 「朝日新聞SHOP」での購入:50マイル
  • イベント申し込み:50マイル

&MILEの獲得数に応じてステージがあがり、ステージがあがるごとに
&MEMBER限定のイベントやプレゼントの当選確率が上がります。詳細はこちら