&w

よなよなハンコ
連載をフォローする

我が家のおせちの掟と、昆布巻きの意味

消しゴムハンコ作家で、忌野清志郎さんの長女・百世(ももよ)さんの連載「よなよなハンコ」。今回は、百世さん家のお正月のお話です。おせち料理の意味から、お正月の過ごし方についていきなり納得する感じが、とても百世さんらしく……笑。今年もほっこりよなよなワールドを、どうぞお楽しみください。

    ◇

あけましておめでとうございます!
今年も「よなよなハンコ」どうぞ宜しくお願いします。

先週の木曜日は、昨年の母の「オ、オワター」のお話&w特選集に載っていましたが、この「オ、オワター」は今でも家でマネしたりするので、1年間ずっとヒットしている出来事だったりします。我が家の2019年の流行語大賞だなぁ。母の言葉はおもしろくて変なのが多いので、毎年ノミネートしてるんですけどね~。今年はどんな言葉が生まれるかな? 楽しみだー。

新年といったらおせち! おせちはひとつひとつに意味があるから、家では苦手でも必ずひとつずつは食べないといけないんですよね。

私は昆布巻きが苦手で、毎年ウッと思いながら食べていたんですが、今年は少し抵抗して、数の子は子孫繁栄、海老は腰が曲がるまで長生きだけど、昆布巻きには何の意味があるの?と母に聞いたら、「よろこんぶ!」と堂々と言われ、そんなギャグ要因でおせちに仲間入り!? それなら食べなくてもいいのでは!?……と思って調べたら、よろこぶの語呂合わせで縁起物、よろこぶ=養老昆布で、不老長寿という意味がありました。

だからしょうがなく食べたけど、おせちってそんなゆるい感じだったのかぁと気付かされたお正月でした。こんな感じだったらやっぱりお正月はのんびり過ごしていいものなのかもしれないなぁ。

今回の作品は、干支のネズミたち! 年賀状用にiPadで描いたイラストです。文字もお気に入り。

最近はすっかりiPadでイラストを描くようになったので、今年は消しゴムハンコだけではなくて、イラストもガンガンやっていきたいなぁと思っています。ハンコとは違う表現になって楽しいんですよね~。今年はたまに「よなよなイラスト」も載せていきたいなー!
でも弟子のアッキーが、新年から消しゴムハンコの作品をどんどん作って送ってきてくれるので、私も頑張らないと! あっという間に弟子に追い越されそうだっ。

2020年のよなよなハンコも張り切っていきますよ~。
今年がみなさんにとって幸せな一年になりますように!!

百世

百世

>>「よなよなハンコ」 記事一覧

REACTION

LIKE
連載をフォローする

SHARE

  • LINEでシェア

FOR YOU あなたにおすすめの記事

POPULAR 人気記事

※アクセスは過去7日間、LIKE、コメントは過去30日間で集計しています。

RECOMMEND おすすめの記事

&MEMBER限定の機能です

&MEMBERにご登録(無料)いただくと、気に入った記事に共感を示したり、コメントを書いたり、ブックマークしたりできます。こうしたアクションをする度にポイント「&MILE」がたまり、限定イベントやプレゼントの当選確率が上がります。

&MEMBERログイン

ID(メールアドレス)
パスワード

パスワードを忘れた方はこちら

&MEMBER登録はこちら

&MILEの加算アクション

  • &MEMBER新規登録:100マイル

    *今後、以下のアクションも追加していきます

  • 朝日新聞デジタル有料会員の継続:100マイル
  • ログインしてサイト訪問:10マイル
  • 記事に「LIKE」を押す:10マイル
  • コメントの投稿:30マイル
  • 自分のコメントに「LIKE」がつく:10マイル
  • アンケート回答:30マイル
  • 「朝日新聞SHOP」での購入:50マイル
  • イベント申し込み:50マイル

&MILEの獲得数に応じてステージがあがり、ステージがあがるごとに
&MEMBER限定のイベントやプレゼントの当選確率が上がります。詳細はこちら