花のない花屋
連載をフォローする

不遇に見えていた次男 希望をかなえて社会へ

〈依頼人プロフィール〉
山畑由美さん 51歳 女性
兵庫県在住
主婦

    ◇

昨秋、できあがったばかりの卒業論文が家に届きました。離れて暮らす大学6年生の次男からです。 謝辞のページを見ると、夫と私にあてたメッセージがありました。

「これまでありがとう。これからは健康に気をつけて、どんなことでも相談してください」

いつまでも子どもだと思っていたら、ついに私たちが相談をもちかける側になるのか……!と思い、一人苦笑いしました。

次男は小さい頃からおっとりとした優しい男の子で聞き分けもよく、何でもよく食べ、よく眠り、病気一つしない、育てやすい子どもでした。一方で自己主張が弱く、何に対しても受け身なところがあり、「嫌だ」と言うことはほとんどありませんでした。

本もいろいろなジャンルの本を読み聞かせましたが、親の気持ちを察してか、最初は一応興味を示すものの、自分から何かを求めることはありません。一体何が彼のツボなのだろう?と私が悩んでしまい、「興味のあることを見つけ、伸ばしてほしい」との親心から、バイオリンやサッカー、絵画、英会話、将棋、ギター、スイミング、学習塾などいろいろな習い事をやらせました。

強制しているつもりはなく、興味があれば……との思いからでしたが、私に対する遠慮か、拒むことは一度もなく、どれもそれなりにうまくこなし、友達とも仲良くしていました。問題は何もないのですが、ただ一つ……彼からの情熱を感じることがないのが気になっていました。

そんな彼は中学受験をして失敗、高校受験も望み通りの学校には行けず。母親としては「不遇だな……」と思いながらも、この子はブレーキを踏まず、なりふり構わず進むことができないんだと感じ、「自分の意識を変えない限り、望むものは手にできないよ」と言い続けてきました。もしかしたら、私がいつも先回りして心配しすぎたのがいけなかったのかもしれません。

そして、もう私の言葉で彼を動かすことはできないかも……と半ばあきらめていた頃、彼が突然「薬学部へ行く」とぽつりと言いました。高校2年生のときです。主張を聞いたのはそれが初めてでした。ただおとなしかったわけじゃない。きちんと冷静な目で自分を見つめ、信念を持ち続けていたのです。

その後、彼は希望していた大学、希望していた研究室に入り、昼夜問わず実験を続けて結果を出しました。そして今春、希望していた会社で希望していた職につきます。

そこで、「人のためになる研究」という希望を背負って社会へ一歩踏み出す次男へ、エールを込めて花を贈りたいです。次男は現在24歳。小学生の頃からギターが趣味で、バンドをいくつも掛け持ちしていました。料理も上手で、洋服も大好き。「自分の力で歩いていく」という決意が感じられるような、力強いイメージのアレンジをお願いいたします。

不遇に見えていた次男 希望をかなえて社会へ

花束を作った東さんのコメント

大学卒業とご就職、おめでとうございます。これからは自分の意志で、自信を持って歩いていってほしいという願いを込めて、生命力あふれる花束を作りました。トップに飾ったのはプロテア。この花自体とても強く、ドライフラワーにもなります。息子さんの意志の強さをこの花で表しました。

ハリセンボンのようなトゲのある丸い植物は、フウセントウワタ。とても面白い植物で、実は1~2週間経つと外側の皮がパカッと割れ、中から種のついたふわふわの綿がはじけ出てきます。「これからの人生、はじけていってください」という気持ちを込めて挿しました。もう一つの丸い植物はグリーンのナデシコ。アンスリウム、クリスマスローズ、グズマニアなどもグリーン系でまとめました。

その中で映える白い花は、八重咲きのユリ。1枚1枚の花弁が厚く、かなりボリュームがあります。まだつぼみのものもあるので、すべて咲くと全体の雰囲気がガラリと変わるはず。ユリは、「これから花開きますように」という気持ちを込めて挿しました。時間の経過とともに変化するアレンジですので、ゆっくり楽しんでくださいね。

不遇に見えていた次男 希望をかなえて社会へ
不遇に見えていた次男 希望をかなえて社会へ
不遇に見えていた次男 希望をかなえて社会へ
不遇に見えていた次男 希望をかなえて社会へ
読者のみなさまから「物語」を募集しています。

こんな人に、こんな花を贈りたい。こんな相手に、こんな思いを届けたい。花を贈りたい人とのエピソードをお寄せください。毎週ひとつの物語を選んで東さんに花束をつくっていただき、花束は物語を贈りたい相手の方にプレゼントします。その物語は花束の写真と一緒に、&wで紹介させていただきます。

応募フォームはこちら

REACTION

LIKE
連載をフォローする

SHARE

  • LINEでシェア

FOR YOU あなたにおすすめの記事

POPULAR 人気記事

※アクセスは過去7日間、LIKE、コメントは過去30日間で集計しています。

RECOMMEND おすすめの記事

&MEMBER限定の機能です

&MEMBERにご登録(無料)いただくと、気に入った記事に共感を示したり、コメントを書いたり、ブックマークしたりできます。こうしたアクションをする度にポイント「&MILE」がたまり、限定イベントやプレゼントの当選確率が上がります。

&MEMBERログイン

ID(メールアドレス)
パスワード

パスワードを忘れた方はこちら

&MEMBER登録はこちら

&MILEの加算アクション

  • &MEMBER新規登録:100マイル

    *今後、以下のアクションも追加していきます

  • 朝日新聞デジタル有料会員の継続:100マイル
  • ログインしてサイト訪問:10マイル
  • 記事に「LIKE」を押す:10マイル
  • コメントの投稿:30マイル
  • 自分のコメントに「LIKE」がつく:10マイル
  • アンケート回答:30マイル
  • 「朝日新聞SHOP」での購入:50マイル
  • イベント申し込み:50マイル

&MILEの獲得数に応じてステージがあがり、ステージがあがるごとに
&MEMBER限定のイベントやプレゼントの当選確率が上がります。詳細はこちら