&Travel

スイス1周鉄道珍道中~1等車と5つ星ホテルで
連載をフォローする

列車が故障! 乗り換えどうなる? (1) チューリヒ空港~ポントレジーナ

スイスに近づく搭乗機

最後の乗り換えはできるのか?

列車が故障! 乗り換えどうなる? (1) チューリヒ空港~ポントレジーナ
サメーダンまでは、牧歌的な風景が続いた

さて、無事に走り出したものの、一つ懸念がありました。この列車は当夜の目的地、ポントレジーナ駅までは行きません。途中のサメーダン駅でもう1度乗り換えねばならないのです。この列車がサメーダンに着いてから、ポントレジーナに行く列車が出発するまで7分。すでに9分遅れですから、乗り換えるはずの列車は、おそらくホームにいないでしょう。

ネフさんは「困ったらホテルに電話したらいいよ」と言っていましたが、さて……。猪俣さんと相談して、ともかく、サメーダン駅まで行ってみて、乗るべき列車が行ってしまっていたらその時考えよう、ということになりました。

列車が故障! 乗り換えどうなる? (1) チューリヒ空港~ポントレジーナ
険しい山が迫り来るよう

私たちが乗っている列車は、後日乗る予定の絶景列車「グレッシャー・エクスプレス」と同じ路線を走っています。ポントレジーナまでは撮影の下見をするつもりだったのですが、それどころではありません。

列車が故障! 乗り換えどうなる? (1) チューリヒ空港~ポントレジーナ
慌ただしい中にも、しっかり見どころを撮影してくれていた猪俣さん

どこに何があるかもろくに確認できないまま、サメーダンに着くと、何と、乗るべき列車はまだホームに止まっていました。翌日同行してくれたガイドさんが「15分くらいの遅れなら列車は待っててくれますよ」と教えてくれたのですが、見知らぬ土地でトラブルのただ中にいた我々には、そのローカル線がなんと神々しく見えたことか。

トランクを引きずりながら小走りで乗り込むと、1分ほどで列車は出発しました。我々のような乗り換え客を待っていたようです。20時過ぎにポントレジーナ駅に着き、ホームへ降りると、宿泊するホテル「Grand Hotel Kronenhof」(グランドホテル・クローネンホフ)のスタッフが迷わず我々の所に来て、「ようこそ」と、お迎えのBMWに案内してくれました。よくわかったなと見渡してみれば、東洋人の乗客は我々ふたりだけ。なるほど。

列車が故障! 乗り換えどうなる? (1) チューリヒ空港~ポントレジーナ
猪俣さんが宿泊した部屋。私の部屋は、これと対照的な造りだった

駅からホテルまでは車で2分ほどでしたが、かなり急勾配の坂道なので、荷物を引きずって登るのはつらいところ。予期せぬトラブルの後だっただけに、本当に助かりました。チェックインを済ませたら、バーで飲みながら軽食を食べて、倒れ込むように眠りました。ホテルの紹介は、また次回に。(つづく)

【取材協力】
スイス政府観光局

スイス インターナショナル エアラインズ

スイストラベルシステム

スイス・デラックス・ホテルズ

REACTION

LIKE
COMMENT
0
連載をフォローする

SHARE

  • LINEでシェア

FOR YOU あなたにおすすめの記事

RECOMMEND おすすめの記事

&MEMBER限定の機能です

&MEMBERにご登録(無料)いただくと、気に入った記事に共感を示したり、コメントを書いたり、ブックマークしたりできます。こうしたアクションをする度にポイント「&MILE」がたまり、限定イベントやプレゼントの当選確率が上がります。

&MEMBERログイン

ID(メールアドレス)
パスワード

パスワードを忘れた方はこちら

&MEMBER登録はこちら

&MILEの加算アクション

  • &MEMBER新規登録:100マイル

    *今後、以下のアクションも追加していきます

  • 朝日新聞デジタル有料会員の継続:100マイル
  • ログインしてサイト訪問:10マイル
  • 記事に「LIKE」を押す:10マイル
  • コメントの投稿:30マイル
  • 自分のコメントに「LIKE」がつく:10マイル
  • アンケート回答:30マイル
  • 「朝日新聞SHOP」での購入:50マイル
  • イベント申し込み:50マイル

&MILEの獲得数に応じてステージがあがり、ステージがあがるごとに
&MEMBER限定のイベントやプレゼントの当選確率が上がります。詳細はこちら