&Travel

スイス1周鉄道珍道中~1等車と5つ星ホテルで
連載をフォローする

世界遺産の360°ループ (2) サン・モリッツ~ティラーノ

スイスで5つ星ホテルを泊まり歩き、鉄道の1等車で国をぐるり1周する――。&TRAVEL副編集長が2019年8月から9月にかけて、そんな旅を体験しました。写真家の猪俣博史さんと二人三脚で巡った9日間の珍道中、第2回は世界遺産にもなっている路線を走る絶景特急「ベルニナ・エクスプレス」に乗って、サン・モリッツからイタリアのティラーノへ行き、ポントレジーナへ戻る往復鉄道旅です。
(文・動画:&TRAVEL副編集長・星野学 写真:猪俣博史)

第1回<チューリヒ空港~ポントレジーナ>から続く

【動画】ぐるり360°! 世界遺産ベルニナ線のクライマックス「ブルージオ橋」

スイス冬季観光発祥の地、サン・モリッツ

2019年8月25日、スイス鉄道旅の2日目。ポントレジーナの宿泊先「グランドホテル・クローネンホフ」のロビーで、ガイドの飯野聡子さんと朝7時30分に待ち合わせです。標高約1800mなので、夏とはいえ外気温は5℃! 宿から歩いて数分のバス停から路線バスに乗り、隣村のサン・モリッツへ向かいます。「ベルニナ・エクスプレス」の乗車駅があるからです。まず、サン・モリッツの旧市街を歩いて回ることにしました。

ウィンタースポーツがお好きなら、サン・モリッツと聞いて、ピンと来る方もおられるでしょう。「氷上のF1」と呼ばれるボブスレーや、スケルトンの世界選手権では常連開催地です。1928年と1948年には冬季五輪の開催地になりました。

世界遺産の360°ループ (2) サン・モリッツ~ティラーノ
バスの中から。ボブスレーとそのコースが前方に見える

バスに乗っていると、「あれがボブスレーのコースです」と、飯野さんが教えてくれます。見ると、コース脇の壁に、ボブスレーがセミのように張り付いています。サン・モリッツ中心部には15分ほどで到着。まず向かったのは、クルムホテル。創業160年を超えるサン・モリッツで初めてのホテルで、夏の避暑地だったスイスで冬季観光のさきがけとなった伝説的存在でもあります。

世界遺産の360°ループ (2) サン・モリッツ~ティラーノ
クルムホテル

伝説のはじまりは1864年の秋。クルムホテルの創業者ヨハネス・バドルッツは、滞在していた4人の富裕な英国人客に、サン・モリッツの冬は晴れた日なら日光浴も楽しめると説明しましたが、信じてもらえません。そこでバドルッツは提案しました。「12月にもう1度おいでください。私が間違っていたら、旅費滞在費は私が持ちます」。賭けはバドルッツの勝ちでした。12月に再びやってきた4人はご満悦で、春のイースター(復活祭)までここで過ごしたのです。

NEXT PAGEヒッチコックゆかりの宿

REACTION

LIKE
COMMENT
0
連載をフォローする

SHARE

  • LINEでシェア

FOR YOU あなたにおすすめの記事

RECOMMEND おすすめの記事

&MEMBER限定の機能です

&MEMBERにご登録(無料)いただくと、気に入った記事に共感を示したり、コメントを書いたり、ブックマークしたりできます。こうしたアクションをする度にポイント「&MILE」がたまり、限定イベントやプレゼントの当選確率が上がります。

&MEMBERログイン

ID(メールアドレス)
パスワード

パスワードを忘れた方はこちら

&MEMBER登録はこちら

&MILEの加算アクション

  • &MEMBER新規登録:100マイル

    *今後、以下のアクションも追加していきます

  • 朝日新聞デジタル有料会員の継続:100マイル
  • ログインしてサイト訪問:10マイル
  • 記事に「LIKE」を押す:10マイル
  • コメントの投稿:30マイル
  • 自分のコメントに「LIKE」がつく:10マイル
  • アンケート回答:30マイル
  • 「朝日新聞SHOP」での購入:50マイル
  • イベント申し込み:50マイル

&MILEの獲得数に応じてステージがあがり、ステージがあがるごとに
&MEMBER限定のイベントやプレゼントの当選確率が上がります。詳細はこちら