&Travel

SPONSORED

世界1位の就航国数を誇るターキッシュ エアラインズ、関空直行便再開へ

SPONSORED

ターキッシュ エアラインズは運休しているイスタンブール-関西線について、2020年4月14日から再開することを発表した。

月曜日、火曜日、木曜日、金曜日の午後10時50分に関西国際空港を出発、翌日午前5時10分(現地時間)に新イスタンブール空港に到着する予定だ。フライト時間は約12時間。6月13日からは土曜日も運航し、週5日の往復となる。

運航の再開を前に1月20日、ヒルトンホテル大阪で、ターキッシュ エアラインズのグローバルなネットワークや、海外出張の際に利用できる法人向けサービスなどについてのプロダクトセミナーが開催された。

セミナーにはターキッシュ エアラインズ極東アジア統括マネジャーのオスマン・ユルトドゥール氏も出席。

ターキッシュエアラインズ極東アジア統括マネジャーのオスマン・ユルトドゥール氏

ターキッシュ エアラインズ極東アジア統括マネジャーのオスマン・ユルトドゥール氏

「現在毎日運航しているイスタンブール-成田線に加えて、今年3月には羽田便が新規就航、さらに4月の関空便再開によって、日本の主要な3空港から週16便の運航となる。私たちの大好きな国、日本からの便数を増やすことができて非常にうれしい」と喜びのコメントを寄せた。

1933年に創業したターキッシュ エアラインズは、世界126カ国318都市という世界一の就航国数を誇るトルコのフラッグキャリア。ハブ空港であるイスタンブール空港は2018年10月、年間約9000万人の収容が可能な世界最大規模の新「イスタンブール空港」としてリニューアルしたばかりだ。

同空港は50カ国以上から3時間以内の場所に位置し、乗り継ぎ客にとって非常に便利な立地。なかでもヨーロッパ方面への就航地は116都市117空港で、各国の主要都市だけではなく地方都市にも直行便が飛んでいることが強みである。

乗り継ぎ客には、ターキッシュ エアラインズが提供する「よっ得!イスタンブール」サービスも好評だ。同サービスは、ターキッシュ エアラインズのヨーロッパ、アフリカ、中東への往復チケットを購入し、イスタンブールでの乗り継ぎ時間が20時間を超える場合、イスタンブールのホテルに無料で宿泊できるというもの。

エコノミークラスの場合は四つ星ホテルに1泊、ビジネスクラスの場合は五つ星ホテルに2泊することができる。17年の導入以来、2万人以上がこのサービスを利用。新空港の拡大に伴い、今後もさらに利用者は増えるだろう。

上質なサービスにも定評がある。ターキッシュ エアラインズは6年連続、欧州ナンバー1の称号に輝いており、20年は乗客満足調査機関apexから「5スターグローバルエアライン」にも選ばれた。

「空の上のレストラン」と称される機内食は、ヨーロッパ各地で高級ホテル、レストラン、カフェなどを手掛ける老舗Do&Co社がプロデュース。機内にはシェフも同乗し、中長距離ビジネスクラスの乗客の目の前で料理を仕上げるサービスを行っているほか、機内・ラウンジでは老舗洋菓子ブランド「DEMEL」のデザートを用意。エコノミークラスでもワインをボトルで提供している。

ターキッシュ エアラインズの公式サイトはこちら

REACTION

LIKE

SHARE

  • LINEでシェア

FOR YOU あなたにおすすめの記事

RECOMMEND おすすめの記事

&MEMBER限定の機能です

&MEMBERにご登録(無料)いただくと、気に入った記事に共感を示したり、コメントを書いたり、ブックマークしたりできます。こうしたアクションをする度にポイント「&MILE」がたまり、限定イベントやプレゼントの当選確率が上がります。

&MEMBERログイン

ID(メールアドレス)
パスワード

パスワードを忘れた方はこちら

&MEMBER登録はこちら

&MILEの加算アクション

  • &MEMBER新規登録:100マイル

    *今後、以下のアクションも追加していきます

  • 朝日新聞デジタル有料会員の継続:100マイル
  • ログインしてサイト訪問:10マイル
  • 記事に「LIKE」を押す:10マイル
  • コメントの投稿:30マイル
  • 自分のコメントに「LIKE」がつく:10マイル
  • アンケート回答:30マイル
  • 「朝日新聞SHOP」での購入:50マイル
  • イベント申し込み:50マイル

&MILEの獲得数に応じてステージがあがり、ステージがあがるごとに
&MEMBER限定のイベントやプレゼントの当選確率が上がります。詳細はこちら