&Travel

スイス1周鉄道珍道中~1等車と5つ星ホテルで
連載をフォローする

涙して見上げたマッターホルン (4) ゴルナーグラート~ツェルマット

宿から見たマッターホルン

スイスで5つ星ホテルを泊まり歩き、鉄道の1等車で国をぐるり1周する――。&TらTravel副編集長が2019年8月から9月にかけて、そんな旅を体験しました。写真家の猪俣博史さんと二人三脚で巡った9日間の珍道中、第4回はリッフェルアルプから登山電車で、スイスアルプスの高峰をぐるり望む標高3100mの展望台へ。驚きの絶景を堪能するはずが、思わぬトラブルに見舞われたのです。
(文・動画:&TRAVEL副編集長・星野学 写真:猪俣博史)

【動画】どこを向いてもアルプス! ゴルナーグラート展望台ぐるり360°です。映像がふらふら揺れているのは……

第3回<揺れる車内で酒を注ぐ神業>から続く

マッターホルンの声が聞こえた……

2019年8月27日午前6時。山岳ホテル「リッフェルアルプ・リゾート 2222m」で目覚めた私は、落ち着かない気持ちで部屋のデッキに出ました。宿の真正面にあるマッターホルンが見えるのかどうか、気になって仕方がなかったのです。

前日に宿に着いた際、ホテルのスタッフに、「マッターホルンを見るなら朝ですよ」と教えてもらったのでした。外はまだ真っ暗。マッターホルンはまだ闇に溶けています。でも、空には星が。これは、期待できるかもしれません。

空が次第に白んできました。マッターホルンが、次第に輪郭を現してきます。

涙して見上げたマッターホルン (4) ゴルナーグラート~ツェルマット
マッターホルンが見えてきた
涙して見上げたマッターホルン (4) ゴルナーグラート~ツェルマット
朝日に照らされて……
涙して見上げたマッターホルン (4) ゴルナーグラート~ツェルマット
全容を現した!

がくっ、とひざが折れ、両手をついてしばし。頭の中に、リヒャルト・シュトラウスの「アルプス交響曲」が大音量で響いています。振り仰げば、空に突き出た荒々しい岩肌が、圧倒的な存在感でそこにある。昨日山頂にまとわりついていた雲もない。目と鼻から熱いものが流れ出します。

すべてを凌駕(りょうが)する神々しさを前にした、ちっぽけな我が身。ああ。マッターホルンの声が聞こえた気がしました。

――悔いなく生きておるか?
「酒ばかり食らっています」

あまりの返答にあきれたのか、山の問いかけはそれっきりでした。

ゴルナーグラート鉄道で展望台へ

涙して見上げたマッターホルン (4) ゴルナーグラート~ツェルマット

朝食を済ませ、宿から徒歩10分ほどのリッフェルアルプ駅に歩いて向かいます。ここから登山電車「ゴルナーグラート鉄道」に乗り、終点のゴルナーグラートにある展望台を目指すのです。
前日に会ったツェルマット観光局のヴァレリー・ビナーさんから、「9時51分にリッフェルアルプを出る電車に乗りますよ」と念を押されていたので、ホームで待ちます。やがて、電車の到着です。

涙して見上げたマッターホルン (4) ゴルナーグラート~ツェルマット
リッフェルアルプ駅に到着した電車

先頭車両で手を振っているヴァレリーさんとは、すぐ合流できました。研修生のミシェル・ユングさんと2人で案内してくれます。気温は12℃です。

ゴルナーグラート駅は標高3100m。リッフェルアルプ駅からわずか18分で、900m近く高い場所へ移動することになります。大丈夫だろうか……。高地になれていない私は不安になります。

というのも、この旅に出るまで私が体験した陸地の最も高い場所は、富士山の新五合目(1440m)でした。昨夜泊まったホテルの2222mですら、自分史上最も高い場所。3000mを超えるような場所で何が起きるのか、まったく想像がつかないのです。電車に乗って5分もすると、耳がつーんとして、少し息苦しくなってきました。空気が薄いのでしょう。

ゴルナーグラート駅に着きました。電車を降りると、冷気が体を包む一方で、日差しは強烈なので、寒さはあまり感じません。小高い丘の上にある展望台を目指します。

NEXT PAGE体が思うように動かない!

REACTION

LIKE
COMMENT
0
連載をフォローする

SHARE

  • LINEでシェア

FOR YOU あなたにおすすめの記事

RECOMMEND おすすめの記事

&MEMBER限定の機能です

&MEMBERにご登録(無料)いただくと、気に入った記事に共感を示したり、コメントを書いたり、ブックマークしたりできます。こうしたアクションをする度にポイント「&MILE」がたまり、限定イベントやプレゼントの当選確率が上がります。

&MEMBERログイン

ID(メールアドレス)
パスワード

パスワードを忘れた方はこちら

&MEMBER登録はこちら

&MILEの加算アクション

  • &MEMBER新規登録:100マイル

    *今後、以下のアクションも追加していきます

  • 朝日新聞デジタル有料会員の継続:100マイル
  • ログインしてサイト訪問:10マイル
  • 記事に「LIKE」を押す:10マイル
  • コメントの投稿:30マイル
  • 自分のコメントに「LIKE」がつく:10マイル
  • アンケート回答:30マイル
  • 「朝日新聞SHOP」での購入:50マイル
  • イベント申し込み:50マイル

&MILEの獲得数に応じてステージがあがり、ステージがあがるごとに
&MEMBER限定のイベントやプレゼントの当選確率が上がります。詳細はこちら