&Travel

スイス1周鉄道珍道中~1等車と5つ星ホテルで
連載をフォローする

フレディ・マーキュリーの部屋に?! (5)ツェルマット~モントルー

ホテルの部屋に飾られたフレディ・マーキュリーの写真

スイスで5つ星ホテルを泊まり歩き、鉄道の1等車で国をぐるり1周する――。&TRAVEL副編集長が2019年8月から9月にかけて、そんな旅を体験しました。写真家の猪俣博史さんと二人三脚で巡った9日間の珍道中、第5回はマッターホルンのふもとツェルマットから、レマン湖畔にある音楽フェスティバルの街モントルーへ。宿についた私たちは、思いも寄らぬ体験をすることになるのです。
(文:&TRAVEL副編集長・星野学 写真:猪俣博史)

第4回<涙して見上げたマッターホルン>から続く

フレディ・マーキュリーの部屋に?! (5)ツェルマット~モントルー

マッターホルンのおひざ元、ツェルマットでの取材を終えた私たちは、2019年8月27日16時13分発の普通列車でモントルーを目指します。といっても、モントルーまで直通ではなく、途中のフィスプで乗り換える必要がありました。

ツェルマットからフィスプまでは、氷河特急のルートを北上して逆にたどります。フィスプから東へ向かえばそのまま氷河特急の逆コースですが、ここで17時35分発の急行電車に乗り換え、西にあるモントルーに向かうのです。

フレディ・マーキュリーの部屋に?! (5)ツェルマット~モントルー
フィスプ駅。やってきたジュネーヴ空港行きの急行に乗り換えた

フィスプまではほぼドイツ語圏でしたが、そこから西に進むにつれ、街の名前や看板にフランス語が目立ってきます。

フレディ・マーキュリーの部屋に?! (5)ツェルマット~モントルー
車窓から見かけたブドウ畑

斜面に作られたブドウ畑を沿線のあちこちで見かけました。このあたりはワインの産地でもあるのです。

モントルー着は18時46分。まだ明るいうちの到着です。6時間前にハイキングをしていた高山地帯とはうってかわり、レマン湖のほとりにあるリゾート地です。毎年夏に開かれるジャズフェスティバルで世界に名を知られる街でもあります。

フレディ・マーキュリーの部屋に?! (5)ツェルマット~モントルー
モントルー駅

駅前で待機してくれていた迎えのタクシーに乗って数分。宿泊先の「フェアモント・ル・モントルー・パレス」に着きました。

ベルエポック様式の瀟洒な宿

フレディ・マーキュリーの部屋に?! (5)ツェルマット~モントルー
ホテル「フェアモント・ル・モントルー・パレス」

フェアモント・ル・モントルー・パレスは、1906年に創業した、レマン湖畔にそびえるベルエポック様式の瀟洒(しょうしゃ)なホテルです。作曲家リヒャルト・シュトラウス、元ソ連大統領ミハイル・ゴルバチョフ、俳優ソフィア・ローレンなど、時代を超えてセレブに愛され、モントルー・ジャズ・フェスティバルに出演する一流ミュージシャンの定宿としても知られています。

フロントでチェックインをしていると、ホテルの広報担当者エドメー・ロメジャッリさんが迎えに来てくれました。
「ようこそモントルーへ。まずはスイートルームをご覧いただきます」

NEXT PAGEフレディ・マーキュリーの名を冠した部屋

REACTION

LIKE
COMMENT
0
連載をフォローする

SHARE

  • LINEでシェア

FOR YOU あなたにおすすめの記事

RECOMMEND おすすめの記事

&MEMBER限定の機能です

&MEMBERにご登録(無料)いただくと、気に入った記事に共感を示したり、コメントを書いたり、ブックマークしたりできます。こうしたアクションをする度にポイント「&MILE」がたまり、限定イベントやプレゼントの当選確率が上がります。

&MEMBERログイン

ID(メールアドレス)
パスワード

パスワードを忘れた方はこちら

&MEMBER登録はこちら

&MILEの加算アクション

  • &MEMBER新規登録:100マイル

    *今後、以下のアクションも追加していきます

  • 朝日新聞デジタル有料会員の継続:100マイル
  • ログインしてサイト訪問:10マイル
  • 記事に「LIKE」を押す:10マイル
  • コメントの投稿:30マイル
  • 自分のコメントに「LIKE」がつく:10マイル
  • アンケート回答:30マイル
  • 「朝日新聞SHOP」での購入:50マイル
  • イベント申し込み:50マイル

&MILEの獲得数に応じてステージがあがり、ステージがあがるごとに
&MEMBER限定のイベントやプレゼントの当選確率が上がります。詳細はこちら