&Travel

あの街の素顔
連載をフォローする

高級ブランド「おおいた和牛」って? 大分まで食べに行ってみた

焼肉にすき焼き、しゃぶしゃぶ……。肉料理はテンションを上げて、体を元気にしてくれますよね。そこで、今回はおいしい牛肉を求めて大分県を旅することにしました。肉好きの方なら豊後牛(ぶんごぎゅう)をご存じですよね。大分県の肉牛ブランドですが、2018年に新たに「おおいた和牛」という高級ブランドが誕生したのです。「うまかろうねえ。食べたかあ」。牛のようによだれを垂らしながら博多弁でつぶやいた私はさっそく、大分県の牧場や牛肉料理店をめざしてバスに飛び乗ったのでした。さあ、「おおいた和牛あじわい旅」の始まりです。
(文・写真、宮﨑健二)

石橋とオオサンショウウオの街、宇佐市院内町

東九州自動車道を走ったバスは大分県宇佐市院内町に入りました。まずはこの院内町のことを紹介しておきましょう。石橋がたくさんある町で、その数、実に75基。江戸時代の終わりから1960年代にかけて架けられたものです。代表的な橋を見ていただきましょう。鳥居橋です。

高級ブランド「おおいた和牛」って? 大分まで食べに行ってみた

鳥居橋。近くで見ると、石が精緻(せいち)に積まれていることがよくわかります

1916(大正5)年に架けられた5連のアーチ橋で建造当時のままの姿を残しています。すらっと伸びた橋脚が気品を感じさせますね。「石橋の貴婦人」と呼ばれているそうです。

そして院内町は、国の特別天然記念物オオサンショウウオの、九州唯一の自然生息地とされています。みなさんは実際に見たことがあるでしょうか。「道の駅いんない」で飼育されているという情報を得て、さっそく足を運んでみました。店の奥に置かれた水槽を見ると、おおっ、いました!

高級ブランド「おおいた和牛」って? 大分まで食べに行ってみた

オオサンショウウオ。エサは地元特産のドジョウだそうです

でか! 2005年からここで飼育されており、2018年に測定したところ、体長は131.5センチで、体重は25キロもあったとか。ふだんは水槽の中の石の隙間に入り込んでいることが多く、こうして外に出てきて横たわるのは珍しいそうです。

宇佐に「マチュピチュ」が?


印内町の名所のひとつに「宇佐のマチュピチュ展望所」があります。ここから見えるのが棚田とユニークな形の山のある西椎屋という地区の景色。地元ではペルーにある世界遺産マチュピチュにたとえられているというので行ってみました。でも、残念。この日はあいにくの天気だったのです。

高級ブランド「おおいた和牛」って? 大分まで食べに行ってみた

宇佐のマチュピチュ展望所からの景色。晴天ならもっと見栄えがするでしょうね

見通しが悪いですねえ。米国とイランや北朝鮮、EUと英国、日本と韓国……。不透明さを増す現在の国際情勢をつい連想してしまいました。

えりすぐりの肉が「おおいた和牛」

さあ、いよいよ今回の旅のテーマである、おおいた和牛です。同じ院内町にある浦田牧場を訪問しました。おおいた和牛を供給している牧場で、700頭余りを飼育しています。牛舎に行くと、子牛がいましたよ。

高級ブランド「おおいた和牛」って? 大分まで食べに行ってみた

2019年10月に生まれた子牛。かわいいですね

大分県には約100年の歴史を誇る豊後牛というブランドがあります。数々の大会で最高賞を獲得するなど品質やおいしさに定評がありますが、2018年に高級ブランド、おおいた和牛が作られました。肉質が良い順に5等級から2等級まである豊後牛のうち、4等級以上のものが、おおいた和牛として認定されるようになったのです。

浦田牧場代表取締役の浦田忠治さん(46)によると、この牧場で生まれた牛は生後29カ月ほどで出荷するそうです。大きな牛は体重が800キロ近くもあります。

高級ブランド「おおいた和牛」って? 大分まで食べに行ってみた

出荷を控えた牛たち。近づくと、次々に頭を出してきました

牛はおとなしくて、人なつこいです。近くに立っていると、首を伸ばして私のショルダーバッグをぺろぺろとなめ始めました。

浦田さんによると、肉質は主に血統とエサによって決まるそうです。浦田牧場では、エサにビールかすを与えています。「肉質がやわらかくなって、甘みも出るんです」。牛はデリケートなのでストレスを与えない工夫もしているそうです。牛舎の床には、のこくずを敷いてふかふかにしてあります。エサをたっぷり食べたらのんびり横になれるので居心地がよさそう。のこくずは2~3週間で入れ替えるそうです。上質な肉牛を育てる過程には、さまざまな手間と努力があるのですね。

おおいた和牛 とろけるおいしさ!

では、どんな味なのでしょうか。宇佐市を出て、やはりおおいた和牛の産地である玖珠(くす)町を経てさらに南下。山間部に位置する九重(ここのえ)町の町田バーネット牧場のレストランに行きました。
ここでは、おおいた和牛の料理を食べることができます。

お待たせしました。出てきましたよ。カルビ、ロース、肩ロース、モモの4種盛りセットです。

高級ブランド「おおいた和牛」って? 大分まで食べに行ってみた

4種盛りセットの肉。ご飯と味噌汁が付いて1人前で税込み3500円でした

「和牛」の「霜降り」。漫才を見たくなってきた人がいるのではありませんか。
さっそく肉を焼きました。ジューッ。

高級ブランド「おおいた和牛」って? 大分まで食べに行ってみた

肉を網の上に。あまり焼きすぎないようにしました

そして、タレにつけてパクリ。

高級ブランド「おおいた和牛」って? 大分まで食べに行ってみた

焼きたての肉。どうです、この質感!

うまか! 肉のやわらかいこと。口の中で溶けていくようです。おおいた和牛の実力を舌で感じることができました。一緒に行った人たちとモリモリ食べて満腹、満腹。

寒さにもめげずジェラートを

この日は気温が低く、体はブルブル。こんな日は冷たい物に限りますよね。え? 九重町の岡嶋牧場ミルクランドファームでジェラートを食べました。

高級ブランド「おおいた和牛」って? 大分まで食べに行ってみた

ミルクと抹茶のジェラート。税込み300円でした

牧場でとれたミルクがたっぷり使われていてコクがありました。

絶景! 九酔渓の九重“夢”大吊橋

さて、九重町に来たからには、ここを紹介しなければ読者の皆さんに顔向けができません。景勝地の大渓谷、九酔渓(きゅうすいけい)に架けられた九重“夢”大吊橋です。

高級ブランド「おおいた和牛」って? 大分まで食べに行ってみた

九重“夢”大吊橋。入場料は中学生以上が500円、小学生が200円です

長さ390メートル、高さ173メートル、幅1.5メートルの歩道専用の橋です。斜め横から見ると、こんな感じです。

高級ブランド「おおいた和牛」って? 大分まで食べに行ってみた

斜め横から見た九重“夢”大吊橋。でかいですねえ

すごい高さに、私はすっかりおじけづきました。足がすくんでなかなか前に進みません。意を決して歩き始めました。次第に慣れてきたのですが、うひゃあ、足元がゆら~り、ゆら~り。酔っ払っているわけではありませんよ。風や大勢の人が歩く振動で橋全体が揺れているのです。恐る恐る真下をのぞいてみると……。

高級ブランド「おおいた和牛」って? 大分まで食べに行ってみた

橋の真下にカメラを向けてみました。高さが実感できます

この九重“夢”大吊橋は30分程度で往復できます。勇気を振り絞ってこの橋を渡ったおかげで、九酔渓のこんな雄大な景色を見ることができましたよ。

高級ブランド「おおいた和牛」って? 大分まで食べに行ってみた

橋から見える九酔渓。「震動の滝」と呼ばれる二つの滝も見えました


高級ブランド「おおいた和牛」って? 大分まで食べに行ってみた

上の写真とは反対側の景色。川が小さく見えています

宇佐市、玖珠町、九重町をめぐった、おおいた和牛あじわい旅。いかがでしたか。おおいた和牛は通信販売で買うことができますが、現地に足を運んで観光を楽しみつつ味わうのはやはり格別です。あなたも、大分にぜひ。

【問い合わせ先】
宇佐市観光協会
http://www.usa-kanko.jp/

道の駅いんない
https://www.michinoeki-innai.net/

浦田牧場
電話0978-42-6163

おおいた和牛
https://oita-wagyu.jp/

町田バーネット牧場
http://burnet-farm.com/

玖珠町観光協会
http://kusumachi.jp/

九重“夢”大吊橋
http://www.yumeooturihashi.com/

REACTION

LIKE
COMMENT
0
連載をフォローする

SHARE

  • LINEでシェア

FOR YOU あなたにおすすめの記事

RECOMMEND おすすめの記事

&MEMBER限定の機能です

&MEMBERにご登録(無料)いただくと、気に入った記事に共感を示したり、コメントを書いたり、ブックマークしたりできます。こうしたアクションをする度にポイント「&MILE」がたまり、限定イベントやプレゼントの当選確率が上がります。

&MEMBERログイン

ID(メールアドレス)
パスワード

パスワードを忘れた方はこちら

&MEMBER登録はこちら

&MILEの加算アクション

  • &MEMBER新規登録:100マイル

    *今後、以下のアクションも追加していきます

  • 朝日新聞デジタル有料会員の継続:100マイル
  • ログインしてサイト訪問:10マイル
  • 記事に「LIKE」を押す:10マイル
  • コメントの投稿:30マイル
  • 自分のコメントに「LIKE」がつく:10マイル
  • アンケート回答:30マイル
  • 「朝日新聞SHOP」での購入:50マイル
  • イベント申し込み:50マイル

&MILEの獲得数に応じてステージがあがり、ステージがあがるごとに
&MEMBER限定のイベントやプレゼントの当選確率が上がります。詳細はこちら