&w

きんゆう女子。お金の学校
連載をフォローする

<51>未来の自分のために、「つみたてNISA」を始めませんか?〜中編〜

こんにちは。
金融ワカラナイ女子のためのコミュニティー「きんゆう女子。」を運営している鈴木万梨子です。

前回の<50>未来の自分のために、「つみたてNISA」を始めませんか?〜前編〜では、「つみたてNISA」を活用して長期でお金を運用する方法、必要性、イメージなどを学びました。そこで思ったことは「すごく大変じゃない?やる意味あるのかしら」ということです。

でも、制度があるということは、その大変さを乗り越える価値があるとも言えます。まずはどんな価値か考えてみましょう。

<51>未来の自分のために、「つみたてNISA」を始めませんか?〜中編〜

手続きの先に、どんないいことがあるの?

「つみたてNISA」の制度を使って、積み立ての運用をするとどういうメリットがあるのでしょうか。

6つの視点から見ていきたいと思います。

1つ目は、貯めながら増やせることです。
貯蓄に回せるお金を全部預金するのもありですが、預金はその価値が下がる可能性もあるります。いわゆる、物の値段が上がる「インフレ」の状態です。預金した金額は変わりませんが、物価があがるので結果的に価値が下がるのです。

例を挙げて説明すると、1915年に第四銀行(新潟)が募集した100年の超長期定期預金が、2015年に満期を迎えました。年6%の複利なので、100年で約339倍になったそうです。しかし、大正時代のサラリーマンのお給料は月10〜20円くらい。当時の1万円相当である1円を運用しても、339円…。運用していないお金は、物の価値が上がることで価値が減るリスクがあると言えるのです。

給料明細から自動で引かれている社会保険料なども、気づかないうちにこの20年で増えているので手元に残るお金は少なくなっています。

2つ目は、少額から積み立てが可能で、まとまったお金がなくても始められることです。
「つみたてNISA」で投資できる金額は、上限が年間で40万円です。単純に割ると、毎月3万3,333円ずつですが、この金額はあくまで上限なので、自分で決めて自由に設定することができます。金融機関によって始められる最低金額は異なりますが、中には月100円からというところもあり、投資を経験してみるきっかけとしていいでしょう。

3つ目は、自動で積み立てられることです。毎月でもいいですし、隔月でも、ボーナスが出る年2回だけでも、あるいは毎週でも。こちらも金融機関によって異なるのですが、自分で決めたタイミングでコツコツ積み立てることができます。「つみたてNISA」は10年、20年といった長期で資産をつくるものなので、毎日市場をウェブサイトでチェックするというよりは、半年や1年に一度くらい確認して最低限の調整をすれば十分だと思います。

<51>未来の自分のために、「つみたてNISA」を始めませんか?〜中編〜

4つ目は、税金がかからないことです。「つみたてNISA」を活用すれば、金融商品を売ったときの利益に税金がかかりません。普段は金融商品を売ると20.315%の税金がかかると言われていますが、先述したように年間40万円までであれば非課税になります。せっかくの自分のお金ですから、効率よく資産づくりしたいですよね。

5つ目は、決められた商品の中から選べばいいということです。「つみたてNISA」の対象となる商品は、長期での積み立てに適したものだけが対象になっており、金融庁の条件を満たしている商品は、投資信託やETFなど173本あります(2020年2月21日現在)。初心者にとっては、対象が絞られていると迷いどころが少なくて安心できます。また、信託報酬と呼ばれる手数料が非常に低い商品だけが選ばれているものいいですね。

6つ目は、いつでも自由に解約できることです。「つみたてNISA」と似ている「iDeCo(イデコ=個人型確定拠出年金)」は満60歳にならないと引き出しできないのですが、「つみたてNISA」ならいつでも解約して、換金することができます。もちろん商品を売るタイミングによっては、買ったときよりも値下がりしてしまうこともありますが、住宅の購入や教育資金など、使う用途に合わせて使うことができるのはうれしいですね。

こうして見ていくと、すっごい良いことが起こる、ラッキー!というよりは、パワーの強いお守りを持っているような感覚ではないでしょうか。

さて、「つみたてNISA」というお守りの価値がわかったところで、次回の後編では、始めるにあたっての注意点をご紹介します。

REACTION

LIKE
連載をフォローする

SHARE

  • LINEでシェア

RECOMMEND おすすめの記事

&MEMBER限定の機能です

&MEMBERにご登録(無料)いただくと、気に入った記事に共感を示したり、コメントを書いたり、ブックマークしたりできます。こうしたアクションをする度にポイント「&MILE」がたまり、限定イベントやプレゼントの当選確率が上がります。

&MEMBERログイン

ID(メールアドレス)
パスワード

パスワードを忘れた方はこちら

&MEMBER登録はこちら

&MILEの加算アクション

  • &MEMBER新規登録:100マイル

    *今後、以下のアクションも追加していきます

  • 朝日新聞デジタル有料会員の継続:100マイル
  • ログインしてサイト訪問:10マイル
  • 記事に「LIKE」を押す:10マイル
  • コメントの投稿:30マイル
  • 自分のコメントに「LIKE」がつく:10マイル
  • アンケート回答:30マイル
  • 「朝日新聞SHOP」での購入:50マイル
  • イベント申し込み:50マイル

&MILEの獲得数に応じてステージがあがり、ステージがあがるごとに
&MEMBER限定のイベントやプレゼントの当選確率が上がります。詳細はこちら