&Travel

クリックディープ旅
連載をフォローする

再び「12万円で世界を歩く」ロシア・サハリン編4

再び「12万円で世界を歩く」の番外編。12万円の総予算で海外に1週間暮らす、ロシア・サハリン編の4回目です。ユジノサハリンスクでアパートを借りた下川裕治さんは、前回、南下しコルサコフを散策、戻ってから花咲ガニに舌鼓を打ちました。今回は、掃除、洗濯、料理といった、これまでのアパート暮らしの様子をじっくり紹介します。

本連載「クリックディープ旅」(ほぼ毎週水曜更新)は、30年以上バックパッカースタイルで旅をする旅行作家の下川裕治さんと相棒の写真家・阿部稔哉さんと中田浩資さん(交代制)による15枚の写真「旅のフォト物語」と動画でつづる旅エッセーです。
現在、約30年前に発刊された『12万円で世界を歩く』(朝日新聞社)と同じルートを再び辿(たど)る旅を紹介しています。ロシア・サハリン編はその番外編。「12万円の総予算で海外に1週間暮らす」をテーマにしています。

(写真:阿部稔哉)

ユジノサハリンスクのアパート暮らし

ユジノサハリンスクのアパート暮らし

総費用12万円で、サハリンのユジノサハリンスクに暮らす。連載も4回目になった。このあたりで、ユジノサハリンスクのアパート暮らしをじっくり紹介しましょう。以前、12万円で海外に暮らすシリーズで訪ねたバングラデシュの村とは違い、ユジノサハリンスクは街。大都市ではないが、サハリンの中心都市である。人口は約20万人と、日本の地方都市レベル。スーパーをはじめとした商店も多い。借りたアパートは1日約5000円だった。

今回の旅のデータ

ユジノサハリンスクのホテルは多い。夏は混みあうようだが。1泊3000円台の格安ホテルから1万円台まで。ネットで簡単に部屋を確保することができる。しかし暮らすことが目的なら、アパートタイプということになるだろうか。そういう宿も少なくない。1泊3000円台から8000円台といったところ。ユジノサハリンスクは南と北方向に街が広がっている。安いアパートは北側に多いだろうか。暮らしてみてわかったことは、スーパーが近くにあるアパートを選ぶと楽。どのスーパーも総菜売り場が充実している。寒い冬はなおのこと、スーパーまで10分歩くのもつらい日がある。

長編動画

3回ほど入ったカフェ。ベーカリーを兼ねた日本にも多いタイプ。窓越しにぼんやり眺める理由? 外は寒くて店を出る気力がないから?

短編動画

アパートからスーパーへ。言葉はあまり通じない。なんとかなるが、この日はレジにお釣りがないことがわからず、支払いに手間取ってしまった。

ユジノサハリンスクのアパート暮らし「旅のフォト物語」

Scene01

僕らが借りたアパート「STKマウンテンエアー」
僕らが借りたアパートは2階。「STKマウンテンエアー」という名前だった。ほかの階は老人や家族が住んでいて、2階の部屋だけが旅行者に貸し出されていた。周りに旅行者はいないから、着いたその日から暮らしがはじまる感覚。気楽だが、フロントはないため、ロストバゲージの荷物が届くときは部屋で待機しなくてはならなかった。

*ロストバゲージの件は、ロシア・サハリン編1で登場。

Scene02

アパートからの眺め
アパートは市街地から歩いて15分ほどの団地の一画にあった。完全な住宅街。店の多くは夜になると閉まる。ビールを飲みながら、毎日のように、この風景を眺めていた。音が雪に吸い込まれていくような世界。夜は本当に静かだった。冬のサハリンは悪くない。暖かい部屋から眺めるときだけそう思う。

Scene03

ベッドルーム
部屋はベッドルームとキッチン。1Kだった。ベッドルームはキングサイズのベッドがひとつとソファベッドがひとつ。セントラルヒーティングで、室内ではTシャツ1枚ですごせるほど。難点は温度調節が部屋ではできないこと。夜は暖かすぎて、のどが渇いて目が覚めてしまうことが多かった。慣れるまで3日ほどかかった。

Scene04

ロシアっぽい武骨なこんな鍵が
泥棒が多いのだろうか。部屋に入るためには三つのドア。1階の入り口はオートロック、階段をあがったところに鉄製のドアがあり、ロシアっぽい武骨なこんな鍵が。3回まわさないと解除されない。そこを通り、やっと部屋のドア。そこには普通の鍵。冷え切って帰ってきても、3個のドアを開けないといけない。ちょっとイライラする。

Scene05

ロシアのシャンプー、コンディショナー
浴室はバスタブとシャワー。そこにシャンプーとコンディショナーが置かれていたが、ロシア語だから、どれがシャンプーかわからない。翻訳アプリで調べたが、商品名ばかりでわからない。普通、大きい方がシャンプーだろうと使ってみたが、泡がたたない。コンディショナーでした。これってロシアの常識?

Scene06

セントラルヒーティングのパイプ
浴室にもセントラルヒーティングのパイプ。タオルかけになっている。これは優れもの。以前、アイルランドで目にしたときに感心した。それがサハリンにも。ロシアのアパートでは基本設備? 風呂あがりに使ったタオルをかけておくと、ぱりぱりに乾く。ちょっと幸せな気分。

Scene07

下川裕治、ロシアで掃除機をかける
部屋には掃除機も置いてあった。しかしスイッチを入れるのには勇気がいる。外の気温はマイナス10度以下。掃除をする以上、やはり窓は開けないと……。アパート暮らし4日目の朝、「やるか~」のかけ声で窓をあけた。先にベッドルームで掃除機をかけたが、吸いが悪い。ロシア製だから? 違いました。ヘッドを上下逆につけてました。

Scene08

下川裕治、ロシアで洗濯物を干す
浴室脇に洗濯機も。4日目の朝、掃除をしたテンションで洗濯もした。しかし表示はすべてロシア語。英語表示はほとんどない。どのスイッチを入れたらいいのかまったくわからない。でもそれなりに動いてくれました。外に干すと凍ってしまうので浴室干し。セントラルヒーティングで、室内が乾燥しているのか、すぐに乾く。

Scene09

下川裕治、ロシアでゴミの分別
ごみはアパートの前にある大きなごみ捨てボックスへ。分別の表示はあるのだが、住民の捨て方を見ていると……分別はないような。2日に1度、クレーンがついた専用車が現れ、重いボックスごと持ちあげ、傾かせてなかのごみを回収。この方式はヨーロッパでよく見た。日本に比べると、いろいろ大雑把。

Scene10

スーパーは総菜が充実
毎日通ったアパート近くのスーパーの総菜コーナー。50種以上がいつも並んでいる。ここはサラダコーナー。朝鮮系の人がいるため、キムチを使ったサラダも豊富。説明はロシア語だから読めないが、見た目で想像がつく。数字は100グラムあたりの料金。今回、両替したレートは1ルーブル約1.71円。計算してみてください。安いでしょ。買い物風景は動画でも。

Scene11

スーパーは酒も充実
スーパーの酒コーナーは充実している。1.5リットルのビール、ずらりと並んだウォッカ、天井まで並ぶウイスキー、その横はワインコーナー。酒好きロシア人はなんでも飲む。僕らはいつも、ここで安売りビールを探した。1.5リットルで100ルーブル、約171円を切る値段がついていたら、「買い」。つつましい生活? 予算12万円ですから。

Scene12

ユジノサハリンスク2日目の夕食
ユジノサハリンスク2日目の夕食がこれ。おかずはビーツのサラダ、ジャガイモの肉炒め、キムチ。買い置きのピクルス、チーズ、パン……。1.5リットルビールに、夜用ウォッカ。これからの暮らしを考えて多めに買った。1371.5ルーブル、約2345円の散財。明日から引き締めないと……と反省しながらビールをぐいッ。予算12万円で足りる?

Scene13

ユジノサハリンスク5日目の夕食
ユジノサハリンスク5日目の夕食。コルサコフで買った魚のソテー、自分たちでつくったボルシチの残り、前日に買ったサラダ……。この日、スーパーで買ったのが、ゆでジャガイモとビールだけ。5日目にもなると、食卓からしだいに生活のにおいがしてくるようになる。これがアパート暮らしというものだろうか。

Scene14

卵は日本では手にとる人もいないような汚れ具合
スーパーには生卵もちゃんと並んでいる。日本のスーパーに比べて少ないのは葉物野菜ぐらいだろうか。卵は日本では手にとる人もいないような汚れ具合だが、サハリンの人は気にしない。ロシア風卵料理をとも思い、ネットでいろいろ検索してみたが、ピンとくる料理はなかなかなかった。結局、朝食の目玉焼きに。

Scene15

朝は毎日、ハムと目玉焼き
朝は毎日、ハムと目玉焼き、パンと紅茶だった。目玉焼きぐらいなら、僕もなんとかなる。朝の日課は気温を見ること。晴れや雪といった天気と気温の関係が、東京とは違う。外出は曇りや雪の日が楽ということもわかってきた。気温があまり低くないのだ。さて、今日はどうしようか。次回はユジノサハリンスクの街歩きを。

【次号予告】次回はユジノサハリンスクの街歩きを。
※取材期間:2019年11月27日~11月30日
※価格等はすべて取材時のものです。

■「台湾の超秘湯旅」バックナンバーはこちら
■「玄奘三蔵の旅」バックナンバーはこちら
■ 再び「12万円で世界を歩く」バックナンバーはこちら

BOOK

再び「12万円で世界を歩く」ロシア・サハリン編4
12万円で世界を歩くリターンズ
[タイ・北極圏・長江・サハリン編] (朝日文庫)
リターンズ第二弾では、タイと隣国の国境をめぐり、北極圏を北上し、長江をさかのぼる旅へ、予算12万円で約30年前に旅したルートをたどる。さらに「12万円でサハリンに暮らす」ことにも挑戦。旅は、世界はどう変わったか?
朝日文庫
3月6日発売
定価:770円(税込み)

REACTION

LIKE
COMMENT
0
連載をフォローする

SHARE

  • LINEでシェア

FOR YOU あなたにおすすめの記事

RECOMMEND おすすめの記事

&MEMBER限定の機能です

&MEMBERにご登録(無料)いただくと、気に入った記事に共感を示したり、コメントを書いたり、ブックマークしたりできます。こうしたアクションをする度にポイント「&MILE」がたまり、限定イベントやプレゼントの当選確率が上がります。

&MEMBERログイン

ID(メールアドレス)
パスワード

パスワードを忘れた方はこちら

&MEMBER登録はこちら

&MILEの加算アクション

  • &MEMBER新規登録:100マイル

    *今後、以下のアクションも追加していきます

  • 朝日新聞デジタル有料会員の継続:100マイル
  • ログインしてサイト訪問:10マイル
  • 記事に「LIKE」を押す:10マイル
  • コメントの投稿:30マイル
  • 自分のコメントに「LIKE」がつく:10マイル
  • アンケート回答:30マイル
  • 「朝日新聞SHOP」での購入:50マイル
  • イベント申し込み:50マイル

&MILEの獲得数に応じてステージがあがり、ステージがあがるごとに
&MEMBER限定のイベントやプレゼントの当選確率が上がります。詳細はこちら