&w

高山都の日々、うつわ。
連載をフォローする

#17 カトラリーを慈しむ。

ぽっかり予定の空いた日曜日。
あいにくの空模様で、出かけるのもちょっと億劫(おっくう)。
そんな日は家の中をじっくりと見回してみる。

忙しい日常の中で、できるだけ気にかけようとはしているけれど、
それでも何か、手をかけられていないものはないだろうか。

もともとそこまで几帳面(きちょうめん)な性格ではないから、
そうやって改めて部屋の中を見てみると、
必ずひとつかふたつ、長い間ときが止まっているものがある。

今回、あ、と気がついたのがカトラリー。
とくにシルバーのスプーンやフォークは
ところどころ錆(さ)びがついていて、少しくたびれ気味。
そうだ、今日はこの子たちを慈しもう。

中でも傷みが目立つのは、
昨年の秋と冬に訪れたパリの蚤(のみ)の市で買い求めた
アンティークの銀食器たち。
もともと古いものだから、多少の錆びは味だと思っていたけれど、
できればもう少しだけ元気にしてあげたい。

#17 カトラリーを慈しむ。
#17 カトラリーを慈しむ。

とはいえこの銀食器の錆び、どうやったらきれいになるんだろう。
専門店のウェブサイトなどでお手入れ方法を調べたら、
鍋に熱湯を沸かし、塩少々を加え、
アルミ箔(はく)といっしょに銀食器を入れてしばらく置くといいとあった。
え、こんなに簡単でいいの?

半信半疑でやってみると、とっても不思議!
銀食器を入れたそばから錆びがポロポロと剝がれて、
代わりにアルミ箔が真っ黒になっていく。

なんだか子どもの頃の理科の実験みたいで、
その様子を見たい一心で、どんどん銀食器をお湯に入れていく。

お湯から出してクロスで水分を拭うと、
銀食器はどれも鏡のような輝きを取り戻して、
まるでそれらが生まれた時代に時間が巻き戻ったみたい。

中には、それまでぼんやりとしていた柄の部分の刻印が
くっきりと見えるようになったものもあって、
ああ、本当はこんな姿だったんだねと改めて愛着が増した。

#17 カトラリーを慈しむ。
#17 カトラリーを慈しむ。

思えば、カトラリーに愛着を持ち始めたのは
器を集めるようになってからだいぶ経った頃だった。
それまでは雑貨店などで安価なものを買い求めて、
デザインや佇(たたず)まいにそこまで気を使ってはいなかった。

でも、少しずつお気に入りの器が増えるにつれて、
この器にはもっとこんな雰囲気のカトラリーが合うのでは
と、思うようになった。

フランスで買ったお皿にはやっぱりどこか繊細な
アンティークの銀食器がよく似合う。

あるとき、和食器に北欧のモダンなデザインのカトラリーを
合わせてみたら、器の表情がまた変化して面白いなと思った。

それまで脇役だと思っていたカトラリーは
選び方次第で器の魅力を引き立たせ、
食卓を華やかにしてくれるものだと知った。

ピカピカに生まれ変わった銀食器たちは
新しい魅力をまとって、私の前にある。
今度はどんな器と料理に合わせようか、想像が膨らむ。

何かを慈しむということ。
それは、新しい発見とワクワクを日常に運んでくれる。

#17 カトラリーを慈しむ。

今日のうつわ

フランスのアンティークカトラリー

パリの蚤の市で買ったアンティークの銀食器。年代も産地もバラバラだけれど、同じ食卓で使ってもしっくりと馴染(なじ)む。ぽってりとしたフォルムのもの、繊細な細工が施されたもの、おお振りでどっしりしたもの。それぞれ個性豊かで、少しずつ集めて楽しんでいる。錆びがあるときはアンティーク然とした雰囲気がすてきだったけれど、ピカピカになると気品が出てきて、今度は真っ白なフランスのアンティーク皿に合わせて、上品なお料理に添えたいなと思っています。

(写真 相馬ミナ 構成 小林百合子)

REACTION

LIKE
連載をフォローする

SHARE

  • LINEでシェア

FOR YOU あなたにおすすめの記事

POPULAR 人気記事

※アクセスは過去7日間、LIKE、コメントは過去30日間で集計しています。

RECOMMEND おすすめの記事

&MEMBER限定の機能です

&MEMBERにご登録(無料)いただくと、気に入った記事に共感を示したり、コメントを書いたり、ブックマークしたりできます。こうしたアクションをする度にポイント「&MILE」がたまり、限定イベントやプレゼントの当選確率が上がります。

&MEMBERログイン

ID(メールアドレス)
パスワード

パスワードを忘れた方はこちら

&MEMBER登録はこちら

&MILEの加算アクション

  • &MEMBER新規登録:100マイル

    *今後、以下のアクションも追加していきます

  • 朝日新聞デジタル有料会員の継続:100マイル
  • ログインしてサイト訪問:10マイル
  • 記事に「LIKE」を押す:10マイル
  • コメントの投稿:30マイル
  • 自分のコメントに「LIKE」がつく:10マイル
  • アンケート回答:30マイル
  • 「朝日新聞SHOP」での購入:50マイル
  • イベント申し込み:50マイル

&MILEの獲得数に応じてステージがあがり、ステージがあがるごとに
&MEMBER限定のイベントやプレゼントの当選確率が上がります。詳細はこちら