&Travel

スイス1周鉄道珍道中~1等車と5つ星ホテルで
連載をフォローする

クイーンゆかりの地をめぐる  (7) モントルー

フレディ・マーキュリー像

スイスで5つ星ホテルを泊まり歩き、鉄道の1等車で国をぐるり1周する――。&TRAVEL副編集長が2019年8月から9月にかけて、そんな旅を体験しました。写真家の猪俣博史さんと二人三脚で巡った9日間の珍道中、第7回はモントルーの街で、ロックバンド「クイーン」ゆかりの場所を訪ね歩きます。
(文・動画:&TRAVEL副編集長・星野学 写真:猪俣博史)

【動画】クイーンの記念館をのぞいてみた

第6回<絶景ワインヤードでクラクラ>から続く

フレディのブロンズ像を目指せ!

世界遺産のワインヤード、ラヴォー地区のブドウ畑で夏の日差しにやられた私は、モントルーへ戻る船の中でしばし眠ったことで、体調が回復してきました。2019年8月28日、15時47分にモントルーに着いた船を降りる頃には曇り空になっていて、あれほど強かった日差しが和らいだことも幸いしました。

実はこの日、前回の記事で紹介したワイナリー巡りのほかに、もう一つ楽しみにしていたことがありました。ロックバンド「クイーン」ゆかりの場所巡りです。ワインヤードでフラフラになっていた時は、もうあきらめるしかないと思っていましたが、どうやら行けそうです。

まずは、レマン湖畔(こはん)に建つ、クイーンのリードボーカル、フレディ・マーキュリー(1946~1991)の像を目指します。船着き場からは、歩いて10分ほどでした。

着いたとたん、朝からガイドを務めて下さっている田口貴秀さんが声をあげました。

「あれー? 今日はすいてる。ラッキーですよ!」

クイーンゆかりの地をめぐる   (7) モントルー
後ろから見ても迫力のあるフレディ像。確かに人は少なかった

フレディ像はモントルー有数の観光スポットで、遊歩道に面していることもあり、何はともあれ見に行こうと、大勢の観光客が押し寄せます。団体さんと一緒になると、写真を撮ろうにもなかなか撮れないとか。それがこの日は、像のまわりはぱらぱらと観光客がいるくらい。こんなことは珍しいそうです。

「Mama, just killed a man……」

クイーンのヒット曲「ボヘミアン・ラプソディ」の一節を口ずさんでみました。

高さ3mのこのブロンズ像は、モントルーを愛し、亡くなる2週間前までこの街でレコーディングをしていたフレディをたたえて、1996年に造られました。除幕したのは、スペインの名ソプラノ、故モンセラート・カバリエ。フレディとはアルバム「バルセロナ」を共作しています。

像の周囲には献花がされていました。ファンからでしょうか。きっと、絶えることがないのでしょう。

「安らぎがほしかったら、モントルーにおいでよ」

モントルーをこよなく愛したフレディは、そう語ったといいます。たぶん、世界で最も有名な、この街ゆかりの人。レマン湖に向かって高らかに歌いあげる彼の像を見ていると、生前のカリスマ的パフォーマンスが、ありありと思い出されます。

NEXT PAGEクイーンの記念館と、ディープ・パープルの歌

REACTION

LIKE
COMMENT
0
連載をフォローする

SHARE

  • LINEでシェア

FOR YOU あなたにおすすめの記事

RECOMMEND おすすめの記事

&MEMBER限定の機能です

&MEMBERにご登録(無料)いただくと、気に入った記事に共感を示したり、コメントを書いたり、ブックマークしたりできます。こうしたアクションをする度にポイント「&MILE」がたまり、限定イベントやプレゼントの当選確率が上がります。

&MEMBERログイン

ID(メールアドレス)
パスワード

パスワードを忘れた方はこちら

&MEMBER登録はこちら

&MILEの加算アクション

  • &MEMBER新規登録:100マイル

    *今後、以下のアクションも追加していきます

  • 朝日新聞デジタル有料会員の継続:100マイル
  • ログインしてサイト訪問:10マイル
  • 記事に「LIKE」を押す:10マイル
  • コメントの投稿:30マイル
  • 自分のコメントに「LIKE」がつく:10マイル
  • アンケート回答:30マイル
  • 「朝日新聞SHOP」での購入:50マイル
  • イベント申し込み:50マイル

&MILEの獲得数に応じてステージがあがり、ステージがあがるごとに
&MEMBER限定のイベントやプレゼントの当選確率が上がります。詳細はこちら