&M

Creators Book
連載をフォローする

『攻殻機動隊 SAC_2045』の幕開け――神山健治 × 荒牧伸志 ダブル監督が語る本作に込めたこだわり

2020年4月23日、『攻殻機動隊』の新シリーズが、ついに幕を開ける―—。

その名も『攻殻機動隊 SAC_2045(以下、SAC_2045)』。本作は『攻殻機動隊 STAND ALONE COMPLEX(以下、S.A.C.)』シリーズを手掛けた神山健治監督、『攻殻機動隊』原作者である士郎正宗の作品『APPLESEED』の劇場アニメを手掛けた荒牧伸志監督がタッグを組んだ『攻殻機動隊』シリーズ最新作だ。

アニメーション制作は、同シリーズに長らく携わってきたProduction I.G(以下、I.G)、Netflixオリジナルアニメシリーズ『ULTRAMAN』などでCGに定評があるSOLA DIGITAL ARTS(以下、SOLA)が共同で担当する。シリーズ初となるダブル監督、共同制作に加えて、これまた初となるフル3DCGの作品となっている。

神山監督と荒牧監督に、新しい試みを取り入れた理由や、新シリーズで描きたいものについてインタビュー。本作は、荒牧監督が、かねて抱いていた一つのアイデアを口にしたことで動き出していた。

「やるなら神山さんと」荒牧監督のアイデア、希望

2015年、早春。『ゆうばり国際ファンタスティック映画祭』を訪れていた荒牧監督が、I.G社長の石川光久さんと何げなく交わした会話。それが始まりだった。

荒牧 かねて、『攻殻機動隊』をモーションキャプチャ技術を取り入れたフル3DCGで表現できたらおもしろいだろうなと思っていました。その話を石川さんにしたら、「荒牧くん、監督やりたいの?」と聞かれたので、「やるなら神山さんとやりたい」と言ったんですよ。

この話が神山監督の耳に入り、荒牧監督のアイデアが実現していく。神山監督は最初にそのアイデアを聞いた時のことを次のように語る。

神山 モーションキャプチャーを使ったフル3DCG、これまでとは違う形で『攻殻機動隊』をつくるのはおもしろいかもと。すごく興味が湧きました。

ほどなく、フル3DCGでの映像表現を前提とした制作が決まる。旗振り役である荒牧監督は「うれしいけど大変だろうなと思った」と当時の心境を振り返った。

『攻殻機動隊 SAC_2045』の幕開け――神山健治 × 荒牧伸志 ダブル監督が語る本作に込めたこだわり

制作が決まったタイミングでは互いに別の作品を手掛けていたため、月に1~2回のペースで話し合いを進めた。そんな中、神山監督、荒牧監督、I.Gの石川社長、SOLAのCEOであるジョセフ・チョウさんというメンバーで、アイデア出しのためにアメリカ合宿を行った。そのときには、『SAC_2045』のキーとなる“サスティナブル・ウォー(持続可能な戦争)”という言葉が生まれていた。

「現在(いま)の時代」から取り上げるべき題材を見つける

神山監督は、作品の題材を選定するため、毎回「現在の時代」について、プロデューサーや脚本家などと話し合う機会を設けるそうだ。そこでは、いまの社会で起きている問題とその原因や解決策について意見が交わされ、作中で取り上げるべき問題が決まっていく。このいまの社会を象徴するような問題を、神山監督は“素材”と呼ぶ。

『S.A.C.』シリーズでは、“薬害” “難民問題” “高齢者福祉”など、我々が現実に直面している多くの社会問題が、公安9課が立ち向かう事件の背景に存在し、そこに近未来的なテクノロジーが掛け合わさって物語がつむがれていた。

『SAC_2045』について、これまで明らかにされているキーワードは、“経済災害”や“AI(人工知能)”である。

この素材を選んだ背景について、両監督は「もはや使い古された感じがする言葉ではあるけれど」と断ったうえで、“シンギュラリティー”があると語った。「AIが人間以上の知能を得た時点(技術的特異点)」を意味する“シンギュラリティー”は、「2045年」に起こるという予想もある。「攻殻らしいテーマでもある」と考えた神山監督は、本当にそんなことが起こるのか、そして、起こるとしたらどのような過程で起こるのかを深堀りしていく。「人とAIが“何”によって結びつきを持つか」と考えを進めた結果、“経済”というカギにたどり着いた。

神山 ミクロな部分だとAmazon AlexaやGoogle Homeでの買い物があります。意識することなく、人はお金を払い、お金を稼ぐ。人の経済活動にAIが絡んでくることで、今後、産業革命と同じように大きな革命を起こすかもしれない。

神山健治

次に、議論されたのは“未来の経済”について。すでに経済戦争と呼ばれる資源や市場の奪い合いは始まっている。その延長線上にある未来で、砂取り合戦に勝利するのはどの国であり、日本はどうなっていくのか。

神山 もしかしたら、戦争が一番経済を回すのに効率の良い世界になるかもしれない。戦争すら商売になっている。この事象を言語化したら何かを考えたとき、“サスティナブル・ウォー”という言葉が生まれました。

3DCGは、“嘘”がつけない

素材が決まれば、次にどう料理していくかを考えなければならない。『SAC_2045』はフル3DCGだ。シリーズ初とはいえ、世の中にはすでに多くの3DCGのアニメが存在する。他の作品とどう差別化を図るのか。そして、これまで作画(2D)で描けた表現が3Dでは難しくなる可能性もあった。3Dだからこそ豊かな表現は何なのか。神山監督、荒牧監督は、「素材の表現方法」や「映像の持つ意味」を深めていくことから始めたという。

荒牧 世の中の価値観が変わるようなニュースや事象をできるだけ細かく拾いました。今後それらがどういった形になっていくのか考えて、映像表現に落とし込む作業をしていきました。

神山 いま、3DCGの映像は多様化しています。セルルック(作画風)の映像から、実写に近い映像まで、とても幅がある。まず、それぞれの映像表現が持つ意味を理解していかないといけなかった。

神山健治、荒牧伸志

2人は「3DCGアニメーションは嘘がつけない」と話す。背景だけを手描きで表現する3DCG作品もあるそうだが、2人は『ULTRAMAN』から、背景も全て3DCGで制作するやり方を続けている。この場合、舞台のセットをつくるのと同じように、シーンごとに必要な大道具・小道具のモデルを用意する必要がある。

例えば、椅子のモデルをつくるとき、モデル自体のデザインがカッコいいだけではダメだ。実際に空間に置いて、キャラクターを座らせた時に違和感のないサイズでなければいけない。手描きの場合、アニメーターがうまく調節してくれるのだが、3DCGはモデルをつくるタイミングで、サイズもしっかり考慮する必要がある。そのため、数センチ単位まで計算して一つひとつのモデルをつくっていく。家具だけでなく、一つの扉をつくるにしても、扉のサイズ、ドアノブの位置も全て計算する。とても手間暇のかかる作業なのだ。

『SAC_2045』では、『攻殻機動隊』シリーズではおなじみのキャラクターであるAI搭載の多脚思考戦車「タチコマ」のデザインを新たにしている。本作のタチコマはかなり小型だ。新デザインは荒牧監督の提案だった。

荒牧 いろんな部屋の中に入れるような説得力のあるサイズ感にしたかった。とはいえ、人が乗れるサイズでないといけない。どれくらいのサイズなら人が乗れて、かつ部屋の中に入れるのか、かなり検証しました。他のメンバーは丸まれば乗れるかもしれないけど、バトーは大きいから丸まっても難しいかもしれないね、とか。スタッフと話し合いながら、新しいデザインをつくってもらいました。

リアリティーのある動きと、魅力的なキャラクターデザイン

本作では、特にキャラクターにコストをかけたという。モーションキャプチャー技術を採用し、役者の芝居データをアニメーションとして取り込んでいる。役者にはコンテに合わせて芝居やセリフを再現してもらうのだが、荒牧監督いわく「コンテ通り正確に動かしたのではモーションキャプチャーにした意味がない」のだそう。

荒牧 例えば、公安9課が会議をしているシーンをつくるとします。実際に会議中の演技をしてもらったときに見えてくる、キャラクター同士の距離感、会話の温度感があります。コンテでは座りながら話しているけど、立っていた方が感情が出るかもとか、このセリフの方がいいかもとか。リハーサルのとき、コンテにない部分を神山さんや役者のみなさんと意見交換をして、どんどん足していきます。

荒牧伸志

モーションキャプチャー技術を活用することで、キャラクターの演技はリアルになった。一方で、『SAC_2045』にはアニメーションらしい、リアルではない部分があるとも感じる。それは、イリヤ・クブシノブさんが手掛けたキャラクターデザインの印象が影響しているからかもしれない。

本作でイリヤさんを起用した理由を聞くと「彼の持つキャラクターの雰囲気へ魅力を感じた」と神山監督は語った。

神山 彼の描く少女のみずみずしさ、ドラマが香り立つ雰囲気、それらに魅力を感じました。

イリヤさんの描いたキャラクターを3DCGのモデルとしてつくり、動かしてアニメをつくるにあたって、最も重視したのは、元のイラストから醸し出された雰囲気だという。2次元のイラストから3DCGのモデルをつくる場合、キャラクターの等身は3DCGに合わせて変更するため、どうしてもイリヤさんの絵から離れてしまう。

神山 キャラクターを描き写すのではなく、イラストの持つ雰囲気・魅力を拾って描き写せればいいなと考えました。彼の絵はシンプルにも見えるけれど、目や唇は異常に描き込んであるから、そこはできる限り表現しようとしました。特に“目”に関しては、モデラースタッフもかなりこだわってました。

すべてが見どころ『SAC_2045』への期待

ダブル監督、フル3DCGアニメーション、イリヤさんのキャラクターデザイン……新しさ満載の『SAC_2045』だが、監督2人は見どころの一つに『S.A.C.』の「オリジナルキャスト」を挙げてくれた。

神山 田中敦子さん(草薙素子)、大塚明夫さん(バトー)、山寺宏一さん(トグサ)……公安9課のオリジナルキャストのみなさんにオファーを断られたら、この企画をやめようと考えていましたよ。

荒牧 何の迷いもなくオリジナルキャストのみなさんにオファーすると最初から決めていました。

神山健治、荒牧伸志

そして、広大なネットの世界「電脳空間」の表現も、『S.A.C.』シリーズから踏襲されている。1人1台スマートフォンを持つようになった現代よりはるか昔から、原作マンガもアニメも、『攻殻機動隊』では、個人がアバター(分身)を使って電脳空間内に存在して、会話やデータのやり取り、そしてハッキングを含む他者へのアクセスが可能になった世界が描かれてきた。

『攻殻機動隊』のネット世界では、例えば草薙素子のアバターが宙に浮きながら、目的とするデータに向かって飛びながらハッキングをしかける、といった表現が用いられてきた。本作でも、進化はしつつも、一目見て『攻殻機動隊』のネット世界だとわかる表現を意識したそうだ。

『SAC_2045』について、神山監督は「全部おもしろいと思います」とシンプルに表現してくれた。そして、荒牧監督は「気軽に見てほしい」と語った。

荒牧 いままでのファンを大事にしながらも、Netflixオリジナルアニメシリーズということで、ワールドワイドに初見の人たちにも入りやすいようにしています。……こういうことを言う作品ほど、どっちつかずになっていると思うけど、『SAC_2045』は『攻殻機動隊』らしさを保ちつつ、入りやすい作品になっているはずなので、受け入れてもらえるのではないかと期待しています。

神山監督、荒牧監督の2人だからこそ、いままで以上につくりこまれた物語、映像表現となっているのだろう。こだわり尽くされた『SAC_2045』の世界を隅から隅まで堪能したい。

(文・阿部裕華、写真・野呂美帆)

<プロフィール>

神山健治、荒牧伸志

■神山健治(かみやま・けんじ)
アニメ監督、脚本家、演出家。代表作に『攻殻機動隊 STAND ALONE COMPLEX』シリーズ、『精霊の守り人』、『東のエデン』、『ひるね姫 〜知らないワタシの物語〜』など。荒牧伸志と『ULTRAMAN』に続き、『攻殻機動隊 SAC_2045』を共同監督。

■荒牧伸志(あらまき・しんじ)
アニメ監督、メカニックデザイナー、SOLA DIGITAL ARTSのCCOを務める。日本における3DCGアニメーションの第一人者。代表作に『APPLESEED』、『キャプテンハーロック -SPACE PIRATE CAPTAIN HARLOCK-』、『スターシップ・トゥルーパーズ レッドプラネット』など。神山健治と『ULTRAMAN』に続き、『攻殻機動隊 SAC_2045』を共同監督。

『攻殻機動隊 SAC_2045』作品情報

攻殻機動隊SAC2045ビジュアル

(C)士郎正宗・Production I.G/講談社・攻殻機動隊2045製作委員会

<キャスト>
草薙素子:田中敦子
荒巻大輔:阪 脩
バトー:大塚明夫
トグサ:山寺宏一
イシカワ:仲野 裕
サイトー:大川 透
パズ:小野塚貴志
ボーマ:山口太郎
タチコマ:玉川砂記子
江崎プリン:潘めぐみ
スタンダード:津田健次郎

<スタッフ>
原作:士郎正宗「攻殻機動隊」(講談社 KCデラックス刊)
監督:神山健治 × 荒牧伸志
シリーズ構成:神山健治
キャラクターデザイン:イリヤ・クブシノブ
音楽:戸田信子 × 陣内一真
オープニングテーマ:「Fly with me」millennium parade × ghost in the shell: SAC_2045
エンディングテーマ:「sustain++;」Mili
音楽制作:フライングドッグ
制作:Production I.G × SOLA DIGITAL ARTS
製作:攻殻機動隊2045製作委員会
©士郎正宗・Production I.G/講談社・攻殻機動隊2045製作委員会 

公式サイト https://www.ghostintheshell-sac2045.jp

公式Twitter https://twitter.com/gitssac2045(@gitssac2045)

公式Facebook https://www.facebook.com/gitssac2045

公式Instagram https://www.instagram.com/gitssac2045_official

Creators Book:連載一覧はこちら

[ &M公式SNSアカウント ]

TwitterInstagramFacebook

「&M(アンド・エム)」はオトナの好奇心を満たすwebマガジン。編集部がカッコいいと思う人のインタビューやモノにまつわるストーリーをお届けしています。

REACTION

LIKE
COMMENT
0
連載をフォローする

SHARE

  • LINEでシェア

FOR YOU あなたにおすすめの記事

RECOMMEND おすすめの記事

&MEMBER限定の機能です

&MEMBERにご登録(無料)いただくと、気に入った記事に共感を示したり、コメントを書いたり、ブックマークしたりできます。こうしたアクションをする度にポイント「&MILE」がたまり、限定イベントやプレゼントの当選確率が上がります。

&MEMBERログイン

ID(メールアドレス)
パスワード

パスワードを忘れた方はこちら

&MEMBER登録はこちら

&MILEの加算アクション

  • &MEMBER新規登録:100マイル

    *今後、以下のアクションも追加していきます

  • 朝日新聞デジタル有料会員の継続:100マイル
  • ログインしてサイト訪問:10マイル
  • 記事に「LIKE」を押す:10マイル
  • コメントの投稿:30マイル
  • 自分のコメントに「LIKE」がつく:10マイル
  • アンケート回答:30マイル
  • 「朝日新聞SHOP」での購入:50マイル
  • イベント申し込み:50マイル

&MILEの獲得数に応じてステージがあがり、ステージがあがるごとに
&MEMBER限定のイベントやプレゼントの当選確率が上がります。詳細はこちら