&w

森英恵 世界にはばたく蝶

日本ファッション界の先駆者であり、世界的なファッションデザイナーとして活躍してきた森英恵。その半生をたどる展覧会「森英恵 世界にはばたく蝶」が水戸芸術館現代美術ギャラリーで開催されていましたが、新型コロナウイルスの影響のため、4月2日をもって終了となってしまいました。展示作品の一部をフォトギャラリーでお楽しみいただければと思います。

森は戦後復興期の1951年、新宿にスタジオ「ひよしや」を設立し、洋裁の仕事をスタート。道路に面した店舗をガラス張りにし、マネキンに服を着せて見せたところ評判を呼ぶように。そして50年代~60年代の日本映画黄金期、浅丘ルリ子や石原裕次郎といった銀幕スターの数百もの映画衣装を手がけるようになります。

1965年にニューヨークで初の海外コレクションを成功させ、1977年には東洋人で初めてパリ・オートクチュール組合の会員となりました。東洋の美意識と西洋的フォルムから生み出される森のオートクチュールは、「東洋と西洋の出会い」と世界で賞賛されてきました。

自身の名前を冠したブランド「ハナエモリ」はもちろん、時代とともに第一線を駆け抜けてきた姿は、女性の社会進出の先駆けを象徴する憧れの女性像として人々に愛され続けています。

展覧会では、自身も「マダムバタフライ」と称されるほど代表的なモチーフとして創り続けてきた「蝶(ちょう)」をあしらったオートクチュールの数々や、映画、舞台の衣裳、オリンピックユニフォームなど、多岐にわたる手仕事の作品を通し、激動の時代をしなやかに切り開いてきた彼女の足跡を紹介しました。

フォトギャラリーへ(写真をクリックすると、くわしくご覧いただけます)

森英恵 世界にはばたく蝶

会期:2020年2月22日(土)~5月6日(水・振)【終了しました】
会場:水戸芸術館現代美術ギャラリー
https://www.arttowermito.or.jp/gallery/lineup/article_5051.html

REACTION

LIKE
COMMENT
0

SHARE

  • LINEでシェア

FOR YOU あなたにおすすめの記事

POPULAR 人気記事

※アクセスは過去7日間、LIKE、コメントは過去30日間で集計しています。

RECOMMEND おすすめの記事

&MEMBER限定の機能です

&MEMBERにご登録(無料)いただくと、気に入った記事に共感を示したり、コメントを書いたり、ブックマークしたりできます。こうしたアクションをする度にポイント「&MILE」がたまり、限定イベントやプレゼントの当選確率が上がります。

&MEMBERログイン

ID(メールアドレス)
パスワード

パスワードを忘れた方はこちら

&MEMBER登録はこちら

&MILEの加算アクション

  • &MEMBER新規登録:100マイル

    *今後、以下のアクションも追加していきます

  • 朝日新聞デジタル有料会員の継続:100マイル
  • ログインしてサイト訪問:10マイル
  • 記事に「LIKE」を押す:10マイル
  • コメントの投稿:30マイル
  • 自分のコメントに「LIKE」がつく:10マイル
  • アンケート回答:30マイル
  • 「朝日新聞SHOP」での購入:50マイル
  • イベント申し込み:50マイル

&MILEの獲得数に応じてステージがあがり、ステージがあがるごとに
&MEMBER限定のイベントやプレゼントの当選確率が上がります。詳細はこちら