&w

美しい色み、ぽってりとした厚み、自然なゆがみが心地いい倉敷ガラスの世界

ぽってりとした厚みと手のひらに沈む重みが心地よく、水を注ぎ陽光にかざすと、澄んだ湖の底のように水がきらめいて見える「倉敷ガラス」。創始者は小谷眞三。彼の作品は置いてあるだけで心引かれる美しい存在となっています。

小谷眞三が作る「倉敷ガラス」に感銘を受けた写真家の赤尾昌則が、倉敷や首都圏を中心に日本全国の希少な小谷作品を追い求め、5年半撮り続けてきた写真を2冊組の作品集にしました。上巻は小谷作品の特徴が伝わるように厳選された作品写真105点、下巻は小谷眞三のガラスへの取り組みや、真面目さや愛敬など彼の人柄が伝わるような写真が収録されています。

写真集『倉敷ガラス 小谷眞三』の写真の一部をフォトギャラリーでご紹介します。ガラスなのに、ぽってりとして温かみがある……、そんな小谷眞三の世界をお楽しみください。

フォトギャラリーへ(写真をクリックすると、くわしくご覧いただけます)
美しい色み、ぽってりとした厚み、自然なゆがみが心地いい倉敷ガラスの世界

『倉敷ガラス 小谷眞三』

撮影:赤尾昌則
出版社:小学館
2冊セット(作品編・仕事編)ケース入り 20,000円+税
*英訳付き Bilingual(JAPANESE/ ENGLISH)
購入希望、お問い合わせは以下の専用メールまで。
kurashikiglass201908@shogakukan.co.jp

美しい色み、ぽってりとした厚み、自然なゆがみが心地いい倉敷ガラスの世界
#
PROFILE
小谷眞三

愛知県半田市出身。大阪芸術大学芸術学部映像学科卒業。1930年、岡山県井原市生まれのガラス工芸作家。ガラス会社に就職したのち、29歳の時、倉敷市の自宅に窯を築いて独立。ガラス玉製造加工から始まり、独自の工夫を重ねることで、一人でガラス作り全ての工程を担う技法を確立し、その作品が「倉敷ガラス」と称されるようになった。2007年に岡山県文化賞を受賞。現在、小谷眞三と息子の栄次の作品のみ「倉敷ガラス」と称されている。

REACTION

LIKE
COMMENT
0

SHARE

  • LINEでシェア

RECOMMEND おすすめの記事

&MEMBER限定の機能です

&MEMBERにご登録(無料)いただくと、気に入った記事に共感を示したり、コメントを書いたり、ブックマークしたりできます。こうしたアクションをする度にポイント「&MILE」がたまり、限定イベントやプレゼントの当選確率が上がります。

&MEMBERログイン

ID(メールアドレス)
パスワード

パスワードを忘れた方はこちら

&MEMBER登録はこちら

&MILEの加算アクション

  • &MEMBER新規登録:100マイル

    *今後、以下のアクションも追加していきます

  • 朝日新聞デジタル有料会員の継続:100マイル
  • ログインしてサイト訪問:10マイル
  • 記事に「LIKE」を押す:10マイル
  • コメントの投稿:30マイル
  • 自分のコメントに「LIKE」がつく:10マイル
  • アンケート回答:30マイル
  • 「朝日新聞SHOP」での購入:50マイル
  • イベント申し込み:50マイル

&MILEの獲得数に応じてステージがあがり、ステージがあがるごとに
&MEMBER限定のイベントやプレゼントの当選確率が上がります。詳細はこちら