&w

よなよなハンコ
連載をフォローする

忌野家のセルフカット事情

消しゴムハンコ作家で、忌野清志郎さんの長女・百世(ももよ)さんの連載「よなよなハンコ」。今回は外出自粛中のなか、悩んでいる方も多いのでは? 百世さん一家の髪の毛のセルフカット事情について。やはり一筋縄ではいかないようです……。

    ◇
もう5月で、しっかりと暑くなってきましたねー。

この間久しぶりに知り合いに会って、マスクをしながら2mの距離をとって一瞬だけ外で話をしました! 距離をとりながら話すのも面白かったけど、早くこの距離が縮まる日がくるといいなー。

自粛で、いつも行っている美容院は閉まっているし、しばらくは控えておこうと思っているので、髪が伸びまくり。誰にも会わないから自分で切ろうかな……とも思ったのですが、事態が落ち着くまで髪を伸ばして、またヘアドネーションをすることにしました!

ヘアドネーションについては、以前のコラムに書いたので、そちらをよかったら読んでみてください。

寄付するためには、あと10センチくらい必要だけど、誰かのためにって考えると長すぎる髪も大事なものに思えてくる!

兄は自分で髪を切っていて、横側だけ短く刈っているんです。この前、私がお風呂場のドア越しに話し掛けに行ったら、それにビックリしたらしく、うっかりバリカンを逆向きに! 一部分だけむしりとられたみたいになってしまっていましたね~。

自分で刈ると、こういうハプニングもあるのかぁ。私はそのむしられた部分を見るたびに、面白くて笑っちゃいましたがっ。

父もバリカンを使って丸刈りにしていたときがあって、何回か私が刈ったことがあったんですよね。お風呂場で時間をかけて丁寧に刈っていたので、出来上がりはキレイだったんです。しかし、なぜか気づいたら母が刈る担当になっていたんです。

母はササッと短時間で刈っていたので、「私のが上手くない!?」って思っていたら、お風呂場で刈るとき、父は素っ裸。私だと時間が掛かり過ぎて寒かったらしい……。

私は夢中で刈ってたから全然気付かなかったけど、まさか寒かったとは!! 丁寧すぎて良くないこともあるんだなぁ。

今回の消しゴムハンコは、春らしくカラフルなマスクのキャラクターを! 最近知人に私の手ぬぐいを使って、布マスクを作ってもらったので~。まだ家で試しにつけただけですが、柄が入ってるとテンションあがっていいなぁ。家で見てるだけでもうれしい。

いつもの日常が戻ってくるのはまだまだ先で不安もあるけど、気を抜かずにウイルス対策を続けていきたいですね!

百世

>>「よなよなハンコ」 記事一覧

REACTION

LIKE
連載をフォローする

SHARE

  • LINEでシェア

FOR YOU あなたにおすすめの記事

POPULAR 人気記事

※アクセスは過去7日間、LIKE、コメントは過去30日間で集計しています。

RECOMMEND おすすめの記事

&MEMBER限定の機能です

&MEMBERにご登録(無料)いただくと、気に入った記事に共感を示したり、コメントを書いたり、ブックマークしたりできます。こうしたアクションをする度にポイント「&MILE」がたまり、限定イベントやプレゼントの当選確率が上がります。

&MEMBERログイン

ID(メールアドレス)
パスワード

パスワードを忘れた方はこちら

&MEMBER登録はこちら

&MILEの加算アクション

  • &MEMBER新規登録:100マイル

    *今後、以下のアクションも追加していきます

  • 朝日新聞デジタル有料会員の継続:100マイル
  • ログインしてサイト訪問:10マイル
  • 記事に「LIKE」を押す:10マイル
  • コメントの投稿:30マイル
  • 自分のコメントに「LIKE」がつく:10マイル
  • アンケート回答:30マイル
  • 「朝日新聞SHOP」での購入:50マイル
  • イベント申し込み:50マイル

&MILEの獲得数に応じてステージがあがり、ステージがあがるごとに
&MEMBER限定のイベントやプレゼントの当選確率が上がります。詳細はこちら