おうち時間を描く
連載をフォローする

〈12〉離れた相手ともできる「絵しりとり」/ニシワキタダシさん

家にいる時間が長いからこそ、今しかできないことを楽しみたい。

美容やインテリア、カフェタイム、休日の過ごし方などで、新たに取り入れた習慣や、改めて大切だと気がついたモノ・コトが誰にでもあるのでは?
連載「おうち時間を描く」では、インドアのプロ(!?)でもあるイラストレーターやアーティストたちが、自身の“おうち時間”をイラストとともにご紹介します。

アナログな伝達ゲームも楽しい

子どもの頃からよくしていた絵しりとり。人数も2人からできます。

「しりとり」は言葉をつなげて伝えていくゲームだけれど、「絵しりとり」は絵をつなげて伝えていくゲームです。なので言葉は発さず、相手の描いた絵がなにかを考えて、最後につく文字を予想し、自分も絵でつなげていくのです。

相手が「リス」を描いたなと思ったら、「す」のつく絵を考えて描くという感じ。言葉を発さずと言いましたが、何を描いたか答えを言わなければ「何だろう~」「あれかな~」など、何を発してもかまいません。

この「絵しりとり」のおもしろいところは、絵が上手じゃなくても、正解のままつながってなくてもよくて、あとで答え合わせをしたときに「やっぱり~」「そうだったのか~」と盛り上がれるところです。

離れた相手でも、オンラインで絵を見せ合いながらすることもできそうです。

デジタルなゲームもよいけど、たまにはアナログな伝達ゲームもよいかもしれません。

MEMO
・今回のイラストは色をつけていますが、遊ぶときは線画でやっています。
・ちなみにイラストの絵しりとりの答えは、「りす」「すいか」「かいもの」「のんびり」「りんご」「ごまどうふ」です。

    ◇

ニシワキタダシ
イラストレーター。1976年生まれ。なんともいえないイラストやモチーフで、雑誌や書籍、広告、WEB、グッズ制作など、幅広く活動中。著書に『かんさい絵ことば辞典』(パイ インターナショナル)、『えでみる あいうえおさくぶん』(あかね書房)、『ぼくのともだちカニやまさん』(PHP研究所)、『かきくけおかきちゃん』(大福書林)、『くらべる・たのしい にたことば絵辞典』(PHP研究所)などがある。
WEB:http://www.smoca-n.com/
instagram:@nishiwaki_t
twitter :@nishiwaki_t

REACTION

LIKE
BOOKMARK

リアクションしてマイルをもらう

連載をフォローする

SHARE

  • LINEでシェア

FOR YOU あなたにおすすめの記事

POPULAR 人気記事

※アクセスは過去7日間、LIKE、コメントは過去30日間で集計しています。

RECOMMEND おすすめの記事

&MEMBER限定の機能です

&MEMBERにご登録(無料)いただくと、気に入った記事に共感を示したり、コメントを書いたり、ブックマークしたりできます。こうしたアクションをする度にポイント「&MILE」がたまり、限定イベントやプレゼントの当選確率が上がります。

&MEMBERログイン

ID(メールアドレス)
パスワード

パスワードを忘れた方はこちら

&MEMBER登録はこちら

&MILEの加算アクション

  • &MEMBER新規登録:100マイル
  • 記事に「LIKE」を押す:10マイル
  • コメントの投稿:30マイル
  • 自分のコメントに「LIKE」がつく:10マイル
  • *今後、以下のアクションも追加していきます

  • 朝日新聞デジタル有料会員の継続:100マイル
  • ログインしてサイト訪問:10マイル
  • アンケート回答:30マイル
  • 「朝日新聞SHOP」での購入:50マイル
  • イベント申し込み:50マイル

&MILEの獲得数に応じてステージがあがり、ステージがあがるごとに
&MEMBER限定のイベントやプレゼントの当選確率が上がります。詳細はこちら