クリックディープ旅
連載をフォローする

串焼き、駅弁、サンドイッチ、麺 世界各地のテイクアウト

これまで世界各地を旅してきた旅行作家・下川裕治さん。今回は世界のテイクアウト料理をピックアップ。音声付きの長編動画では、旅先でよく食べるテイクアウトのありがたさや、タイの持ち帰り用香辛料セットに見られる技について語ります。

本連載「クリックディープ旅」(ほぼ毎週水曜更新)は、30年以上バックパッカースタイルで旅をする旅行作家の下川裕治さんと相棒の写真家・阿部稔哉さんと中田浩資さん(交代制)による15枚の写真「旅のフォト物語」と動画でつづる旅エッセーです。

(写真:中田浩資)

世界のテイクアウト

新型コロナウイルスの影響で、日本の飲食店もテイクアウトに力を入れるようになった。いつもは店で提供している料理をどうしたら持ち帰りに……。そこで、アジアを中心にした世界の飲食店テイクアウトを紹介。アジアは屋台をはじめ小規模な店が、路上や路地を埋めている。こういった店では、テイクアウトは昔から盛んだった。八つの国や地域のテイクアウトの技を一挙に。

新シリーズ「沖縄の離島を走る路線バスの旅」は、新型コロナウイルスの影響で掲載が延期になっています。こちらももう少しではじまる予定。今回まで、過去の掲載からのダイジェストシリーズです。

長編動画

カザフスタンからウズベキスタンへ向かう国境バスの車窓風景を眺めながら、世界のテイクアウト事情を中田浩資カメラマンと語ります。

音声はテレワークでよく使われるアプリZoomを利用して録音しました。

Scene01

サテ

インドネシア風焼き鳥といったらサテ。イスラム教徒が多いため、鶏肉が使われることが多い。路上のサテ屋台では、串に刺された肉を炭火で焼いてくれる。インドネシアやマレーシアでは、ここにピーナツをすり潰した甘めのソースがつく。それをどうやってテイクアウト? 次の写真で。(2012年)

Scene02

ジャカルタのテイクアウト

バナナの葉が大活躍。焼いたサテをバナナの葉に載せ、その上からソースをかけてくるみ、さらにビニールコーティングされた紙で包む。こうすればサテのテイクアウトが完成。ソースが漏れ出ることもない。ジャカルタのこの屋台では、イモを練り固めたものをつけてくれた。これで立派な1食になる。(2012年)

Scene03

シーポー駅のホーム

ミャンマーの列車旅。ここはマンダレーからラーショーに向かう路線の途中にあるシーポー駅。ホームには食堂兼弁当屋があった。おかずはトレーや鍋のなかに盛られ、それを指さすと、目にもとまらぬ早業で弁当をつくってくれて、テイクアウト。停車時間が長ければ、この店のテーブルで食べてもいい。注文はやはり指さしスタイル。(2016年)

Scene04

シーポー駅の駅弁

これがシーポー駅で買った駅弁。おかずを3品で1000チャット。こういった食堂の相場だ。当時のレートで約100円。僕は、「100円弁当」と呼んでいた。ミャンマーの街なかにもこんな食堂は多い。横に積んである発泡スチロールの容器を指さすと、すぐにテイクアウトとわかってくれる。(2016年)

Scene05

マレーシアの駅弁食堂

マレー半島の東海岸を南北に走る列車は、通称、ジャングルトレイン。巨木に覆われた熱帯雨林の森を縫うように走る。早朝にパシルマスから乗った列車は、途中のケムブ駅で待ち合わせ停車。すると乗客はホームにあるこの小屋へ。駅弁食堂でした。人手が足りないようで、乗客が厨房(ちゅうぼう)に入って好みのおかずで弁当をつくる。僕も倣ったのだが……。(2010年)

Scene06

マレーシアのテイクアウト

ビニールコーティングされた紙をとり、その上に米。おかずを載せ、香辛料を少し。折りたたむように閉じると簡単にセルフテイクアウトが完成。料金は3リンギ、約90円。「あの……スプーンは」。マレー人の多いこの一帯では愚問でした。料理は手で食べることが基本の一帯。慣れないが、おいしさは変わらない。(2010年)

Scene07

バインミー

ベトナムでの朝食はだいたいバインミー。バゲットに卵、野菜、ハムなどを挟むサンドイッチだ。ヌクマムというベトナムの魚醤(ぎょしょう)をかけることも。店頭や屋台で、写真のようにバゲットを焼いてつくってくれる。それをあるものでくるんで渡される。食べるときは近くのコーヒー屋台へ持ち込む。バインミーは昔からテイクアウト朝食。あるものは次の写真で。(2012年)

Scene08

新聞紙のバインミー

あるものとは廃棄書類。ベトナム、カンボジア、ラオス、ミャンマーなどでは、いらなくなった書類や新聞紙は貴重なテイクアウトグッズ。さまざまなものをくるんでくれる。揚げパン、現地風サンドイッチといったパン系はもちろん、汁なし麺、焼きそばも廃棄書類が大活躍。最近はビニール袋化の波が押し寄せているが。(2012年)

Scene09

タイのテイクアウト

日本でもラーメンのテイクアウトがあるが、タイでは、昔から、汁麺のテイクアウトはあたり前。麺、具をゆでて別々のビニール袋に。スープも別袋。タイ人はそこに、唐辛子、砂糖、タイの魚醤、酢で味を調える。それもすべて小袋に。ビニール袋は全部で7種を超える。手間のかかるテイクアウト。食べるときは、それらを器で合体させる。(2010年)

Scene10

ロシアのスーパー

ロシアは飲食店が少ない上に共稼ぎが多い。人々は写真のようなスーパーの総菜コーナーでおかずを買って夕食が普通。総菜コーナーの充実ぶりは、おそらく世界一。常に50種類以上の料理がトレーに盛られている。料理によっては電子レンジで温めてくれる。3種類買っても200ルーブル、約340円以内。安いテイクアウトです。(2012年)

Scene11

ロシアのテイクアウト

ロシアの旅では食事に苦労した。地方都市へ行くと、レストランがみつからないのだ。店に出合ったら、とにかく食べておく──僕のロシア旅の心得だった。しかしあるとき、シーン10でお伝えしたロシアの食事情を知った。旅行者なら宿で部屋食である。これはサハリンのホテルでの部屋食。すべてテイクアウト。充実の夕食です。(2012年)

Scene12

シムケントの店

テイクアウト文化は、それほど根づいていない中央アジア。しかしバスターミナルにはありました。カザフスタンのシムケント。テーブルを出し、その場でソーセージ入りピロシキを揚げていた。ひとつ70テンゲ、約23円。テイクアウト専門だが、おばさんは脇にテーブルをつくってくれた。(2018年)

Scene13

ピロシキ

客の多くは、揚げたてのピロシキを、ティッシュにくるんでもらい、バスに向かう。30分ほど時間があったので、ヨーグルトと紅茶も頼み、出してくれたテーブルでシルクロード風の朝食。とくにおいしいわけではなかったが、とにかく気候が心地いい。ここからタシケントまで乗ったバスの車窓風景は長編動画で。(2018年)

Scene14

ルイスイの店

台湾もテイクアウトが盛んだ。というより、ほとんどの食堂が、テイクアウトに対応している。ここは東海岸の瑞穂(ルイスイ)という地方都市。商店街にある、ギョーザ店、カモ肉料理店、定食屋などをまわっていくと、テイクアウトおかずが集まっていく。街歩きを味わいながらそろえた夕飯は次の写真で。(2019年)

Scene15

ルイスイのテイクアウト

カモ肉、ギョーザ、野菜炒めにビール。このときは3人のメンバーがいたが、ひとりあたり約518円。台湾のテイクアウトは安あがり? 容器はすべて紙製。野菜炒め程度なら汁が漏れ出ない素材を使っている。環境問題もちゃんと配慮している台湾は、テイクアウト先進エリアに映る。コンビニも袋は有料です。(2019年)

※料金等はすべて取材時のものです。

■関連記事はこちら
シムケントからタシケントへ、玄奘三蔵が歩いた中央アジアの旅(5)
下馬から紅葉温泉旅社へ、旅行作家・下川裕治が行く、台湾の超秘湯旅11

【次号予告】次回から「沖縄の離島を走る路線バスの旅」がはじまります。

BOOK

串焼き、駅弁、サンドイッチ、麺 世界各地のテイクアウト
12万円で世界を歩くリターンズ
[タイ・北極圏・長江・サハリン編] (朝日文庫)
リターンズ第二弾では、タイと隣国の国境をめぐり、北極圏を北上し、長江をさかのぼる旅へ、予算12万円で約30年前に旅したルートをたどる。さらに「12万円でサハリンに暮らす」ことにも挑戦。旅は、世界はどう変わったか?
朝日文庫
3月6日発売
定価:770円(税込み)

REACTION

LIKE
COMMENT
0
連載をフォローする

SHARE

  • LINEでシェア

FOR YOU あなたにおすすめの記事

POPULAR 人気記事

※アクセスは過去7日間、LIKE、コメントは過去30日間で集計しています。

RECOMMEND おすすめの記事

&MEMBER限定の機能です

&MEMBERにご登録(無料)いただくと、気に入った記事に共感を示したり、コメントを書いたり、ブックマークしたりできます。こうしたアクションをする度にポイント「&MILE」がたまり、限定イベントやプレゼントの当選確率が上がります。

&MEMBERログイン

ID(メールアドレス)
パスワード

パスワードを忘れた方はこちら

&MEMBER登録はこちら

&MILEの加算アクション

  • &MEMBER新規登録:100マイル
  • 記事に「LIKE」を押す:10マイル
  • コメントの投稿:30マイル
  • 自分のコメントに「LIKE」がつく:10マイル
  • *今後、以下のアクションも追加していきます

  • 朝日新聞デジタル有料会員の継続:100マイル
  • ログインしてサイト訪問:10マイル
  • アンケート回答:30マイル
  • 「朝日新聞SHOP」での購入:50マイル
  • イベント申し込み:50マイル

&MILEの獲得数に応じてステージがあがり、ステージがあがるごとに
&MEMBER限定のイベントやプレゼントの当選確率が上がります。詳細はこちら