&w

鎌倉から、ものがたり。
連載をフォローする

幸せの直感に身をまかせ 辻堂の「Chigaya Bakeshop」

 JR東海道線辻堂駅から、海に向かってまっすぐにのびた海浜公園通り。陽光まぶしい住宅街の中に、小さいながらも、思わず目を留めてしまう店がある。鈴木ちがやさん(33)が2014年にオープンした「Chigaya Bakeshop」(チガヤ・ベイクショップ)だ。

 通りに向かって開け放した入り口から、風が店内を通り抜けていく。朝10時の開店とともに、近所のお客さんが続々とやってきて、店頭に並んだパン、マフィン、ドーナツが、みるみる売れていく。一日につくる量は決まっていて、売り切れたらそこでおしまい。お昼前には、かなりの数がはけてしまう。

「外国には『おはよう!』『元気?』と気軽にあいさつを交わしあうカフェがありますよね。テイクアウトするだけで気分が上がる。そんな店を日本にはないスタイルでやってみたかったんです」

 そう語る鈴木さんの原体験は高校卒業時の春休みにさかのぼる。アルバイトで入った逗子の「cafe coya(カフェコヤ)」。オーナーの根本きこさん夫妻が、古い木造の店舗跡をリノベートしたカフェは、それまで見向きもされなかったものに新しい価値を与えたもので、空間、食器、メニューと、すべてにさり気ない美意識が行き渡っていた。

「最初に客として行ったとき、カフェオレボウルのふちに欠けがあったんですが、それがとても美しく見えて。衝撃を受けました」

 常識では避けられる傷が、唯一の味わいへと反転する驚き。「cafe coya」が伝えている審美眼を、鈴木さんが受け取ることができたのは、彼女自身に豊かな感性が息づいていたからでもある。

 故郷の宮城県石巻市で、小学校までを過ごした。ともに暮らしていた祖父は哲学者。祖父が選んだ本を2人の妹たちと読み、食事の時間によく会話した。

「答えのない問いについて想像をめぐらせて、あれこれと語り合う。そういう時間が日常にあったことは、とてもよかったと思います」

 父親の仕事の都合で神奈川県二宮町に引っ越し、中学・高校時代を湘南で過ごした。大学時代は東京で暮らしながら、著名なスタイリストのもとでスタイリングの修業を行い、大学卒業後は単身、ニューヨークにわたり、舞台衣裳をコーディネートする仕事に就いた。ブルックリンとマンハッタンに住み、ベルリンやポートランドなど世界の先端を行く街にも長期滞在した。

 10代のころから、自分には夢に向かっていく強さがあったと、鈴木さんはみずから認める。スタイリストの師匠も、通常は弟子を取らない人だった。だが、何度も手紙を書いてアタックし、採用後はアシスタントの激務と学業を両立させた。

「でも、ニューヨークでは、もっと強くないとダメでした。アパートの隣人だった高齢の女性に、『自分の意志を持ってちゃんと表さないと、生き抜いていけないわよ』と背中を押されて、本当にそうだな、と(笑)」 

 辻堂でカフェオーナーになろうと決めたのは、ニューヨークで6年を過ごし、一時帰国していたとき。好きなレストランの隣に空き店舗を見つけて、直感的に「ここでなにかをしよう」と考えて、行動に移した。
「毎日、焼き立てのパンをつくり、お客さんに手渡しする。その『幸せな感じ』が、自分の表現したいことと結びついている気がしたんです」

 東京やニューヨークで仕事に取り組んでいたとき、鈴木さんの心を支えていたのが、カフェで過ごす時間だった。

「たったひとりの時間なのですが、周囲に人のざわめきがあって、それが私に元気を与えてくれる。この時間があったからこそ、明日もがんばろうと思えたんですね」

「幸せな感じ」は、直感した通りだった。しかし、あるときから創造への希求が、またうずきはじめた。

「海のある街で小さなベイクショップを営むって、実は人生の最終形の楽しみで、それを私は先に実現してしまった。若く動けるうちに、まだやるべきことはあるな、と思うようになったのです」

 あらたに設定した夢はホテル経営。その前段として2019年12月、東京の蔵前(台東区)にベーカリーカフェ「Chigaya 蔵前」を開店。湘南から東京へと、線がまたつながっていった。

(→後編はこちら

Chigaya Bakeshop
神奈川県藤沢市辻堂6-3-10高砂店舗A
Instagram

>>フォトギャラリーはこちら ※写真をクリックすると、くわしくご覧いただけます。

「鎌倉から、ものがたり。」バックナンバー

>>地図で見る

REACTION

LIKE
連載をフォローする

SHARE

  • LINEでシェア

FOR YOU あなたにおすすめの記事

POPULAR 人気記事

※アクセスは過去7日間、LIKE、コメントは過去30日間で集計しています。

RECOMMEND おすすめの記事

&MEMBER限定の機能です

&MEMBERにご登録(無料)いただくと、気に入った記事に共感を示したり、コメントを書いたり、ブックマークしたりできます。こうしたアクションをする度にポイント「&MILE」がたまり、限定イベントやプレゼントの当選確率が上がります。

&MEMBERログイン

ID(メールアドレス)
パスワード

パスワードを忘れた方はこちら

&MEMBER登録はこちら

&MILEの加算アクション

  • &MEMBER新規登録:100マイル

    *今後、以下のアクションも追加していきます

  • 朝日新聞デジタル有料会員の継続:100マイル
  • ログインしてサイト訪問:10マイル
  • 記事に「LIKE」を押す:10マイル
  • コメントの投稿:30マイル
  • 自分のコメントに「LIKE」がつく:10マイル
  • アンケート回答:30マイル
  • 「朝日新聞SHOP」での購入:50マイル
  • イベント申し込み:50マイル

&MILEの獲得数に応じてステージがあがり、ステージがあがるごとに
&MEMBER限定のイベントやプレゼントの当選確率が上がります。詳細はこちら