城旅へようこそ
連載をフォローする

日本海、松原湾、外ノ浦を見渡す浜田藩の居城 浜田城(2)

日本の城を知り尽くした城郭ライター萩原さちこさんが、各地の城をめぐり、見どころや最新情報、ときにはグルメ情報もお伝えする連載「城旅へようこそ」。今回は島根県浜田市の浜田城の2回目です。「出丸」という特徴ある区画と石垣がみどころです。
(トップ写真は浜田城三の丸の石垣と通路)

【動画】浜田城にのぼってみた

<津和野城と並ぶ、江戸時代に築かれた石見の拠点 浜田城(1)>から続く

立派な造りだった登城口の中ノ門

浜田城の本丸へは、護国神社の脇から登っていく。麓(ふもと)からこの場所までは、かつては参道に並行するように登城道が通っていた。参道から東麓を見下ろしてみると、谷間に石垣が見える。この石垣の上に建っていたのが、登城口となる中ノ門だ。1871(明治4)年に描かれた「浜田城図」を見ると、中ノ門はかなり大きな櫓門(やぐらもん)で、両側に土塀がめぐる立派な構えをしている。浜田城を象徴する、重要な門だったのだろう。護国神社の東側にある平坦(へいたん)地は焔硝蔵(えんしょうぐら)があった曲輪(くるわ)で、1段下には井戸もある。

日本海、松原湾、外ノ浦を見渡す浜田藩の居城 浜田城(2)

参道から見下ろす、中ノ門の石垣

<津和野城と並ぶ、江戸時代に築かれた石見の拠点 浜田城(1)>で触れたように、護国神社の脇にある門は津和野藩庁(島根県津和野町)の遺構だ。浜田県庁の門として津和野から移築され、1967(昭和42)年に現在地に移設された。門が置かれている場所に別の門が建っていたわけではない。門をくぐったあたりが三の丸で、二ノ門を抜けると二の丸、本丸一ノ門を抜けると本丸へと到達する。

日本海、松原湾、外ノ浦を見渡す浜田藩の居城 浜田城(2)

津和野藩庁から移築された門

城内唯一の枡形門、二ノ門跡

三の丸を歩き進めると、立派な石垣が見えてくる。屈曲する通路を進み石段を上がったところにあるのが、二の丸の出入り口となる二ノ門跡だ。かなり大きな櫓門だったようで、その大きさは土台となる石垣の規模からも想像できる。両脇には土塀がめぐり、枡形(ますがた)と呼ばれる方形の空間を囲み込んでいた。城内唯一の枡形門だ。枡形内に入ってぐるりとまわりを見ると、かなり高い石垣で枡形を囲っていたことがわかる。

日本海、松原湾、外ノ浦を見渡す浜田藩の居城 浜田城(2)

二ノ門跡。近年、門の礎石が確認された


日本海、松原湾、外ノ浦を見渡す浜田藩の居城 浜田城(2)

二ノ門の枡形を見下ろす

一ノ門を抜けると、最高所の本丸に着く。本丸は周囲が高い石垣で囲まれ、石垣の上には、鉄砲や弓矢で射撃できる窓である狭間(さま)の開いた土塀がめぐっていたという。狭間は79カ所設けられていた。本丸一ノ門の東側には六間長屋という平屋建ての櫓が建ち、本丸内には玉蔵と呼ばれる鉄砲などの弾丸の収蔵庫があったこともわかっている。

日本海、松原湾、外ノ浦を見渡す浜田藩の居城 浜田城(2)

本丸。記録によれば、面積は2715平方メートル

本丸の北西隅に突出する空間には、三重櫓が建っていた。天守に匹敵する象徴的な建物で、最上重は約9メートル四方、二重目は約13メートル四方、一重目は約16メートル×約13メートルだったという。高さは鯱(しゃち)を含めて約15メートルあったようだ。江戸後期の記録には、浜田城の西側1キロほどのところにある浜田浦(現在の浜田漁港周辺)から「森の中に城少し見ゆる」とあり、三重櫓が見えていたと考えられる。

日本海、松原湾、外ノ浦を見渡す浜田藩の居城 浜田城(2)

本丸からの東側の眺望。北前船寄港地の外ノ浦が見える

特徴的な出丸と、古めかしい本丸の石垣

浜田城の構造で印象的なのは、本丸の南側にある「出丸」だ。本丸から突き出すように設けられた独立性のある曲輪で、「本丸脇千人溜(だま)り」とも呼ばれていた。城の西側を監視する防御的な要素の強い曲輪なのだろう。浜田城が西側を意識した城とわかる。江戸時代の絵図「石州浜田城」や「浜田城石垣絵図」を見ると、出丸は二の丸の西側に付随するような形で配置されており、北側には「出丸木戸」という出入り口が設けられていた。出丸木戸を出れば、本丸の石垣の外側をめぐる道があった。

本丸を囲む石垣は、ひときわ古めかしく味がある。調査から、本丸、中ノ門、三の丸東側の石垣などはおおむね1620〜1623(元和6〜9)年の築城時に積まれたものと推定されている。本丸の石垣を見ると、横目地の通らない乱積みで、石材をあまり加工しない野面(のづら)積みだ。隅角部には縦石が用いられている。

日本海、松原湾、外ノ浦を見渡す浜田藩の居城 浜田城(2)

本丸南西面の石垣

出丸西面の石垣も見事だ。石材の加工や積み方の技術に違いがあり、本丸西面の石垣とは時期が異なるように感じられる。どうやら出丸西面の石垣は、1850(嘉永3)年に修理されたものらしい。高さ2間2尺(約4.2メートル)、長さ5間(約9メートル)と補修図にはあり、現況の高さ約4メートル、長さ約8メートルの石垣とほぼ一致する。幕末に修復された石垣に多く見られる、石材を交互に積む谷積みだ。

日本海、松原湾、外ノ浦を見渡す浜田藩の居城 浜田城(2)

出丸西面の石垣

浜田城の北麓に建つ浜田城資料館は、1907(明治40)年に皇太子(後の大正天皇)行啓のため建てられた御便殿(ごべんでん)である。かつては浜田城の南麓にあった。旧浜田藩主の松平家により浜田城の庭園の一角に建てられ、浜田城の庭園は御便殿の庭園として活用されていたという。浜田城とともに訪れたいスポットだ。

日本海、松原湾、外ノ浦を見渡す浜田藩の居城 浜田城(2)

御便殿。浜田城資料館になっている

(この項おわり。次回は8月31日に掲載予定です)

#交通・問い合わせ・参考サイト

■浜田城
http://www.city.hamada.shimane.jp/www/contents/1001000002482/index.html(浜田市)

>> 連載一覧へ

REACTION

LIKE
COMMENT
0
連載をフォローする

SHARE

  • LINEでシェア

FOR YOU あなたにおすすめの記事

POPULAR 人気記事

※アクセスは過去7日間、LIKE、コメントは過去30日間で集計しています。

RECOMMEND おすすめの記事

&MEMBER限定の機能です

&MEMBERにご登録(無料)いただくと、気に入った記事に共感を示したり、コメントを書いたり、ブックマークしたりできます。こうしたアクションをする度にポイント「&MILE」がたまり、限定イベントやプレゼントの当選確率が上がります。

&MEMBERログイン

ID(メールアドレス)
パスワード

パスワードを忘れた方はこちら

&MEMBER登録はこちら

&MILEの加算アクション

  • &MEMBER新規登録:100マイル
  • 記事に「LIKE」を押す:10マイル
  • コメントの投稿:30マイル
  • 自分のコメントに「LIKE」がつく:10マイル
  • *今後、以下のアクションも追加していきます

  • 朝日新聞デジタル有料会員の継続:100マイル
  • ログインしてサイト訪問:10マイル
  • アンケート回答:30マイル
  • 「朝日新聞SHOP」での購入:50マイル
  • イベント申し込み:50マイル

&MILEの獲得数に応じてステージがあがり、ステージがあがるごとに
&MEMBER限定のイベントやプレゼントの当選確率が上がります。詳細はこちら