&Travel

海の見える駅 徒歩0分の絶景
連載をフォローする

旅人たちと分かち合う、瀬戸内海の夕暮れ 愛媛県・下灘駅

300カ所以上の海の見える駅を訪れてきたが、下灘駅ほど人の絶えない無人駅を見たことがない。特に、眼前の海に太陽が沈む夕暮れ時は、旅人たちによるラッシュアワー。ひとりでたそがれ、なんてことはできない。しかし、人が集うからこそ、ほかの無人駅にはない、数々の心温まる場面に出会えた。

連載「海の見える駅 徒歩0分の絶景」は、アマチュア写真家の村松拓さんが、海のそばにある駅で撮った写真を紹介しながら、そこで出会ったこと、感じたことをつづります。

旅人をひきつけてやまない、絵になる無人駅

下灘駅は、松山駅からJR予讃線でおよそ1時間の場所にある、小さな無人駅。近くに目立った観光地もなく、住宅や商店もまばらな立地だ。

ただ、ほかの駅にはない、フォトジェニック極まりない情景がある。ホームにぽつりとたたずむ、古びた上屋とベンチ。何ひとつ遮るものがない、瀬戸内海の大パノラマ。さらに、春は菜の花、夏はひまわり、秋はコスモス、冬は椿といった、地元住民が植えた四季折々の花々が、彩りを添える。

旅人たちと分かち合う、瀬戸内海の夕暮れ 愛媛県・下灘駅

過去には映画「男はつらいよ 寅次郎と殿様」、テレビドラマ「HERO」や、青春18きっぷのポスターなどにも登場。今はSNSでも話題になっており、毎日のように誰かが訪れては写真を投稿している。

特に、北西を向いたホームから望む夕日は、息をのむほど美しい。2017年2月、私も下灘駅からの夕日をこの目で見るため、現地に降り立った。

「伊予灘ものがたり」との出会いと別れ

午後5時すぎ。日が傾き、すっかり長い影が伸びたころ。下灘駅のホームを見渡すと、なんと40人以上が集まっていた。

旅人たちと分かち合う、瀬戸内海の夕暮れ 愛媛県・下灘駅
下を通る国道378号から下灘駅を見上げてみた。海を望むベンチは大盛況

ほどなくして、遠くから派手な2両編成の列車が滑り込んできた。2014年にデビューした観光列車「伊予灘ものがたり」だ。下灘駅にも見学のために停車する。ドアが開くと、ホームはさらに人でごった返した。予想外のにぎわいに、正直うろたえそうになった。

ところが、見学時間を終え、列車がまたゆっくりと動き出すと、雰囲気は一変。ホームにいた人たちが一斉に手を振り始めた。乗客たちも笑顔で手を振り返す。列車も応えるかのように、警笛代わりのミュージックホーンを響かせた。

旅人たちと分かち合う、瀬戸内海の夕暮れ 愛媛県・下灘駅
下灘駅をたつ、松山行きの「伊予灘ものがたり」

ホームの人々と、列車の乗客と乗務員、合わせておよそ100人。瀬戸内海に照り返す温かな夕日の色、そしてミュージックホーンの美しい旋律に包まれながら、小さな無人駅で、みんなが心を通わせ合った瞬間だった。

私も思わず、カメラを降ろして大きく手を振った。

NEXT PAGE特等席のベンチで過ごす、それぞれの時間

REACTION

LIKE
COMMENT
0
連載をフォローする

SHARE

  • LINEでシェア

FOR YOU あなたにおすすめの記事

RECOMMEND おすすめの記事

&MEMBER限定の機能です

&MEMBERにご登録(無料)いただくと、気に入った記事に共感を示したり、コメントを書いたり、ブックマークしたりできます。こうしたアクションをする度にポイント「&MILE」がたまり、限定イベントやプレゼントの当選確率が上がります。

&MEMBERログイン

ID(メールアドレス)
パスワード

パスワードを忘れた方はこちら

&MEMBER登録はこちら

&MILEの加算アクション

  • &MEMBER新規登録:100マイル

    *今後、以下のアクションも追加していきます

  • 朝日新聞デジタル有料会員の継続:100マイル
  • ログインしてサイト訪問:10マイル
  • 記事に「LIKE」を押す:10マイル
  • コメントの投稿:30マイル
  • 自分のコメントに「LIKE」がつく:10マイル
  • アンケート回答:30マイル
  • 「朝日新聞SHOP」での購入:50マイル
  • イベント申し込み:50マイル

&MILEの獲得数に応じてステージがあがり、ステージがあがるごとに
&MEMBER限定のイベントやプレゼントの当選確率が上がります。詳細はこちら