海の見える駅 徒歩0分の絶景
連載をフォローする

駅から歩いて、鳴き砂の浜と世界遺産の港へ 島根県・馬路駅

島根県の出雲市駅からおよそ1時間。日本海沿いの静かな集落の中に、馬路(まじ)という無人駅がある。実はここ、日本でも珍しい二つのスポットに歩いて行ける最寄り駅。ホームでの海の観賞もほどほどに、ちょっと足を伸ばして、駅にはない魅力を探しに出かけてみた。

連載「海の見える駅 徒歩0分の絶景」は、アマチュア写真家の村松拓さんが、海のそばにある駅で撮った写真を紹介しながら、そこで出会ったこと、感じたことをつづります。

鳴き砂の浜が見える駅

2012年10月、からっとした秋晴れの日。馬路駅のホームにひとり降り立つと、青空を映したすがすがしい日本海が迎えてくれた。家々のすき間からは、ちらりと白い砂浜が顔を出す。

駅から歩いて、鳴き砂の浜と世界遺産の港へ 島根県・馬路駅

この浜が、一つ目のスポット。その名も「琴ケ浜」だ。

全国的にも珍しい、歩くと砂がこすれて音の鳴る「鳴き砂」(地元では「鳴り砂」と呼ばれる)の浜で、日本の「三大鳴き砂」の一つとも言われる。2017年10月には国の天然記念物にも指定された。

砂浜には何度も訪れてきたが、鳴き砂の浜は初めてだ。しかも駅の目と鼻の先にある。となれば、行かない手はない。

さっそく駅前の急坂を降り、集落のメインロードでもある細い県道を歩く。趣ある木造の家屋や商店が端々に生活感を漂わせながら、軒を連ねている。

駅から歩いて、鳴き砂の浜と世界遺産の港へ 島根県・馬路駅

懐かしい家々を横目に、海へと続く細い路地を抜ければ、琴ケ浜に着く。駅を出てわずか5分。いきなり視界いっぱいに広がった砂のまぶしさに、思わず目を細めた。

駅から歩いて、鳴き砂の浜と世界遺産の港へ 島根県・馬路駅

琴ケ浜の全長はおよそ1.4km。集落を中心に、二つの岬の間で弧を描くように広がる。これだけきれいな浜なのに、左右を見渡す限り、誰も遊びに来ている様子がない。せっかくなので、ひとりで砂を鳴らしてみる。波打ち際まで行き、かかとから押し込むように力を加えると、小気味よく「キュッ」という高い音が聞こえた。コツをつかめば、歩くたびに砂が鳴る。これは……ちょっと楽しい。

しかし、砂が鳴るためには、石英の含有量、不純物の少なさ、砂粒の大きさなど、いくつもの条件がある。その繊細さは「茶碗一杯の砂の中に耳かき一杯のチョークの粉を入れただけで鳴らなくなる」と例えられるほど。琴ケ浜の鳴り砂も、500万年もの歳月が奇跡的に生み出したとされている。

砂を間近で見てみると、その一粒一粒がきめ細かで、透き通るように美しい。

駅から歩いて、鳴き砂の浜と世界遺産の港へ 島根県・馬路駅

地球のもたらした偶然に感謝しながら、渚(なぎさ)を思うままに歩く。

どこまでも続く、なめらかな砂浜。足元で奏でる、潮騒と鳴き砂の音。いつになく五感が喜んでいる気がした。

NEXT PAGE誰にも出会わなかった、世界遺産の港

REACTION

LIKE
COMMENT
0
連載をフォローする

SHARE

  • LINEでシェア

FOR YOU あなたにおすすめの記事

POPULAR 人気記事

※アクセスは過去7日間、LIKE、コメントは過去30日間で集計しています。

RECOMMEND おすすめの記事

&MEMBER限定の機能です

&MEMBERにご登録(無料)いただくと、気に入った記事に共感を示したり、コメントを書いたり、ブックマークしたりできます。こうしたアクションをする度にポイント「&MILE」がたまり、限定イベントやプレゼントの当選確率が上がります。

&MEMBERログイン

ID(メールアドレス)
パスワード

パスワードを忘れた方はこちら

&MEMBER登録はこちら

&MILEの加算アクション

  • &MEMBER新規登録:100マイル
  • 記事に「LIKE」を押す:10マイル
  • コメントの投稿:30マイル
  • 自分のコメントに「LIKE」がつく:10マイル
  • *今後、以下のアクションも追加していきます

  • 朝日新聞デジタル有料会員の継続:100マイル
  • ログインしてサイト訪問:10マイル
  • アンケート回答:30マイル
  • 「朝日新聞SHOP」での購入:50マイル
  • イベント申し込み:50マイル

&MILEの獲得数に応じてステージがあがり、ステージがあがるごとに
&MEMBER限定のイベントやプレゼントの当選確率が上がります。詳細はこちら