海の見える駅 徒歩0分の絶景
連載をフォローする

駅から歩いて、鳴き砂の浜と世界遺産の港へ 島根県・馬路駅

誰にも出会わなかった、世界遺産の港

二つ目のスポットは、鞆ケ浦(ともがうら)という小さな港。この港はなんと、世界遺産に登録されている。

海ばかり見ているとあまり意識しないが、馬路駅から見て山のほう、直線距離で南東におよそ5kmの場所に、石見(いわみ)銀山がある。16世紀の戦国時代から栄え、日本産の銀が世界のおよそ3分の1を占めると言われた頃、そのかなりの部分を産出したといわれる、日本最大の銀山だった。

鞆ケ浦は、石見銀山で採掘した銀を積み出すために使われた最初の港。2007年に「石見銀山遺跡とその文化的景観」の構成資産の一つとして、世界遺産となった。

そんな鞆ケ浦を見るべく、馬路駅を再訪したのは、2018年11月。

鳴き砂のまぶしい琴ケ浜を右手に、海沿いをひたすら歩く。前回は鳴き砂に夢中であまり気に留めなかったが、改めて見ると海水の透明度が高い。まるで水槽を上からのぞき込んでいるかのように、海の底までくっきりと見える。美しすぎる道のりだ。

駅から歩いて、鳴き砂の浜と世界遺産の港へ 島根県・馬路駅

道はやがて1本のトンネルに行き着く。暗がりをおそるおそる抜けると、そこはもう鞆ケ浦。馬路駅からは、歩いて15分ほどの距離になる。

駅から歩いて、鳴き砂の浜と世界遺産の港へ 島根県・馬路駅

リアス式海岸の深い入り江にあり、ひっそりした、まさに天然の良港。世界遺産とはいえ、観光客はおろか、人の姿が見えない。2匹の子猫だけがこちらのことなど意に介さず、道端でたわむれているのが印象的だった。

港の奥には数えるほどの民家があり、その間を縫うように1本の細い坂道が伸びている。

駅から歩いて、鳴き砂の浜と世界遺産の港へ 島根県・馬路駅

およそ500年前、石見の銀はこの細い坂道を通り、目の前の小さな港に運ばれ、やがては世界へと渡っていったのか――。ひとり、道の真ん中でじっと景色を見つめ、歴史に思いをはせる。誰もいないからこその、ちょっとしたぜいたくだ。

ホームから出なくても、美しい日本海を望める馬路駅。しかし、駅を出てちょっと歩けば、地球や先人がもたらした貴重な遺産が待っていた。

駅の外に目を向けてみると、旅の楽しみはぐっと広がる。

今まで駅ばかり巡ってきた私に、馬路駅はそんなことをようやく気づかせてくれた。

JR出雲市駅から山陰線普通列車で約1時間。

JR西日本(JRおでかけネット)
https://www.jr-odekake.net/eki/timetable?id=0640752

REACTION

LIKE
COMMENT
1
連載をフォローする

SHARE

  • LINEでシェア

FOR YOU あなたにおすすめの記事

POPULAR 人気記事

※アクセスは過去7日間、LIKE、コメントは過去30日間で集計しています。

RECOMMEND おすすめの記事

&MEMBER限定の機能です

&MEMBERにご登録(無料)いただくと、気に入った記事に共感を示したり、コメントを書いたり、ブックマークしたりできます。こうしたアクションをする度にポイント「&MILE」がたまり、限定イベントやプレゼントの当選確率が上がります。

&MEMBERログイン

ID(メールアドレス)
パスワード

パスワードを忘れた方はこちら

&MEMBER登録はこちら

&MILEの加算アクション

  • &MEMBER新規登録:100マイル
  • 記事に「LIKE」を押す:10マイル
  • コメントの投稿:30マイル
  • 自分のコメントに「LIKE」がつく:10マイル
  • *今後、以下のアクションも追加していきます

  • 朝日新聞デジタル有料会員の継続:100マイル
  • ログインしてサイト訪問:10マイル
  • アンケート回答:30マイル
  • 「朝日新聞SHOP」での購入:50マイル
  • イベント申し込み:50マイル

&MILEの獲得数に応じてステージがあがり、ステージがあがるごとに
&MEMBER限定のイベントやプレゼントの当選確率が上がります。詳細はこちら