&w

花のない花屋
連載をフォローする

人生何が起こるか分からない 引きこもりの娘を救ってくれたのは……

読者のみなさまから寄せられたエピソードの中から、毎週ひとつの「物語」を、フラワーアーティストの東信さんが花束で表現する連載です。
新型コロナウイルスで大きな影響を受けた花の生産者を支援している全国農業協同組合連合会(全農)に、その活動の一環として連載にご協力いただいています。
あなたの「物語」も、世界でひとつだけの花束にしませんか? エピソードのご応募はこちら

米田亜希子さん(仮名) 60歳 女性
愛知県在住
無職

    ◇

今年26歳になる長女は、高校を中退以降、長く引きこもりの生活が続いていました。一時はこのまま就職も、結婚もできないのではないか……。親として、そんな不安でいっぱいでした。

中学生のころは、友達もおり、陸上部でも大活躍。私立の強豪校からも声がかかるほどでした。しかし家庭の事情で公立の高校へ進学することに。そして2年生の途中から、高校へ行けなくなりました。長女は理由について話しません。私立の強豪校へ行けなかったからかとも考えましたが、どうも違うようです。

長女の希望で一度留年し、2年生を2回やることに。でも途中でまた行けなくなってしまい、今度はやむをえず中退しました。大検を取得したのですが、受験した大学には不合格。

その後は完全に引きこもりの生活に。そして長女にとっても、私たち家族にとってもつらい日々の始まりでした。

長女は完全に昼夜が逆転した生活。私と顔を合わせれば、怒り、暴言を吐く。
たまらず精神科病棟に入院させたり、次女の大学受験が控えていた頃には、自宅近くのシェアハウスに住まわせたりしましたが、半年ほどで戻ってきました。自立してほしいとアパートに一人暮らしさせたりしたのですが、毎日のように自宅に泊まりにきていました。

そんな中、長女を救ってくれたのが、今の長女の夫です。中学生の時、彼が長女のクラスへ転校してきました。長女は、帰国子女の彼から勉強を教えてもらっていたように記憶しています。私も名前は知っていました。

高校も同じだったのですが、そこで仲が良かったのかは分かりません。高校中退後、自宅に引きこもっていたのに、どうやって連絡を取り合うようになったのかも、今はSNSが発達して私にはよく分からないのですが……。3年ほど前に長女は家を出て、東京で大学生だった彼の1Kアパートで同居を始めました。

自宅にいた頃とは正反対の、ついうらやんでしまう生活。料理が趣味という彼が振る舞ってくれるごちそうの写真が、長女から届くようになりました。魚も自分でさばけるそうです。あのつらい日々が、うそのようでした。

彼が大学院へ進学し、その後就職したのを機に、昨年結婚。あいさつに来てくれた時、長女のどこを好きになったのか聞いてみたら、「転校してきたばかりの時、声をかけてくれたのがうれしかった」とのこと。人生、何が起こるか本当に分かりません。

将来が不安でいっぱいだった長女が、生涯の伴侶を見つけられたことが、本当にうれしい。今は彼と一緒に、自宅で株の売買をしているそうです。

結婚後は都内の2DKのアパートに引っ越し。築40年でもこんなに高いの?とびっくりしてしまいます。でも2人が仲良く暮らしているなら、それで十分。結婚してもうすぐ1年になります。定職についたこともなく、まだまだ親として心配事も多い長女。だけどそんな娘と人生をともに歩む決断をしてくれてありがとう、の気持ちを込めて、彼に花束を贈りたいです。

人生何が起こるか分からない 引きこもりの娘を救ってくれたのは……
≪花材≫カラー、アジサイ、ミラビフローラ、クレマチスシード、レネゾーン

花束を作った東さんのコメント

娘さんのご結婚から1年、おめでとうございます。SNSで再会を果たしたかもしれないとは、なんだか現代的ですね。ラッパ形の花はカラー、綿毛のようにフワフワしているのはクレマチスシード、花びら6枚のはミラビフローラ、下のふわふわしたのはアジサイです。今回、花材はたくさん入れず、色も白と緑でシンプルに。ですが下はふわっと、上はシャープに、メリハリをつけました。娘さんには大変なことがたくさんありましたが、素敵なパートナーと出会えてよかった。心配事も多いと思いますが、「仲良く暮らしてくれているならば十分」というのが、投稿主さんの素直な気持ちなのかなとも思います。1周年の記念の花束になればうれしいです。

人生何が起こるか分からない 引きこもりの娘を救ってくれたのは……
人生何が起こるか分からない 引きこもりの娘を救ってくれたのは……
人生何が起こるか分からない 引きこもりの娘を救ってくれたのは……
人生何が起こるか分からない 引きこもりの娘を救ってくれたのは……

(写真・椎木俊介)

読者のみなさまから「物語」を募集しています。

こんな人に、こんな花を贈りたい。こんな相手に、こんな思いを届けたい。花を贈りたい人とのエピソードと、贈りたい理由をお寄せください。毎週ひとつの物語を選んで、東さんに花束をつくっていただき、花束は物語を贈りたい相手の方にプレゼントします。その物語は花束の写真と一緒に&wで紹介させていただきます。

応募フォームはこちら

REACTION

LIKE
連載をフォローする

SHARE

  • LINEでシェア

FOR YOU あなたにおすすめの記事

RECOMMEND おすすめの記事

&MEMBER限定の機能です

&MEMBERにご登録(無料)いただくと、気に入った記事に共感を示したり、コメントを書いたり、ブックマークしたりできます。こうしたアクションをする度にポイント「&MILE」がたまり、限定イベントやプレゼントの当選確率が上がります。

&MEMBERログイン

ID(メールアドレス)
パスワード

パスワードを忘れた方はこちら

&MEMBER登録はこちら

&MILEの加算アクション

  • &MEMBER新規登録:100マイル

    *今後、以下のアクションも追加していきます

  • 朝日新聞デジタル有料会員の継続:100マイル
  • ログインしてサイト訪問:10マイル
  • 記事に「LIKE」を押す:10マイル
  • コメントの投稿:30マイル
  • 自分のコメントに「LIKE」がつく:10マイル
  • アンケート回答:30マイル
  • 「朝日新聞SHOP」での購入:50マイル
  • イベント申し込み:50マイル

&MILEの獲得数に応じてステージがあがり、ステージがあがるごとに
&MEMBER限定のイベントやプレゼントの当選確率が上がります。詳細はこちら