&Travel

スイス1周鉄道珍道中~1等車と5つ星ホテルで
連載をフォローする

最後の最後に派手な一撃  (10) インターラーケン~チューリヒ空港

スイスで5つ星ホテルを泊まり歩き、鉄道の1等車で国をぐるり1周する――。&TRAVEL副編集長が2019年8月から9月にかけて、そんな旅を体験しました。写真家の猪俣博史さんと二人三脚で巡った9日間の珍道中、最終回はインターラーケンからルツェルン経由でチューリヒ空港へ。災難続きだったこの旅で、何事もなく有終の美を飾るかに思われましたが、最後の最後で、やっぱり、お約束のトラブルが。
(文・動画:&TRAVEL副編集長・星野学 写真:猪俣博史)

【動画】ルツェルン=インターラーケン・エクスプレスの車窓から

第9回<気絶するほど悩ましいユングフラウ>から続く

ヴィクトリア・ユングフラウ・グランドホテル&スパを探索

2019年8月30日午後3時前。頭はクラクラ、体はフラフラになった標高3454mのユングフラウヨッホから登山電車を乗り継いでインターラーケン・オスト駅に戻ってきました。猪俣さんと連れだって、宿泊先の「ヴィクトリア・ユングフラウ・グランドホテル&スパ」へと、てくてく歩いて戻ります。

最後の最後に派手な一撃   (10) インターラーケン~チューリヒ空港
駅から続くメインストリートのヘーエ通りを歩いて宿へ

不思議なもので、標高567mのインターラーケンまで帰ってくると、ユングフラウヨッホで感じたしんどさは、うそのように治まっていました。メインストリートのヘーエ通りを歩くこと約10分。宿に戻り、一休みしたら、宿の広報担当パトリシア・ヘルドさんの案内で、館内取材の始まりです。

最後の最後に派手な一撃   (10) インターラーケン~チューリヒ空港
ホテルの両翼を結ぶ回廊。モダンな色彩感覚。奥は団体用の入り口

インターラーケンのシンボルともいえるこのホテルは、1865年にホテル・ヴィクトリアとして開館しました。やがて東隣にあるホテル・ユングフラウを買収、1899年には二つのホテルを回廊で結んで「ヴィクトリア・ユングフラウ」となりました。この回廊、大胆な色使いのモダンな空間で、一見の価値ありです。

最後の最後に派手な一撃   (10) インターラーケン~チューリヒ空港
館内のイタリア料理店「サポーリ」

こちらは、この日夕飯をいただく予定のイタリア料理店「サポーリ」です。高い天井とゴージャスな装飾に期待が高まります。テラス席もあり、ユングフラウを眺めながら食事ができます。

最後の最後に派手な一撃   (10) インターラーケン~チューリヒ空港
ヘーエ通りに面したサポーリのテラス席には三輪トラックが

テラス席には三輪トラックが。日本でも1960年代の終わりくらいまで街中でよく見かけました、何だかとても懐かしい。

NEXT PAGEホテルの中に宮殿が?

REACTION

LIKE
COMMENT
0
連載をフォローする

SHARE

  • LINEでシェア

FOR YOU あなたにおすすめの記事

RECOMMEND おすすめの記事

&MEMBER限定の機能です

&MEMBERにご登録(無料)いただくと、気に入った記事に共感を示したり、コメントを書いたり、ブックマークしたりできます。こうしたアクションをする度にポイント「&MILE」がたまり、限定イベントやプレゼントの当選確率が上がります。

&MEMBERログイン

ID(メールアドレス)
パスワード

パスワードを忘れた方はこちら

&MEMBER登録はこちら

&MILEの加算アクション

  • &MEMBER新規登録:100マイル

    *今後、以下のアクションも追加していきます

  • 朝日新聞デジタル有料会員の継続:100マイル
  • ログインしてサイト訪問:10マイル
  • 記事に「LIKE」を押す:10マイル
  • コメントの投稿:30マイル
  • 自分のコメントに「LIKE」がつく:10マイル
  • アンケート回答:30マイル
  • 「朝日新聞SHOP」での購入:50マイル
  • イベント申し込み:50マイル

&MILEの獲得数に応じてステージがあがり、ステージがあがるごとに
&MEMBER限定のイベントやプレゼントの当選確率が上がります。詳細はこちら