ほんやのほん
連載をフォローする

世界にたった一つの体。お見舞いにどんな本を贈りますか?

世界にたった一つの体。お見舞いにどんな本を贈りますか?
撮影/馬場磨貴 (撮影協力/RELIFE STUDIO FUTAKO)

『本を気持ちよく読めるからだになるための本』ほか

人は何かに悩んだり迷ったりした時、ちょっと体に不調を感じた時などに本を求めることがある。そこに答えを見いだしながら読みすすめるうちに、落ち着いてきたり安心できたりする。『本を気持ちよく読めるからだになるための本』はタイトルのとおり、気持ちよく本を読むために体調を整えようという一冊である。読み終えたあと、もちろん実際に鍼(はり)を打たれたわけでもないのに、少しだけ整った感じを受けた。

人は心身ともに健康でないと本を読めないものだ。以前、床に伏せる方へ退屈だろうと本を何冊かお送りしたことがあるが、とても活字を読む元気がないと謝られた。確かに読書、特に長編などを読むのは体力と気力を要する。

今の店に勤めたばかりの頃、「入院する人へのお見舞いに贈る本」というテーマで研修を受けたことがあるが、やはり文字のあまりない写真集のようなものが好まれるということだった。

その後、実際にお客様からお見舞い向けの本の問い合わせを受け、そのような本をおすすめしたが、相手は活字が好きな方だからとお気に召さなかった。そこで、『あなたの体は9割が細菌』(アランナ・コリン著/河出書房新社)という分厚い本をご紹介したところ、気にいって購入いただいたことがある。その本がご当人に喜ばれたか少し心配であったのだが、この経験があった故に『本を気持ちよく読める……』というタイトルは意味深いと身をもって感じたのだ。

不調?と思ったら

『風邪の効用』(野口晴哉著/ちくま文庫)という本がある。風邪をひくことの効果を説いており、無理にあらがうべきではないという内容だ。私はこの本を風邪のひき始め、具合が悪くなりそうだなというタイミングに読むことをおすすめしている(まだ実際にお客様へすすめたことはありませんが)。

だいたい読み終えた時に風邪はピークになっており、読書などできる状態ではなくなる。その後はだるさに身を任せ、そのまま治りかけの時期も養生することが一番大切とあるので、引き続き寝床に身を横たえていただきたい。ほとんどの人が、熱が下がるとすぐに社会復帰してくる。それがウイルスをまき散らす原因でもあり、ぐずぐず風邪を長引かせる要因だ。

自分の中にある回復力。それを引き出し、整え、維持する手助けをしてくれるのが、鍼灸(しんきゅう)ではないだろうか。『本を気持ちよく読める……』の著者である松波太郎さんは鍼灸師。本書では、章末ごとに小説家は文章を、漫画家はマンガを、写真家は写真を、ほかにも映画監督らが「体験のことば」として被術後の感想を寄せている。

その中で、小説家の淺川継太氏が書いている「いつの間にか自分の体も『吊(つる)し』(編注・既製品のこと)で済ませていたのかもしれない」(p.37)という文がとても分かりやすかった。自分の体は世界にただ一つのかたち、まさにオーダーメイドだ。

世界にたった一つの体。お見舞いにどんな本を贈りますか?
『本を気持ちよく読めるからだになるための本』松波太郎 著 晶文社 1,600円+税

同じ治療はあり得ない、施術方法は人それぞれに異なるのだろう。冷えている人は温め、熱を持っている人はそれを取り除く。不調の場所も様々であり、患部を見極めながらそれ以外の場所にも鍼を打つ。全身に打ってこそ効果があり、美容鍼にしてもしかり、と述べている。全てにおいてバランスと調和が大切なのだ。人として内側も外側もそうありたいものだ。

東洋医学は保険がきかずどこか高額、というイメージがある。なぜそう思われてしまうのかについても書かれている。とはいえ硬い説明書ではなく、むしろ全体的にゆるい会話調で読みやすい。よって、少しばかり不調な方にも十分におすすめできる。

心地よい会話の音が鍼を打っていく様と重なる感じがした。随所に登場する「体験のことば」もリズムを変えて、更に身体の芯まで染みいるのだ。そのそうそうたる面々の文章からも、小説家、臨床家である著者のやわらかいお人柄を感じることができた。

世界にたった一つの体。お見舞いにどんな本を贈りますか?
#
PROFILE
岩佐さかえ

いわさ・さかえ
二子玉川 蔦屋家電 健康・美容コンシェルジュ
女性向けフィットネスジムにて健康・美容相談を受けながら、様々なイベントやフェアを企画。自身がそうであったように、書籍を通して要望にお応えできたらと思い、蔦屋家電のBOOKコンシェルジュに。「心と体の健康=美」をモットーに勉強の日々。

REACTION

LIKE
BOOKMARK

リアクションしてマイルをもらう

連載をフォローする

SHARE

  • LINEでシェア

FOR YOU あなたにおすすめの記事

POPULAR 人気記事

※アクセスは過去7日間、LIKE、コメントは過去30日間で集計しています。

RECOMMEND おすすめの記事

&MEMBER限定の機能です

&MEMBERにご登録(無料)いただくと、気に入った記事に共感を示したり、コメントを書いたり、ブックマークしたりできます。こうしたアクションをする度にポイント「&MILE」がたまり、限定イベントやプレゼントの当選確率が上がります。

&MEMBERログイン

ID(メールアドレス)
パスワード

パスワードを忘れた方はこちら

&MEMBER登録はこちら

&MILEの加算アクション

  • &MEMBER新規登録:100マイル
  • 記事に「LIKE」を押す:10マイル
  • コメントの投稿:30マイル
  • 自分のコメントに「LIKE」がつく:10マイル
  • *今後、以下のアクションも追加していきます

  • 朝日新聞デジタル有料会員の継続:100マイル
  • ログインしてサイト訪問:10マイル
  • アンケート回答:30マイル
  • 「朝日新聞SHOP」での購入:50マイル
  • イベント申し込み:50マイル

&MILEの獲得数に応じてステージがあがり、ステージがあがるごとに
&MEMBER限定のイベントやプレゼントの当選確率が上がります。詳細はこちら