&Travel

&Discovery
連載をフォローする

「地図から消された」ウサギの王国と、タイムスリップできる街 広島県竹原市

動物と心を通わせ、戯れる――。そんなディズニー映画のプリンセスのようなシチュエーション、体験してみたくないですか? かくいう私は、プリンセスとはほど遠い30歳手前の男性ですが、めちゃくちゃあこがれています。そんな夢のような体験ができる「大久野島」という島の情報を耳にしました。なんでも、たくさんのウサギたちが島に来る人たちを歓迎してくれるとのこと。この桃源郷でウサギと戯れて、日頃の仕事のストレスを発散したい!ということで、大久野島がある広島県竹原市へ旅してきました。
(文・写真:&編集部・田中遼平)

こだわりのガレットが楽しめる「メゾンディオン」

2020年8月下旬。羽田空港から約2時間のフライトで、広島空港に到着。大久野島で、万全の態勢でウサギと駆け回るためには。まず腹ごしらえが必要です。

空港からのどかな風景が広がる山あいを車で約30分ひた走ると、雰囲気の良い古民家が見えてきました。カフェ「メゾンディオン」です。

カフェ「メゾンディオン」

カフェ「メゾンディオン」

 

「メゾンディオン」の内装

「メゾンディオン」の内装

空き家になった古民家をリノベーションして2020年の2月にオープンした「メゾンディオン」。店内は木のぬくもりを感じることができて、初めて来たはずなのに、どこか懐かしさを感じました。この日はうだるような暑さだったけれど、部屋を吹き抜ける風が風鈴を鳴らして、心地よい。

「メゾンディオン」の風鈴

「メゾンディオン」には風鈴が

和の趣があるお店ですが、インテリアをよく見ると、洋風のかわいらしい小物が並んでいます。聞くと店内の雑貨はフランスから取り寄せているそう。

「地図から消された」ウサギの王国と、タイムスリップできる街 広島県竹原市

店内に並ぶ小物(撮影=中西学)

というのもこのお店のシェフは、フランス出身でベルサイユでシェフをしていたパスカル・ディオンさん。海が近く、自然も豊かな竹原の土地に魅了されて、この土地でお店を開くことを決めたそうです。

「地図から消された」ウサギの王国と、タイムスリップできる街 広島県竹原市

シェフのパスカル・ディオンさん(右)と妻の本村由美子さん(左)(撮影=中西学)

名物メニューはフランス・ブルターニュ地方の家庭の味、ガレット。塩を加えたそば粉を薄く焼いたものです。もちもちの食感は心地よく、バターのうまみが口いっぱいに広がります。食べれば食べるほど、もっと食べたくなるような、素朴な味わいでした。

「地図から消された」ウサギの王国と、タイムスリップできる街 広島県竹原市

「メゾンディオン」ガレット(撮影=中西学)

カフェ「メゾンディオン」の公式ページはこちら
(*2020年12月15日〜2021年1月末頃まで休店予定)

ウサギの楽園? 大久野島

いよいよ大久野島を訪れます。まずは島へのフェリーが出ているという忠海港へ。

チケット売り場は、時計や壁などいたるところにウサギのシルエットがあしらわれていました。一層テンションがあがります。

「地図から消された」ウサギの王国と、タイムスリップできる街 広島県竹原市

フェリーのチケット売り場

フェリーに乗ること、約15分ほどで大久野島に到着しました。

港に降り立った瞬間にたくさんのウサギとご対面!と思っていたのですが、どうしたことかウサギが見当たりません。あれ?

不思議に思い、島の方に尋ねてみました。
「いつもはこの辺りにいっぱいウサギがいるんだけど。今日は、暑すぎてあんまり出てきていないねえ」

この時の気温は30度オーバー。確かに、クーラーがんがんにかけて自宅にこもりたい気分です。そりゃウサギも涼しい場所でゆっくりしてるよなあ……。

残念に思いながらも、木陰や屋根の下に、ちらほらとウサギの姿が。暑さのせいなのか、だらけていて、警戒心のかけらも感じさせません。こんな姿を見られたのは、逆にラッキーだったかもしれない。

「地図から消された」ウサギの王国と、タイムスリップできる街 広島県竹原市

島で見かけたウサギ(撮影=中西学)

「地図から消された」ウサギの王国と、タイムスリップできる街 広島県竹原市

木陰で休憩中ウサギ(撮影=中西学)

癒やしを与えてくれる大久野島ですが、実は「毒ガスの島」という、かわいさとは正反対の異名もあります。第2次世界大戦の際に、兵器として使用するさまざまな種類の毒ガスが製造される場所だったのだそう。兵器開発の拠点だと敵に知られないよう、戦争中は地図から消されていたそうです。

毒ガスは兵器として人を殺傷するだけでなく、製造する過程でも多くの人々が犠牲になりました。毒ガスをあびて運良く生き延びても、後遺症に悩まされた人も多いそうです。

大久野島の「毒ガス資料館」

大久野島の「毒ガス資料館」

そんな過ちを繰り返さないように、当時の毒ガス被害を今に伝える「毒ガス資料館」が島内にあります。旧日本軍の毒ガス製造に関する資料や被害を受けた方の写真が展示され、被害の悲惨さが胸に迫ります。

ほかにも、まるで映画「天空の城ラピュタ」に出てきそうな軍事遺跡を巡ったり、電動自転車で気持ちの良い海岸線をサイクリングできたりと、多様な楽しみ方ができます。宿泊施設「休暇村 大久野島」もあるので、1泊してゆっくり過ごすのもよいかもしれません。

「地図から消された」ウサギの王国と、タイムスリップできる街 広島県竹原市

毒ガス貯蔵庫跡

大久野島の海岸

大久野島の海岸

大久野島の詳しい情報はこちら

お屋敷に宿泊 「NIPPONIA HOTEL 竹原 製塩町」

大久野島からフェリーで忠海港に戻り、「たけはら町並み保存地区」に向かいます。

古くから製塩地として発展し、江戸時代には立派なお屋敷が立ち並んだ竹原。そんな美しい町並みを残そうと、1982年に国の重要伝統的建造物群保存地区として選定された場所です。

まるで時代劇のセットのような町ですが、今も住民の方々が暮らしておられます。ぶらぶら歩いていると、散歩中の柴犬が石畳の上で寝そべっていました。昼は暑かったですが、夕方はうそのように涼しくなったこの日の竹原。ひんやりとした石畳が気持ちよかったのかもしれません。

お散歩中の柴犬

お散歩中の柴犬

「たけはら町並み保存地区」のすぐ近くに、この日宿泊するホテル、「NIPPONIA HOTEL 竹原 製塩町」はあります。最大の特徴は、フロント棟と宿泊棟が町の中に点在していることです。町全体を楽しめるような宿泊体験をお客さんに味わってもらう狙いだそうです。

「地図から消された」ウサギの王国と、タイムスリップできる街 広島県竹原市

「NIPPONIA HOTEL 竹原 製塩町」フロントがあるHOTEI棟(撮影=中西学)

確かにフロントから宿泊棟に行くことや、同行した方々の部屋を訪ねることが、何だかご近所さんの家に行くようで。まるでこの風情ある町に住んでいるような不思議な体験でした。

「地図から消された」ウサギの王国と、タイムスリップできる街 広島県竹原市

KIKKO棟(撮影=中西学)

「NIPPONIA HOTEL 竹原 製塩町」のすべての建物は、この地区に昔からある家屋を利用しています。フロントがある「HOTEI」棟は、江戸期に創業し、1970年代まで料亭として営業していた「旧水儀本店」の建物を利用しています。宿泊棟は二つあり、一つは明治期の造り酒屋をリノベーションした「KIKKO」棟。もう一つは、明治期に銀行として建てられ、その後旅館となった建物をリノベーションした「MOSO」棟です。

「地図から消された」ウサギの王国と、タイムスリップできる街 広島県竹原市

MOSO棟(撮影=中西学)

ちなみに竹原は日本酒造りでも有名。この日の夜は部屋で地酒「龍勢」で晩酌しました。就寝前は、部屋のひのき風呂でリラックス。体も心もぽかぽかになって眠れました。

筆者が宿泊したMOSO棟の客室

筆者が宿泊したMOSO棟の客室

「NIPPONIA HOTEL 竹原 製塩町」の公式ページはこちら

タイムスリップしたような街でいただく郷土料理「魚飯」

2日目は「たけはら町並み保存地区」をあらためて散策することに。石畳の細い路地を歩いていると、なんだか江戸時代にタイムスリップしたような気分になります。

「地図から消された」ウサギの王国と、タイムスリップできる街 広島県竹原市

たけはら町並み保存地区(撮影=中西学)

実際にロケ地に使われることも多いそうで、2014年に放送されたNHKの連続テレビ小説「マッサン」では、ウイスキー造りに心血を注ぐ主人公、亀山政春のモデルとなった、ニッカウヰスキーの創業者・竹鶴政孝の生家「竹鶴酒造」が撮影に使われたそうです。

たけはら町並み保存地区(撮影=中西学)

たけはら町並み保存地区(撮影=中西学)

趣がある町並みを散策していると、いつのまにかお昼に。この日の昼食は全国でも竹原でしか食べることができないといわれる郷土料理、「魚飯(ぎょはん)」を頂きます。

「地図から消された」ウサギの王国と、タイムスリップできる街 広島県竹原市

魚飯(撮影=中西学)

ドウマル、穴子、エビ、シイタケ、錦糸(きんし)卵がご飯の上に乗っており、彩り豊か。魚の骨でとった出汁(だし)をかけて食べると、魚のうまみが口いっぱいに広がります。

各家庭や店ごとに伝統の味があるそうですが、今回は「味いろいろ ますや」で提供されている「魚飯」を頂きました。「NIPPONIA HOTEL 竹原 製塩町」のサイトで事前に予約することで、「茶寮一会 -Ichie-」というカフェでいただくことができます。

魚飯の予約はこちら

竹原市では景観にも料理にも、「優しさ」があふれていました。誰しもが日々ストレスを感じています。コロナ禍のご時世では、なおさらかもしれません。疲れた心を少し軽くするために、感染症対策はしっかりとったうえで、一度、竹原に訪れてみてはいかがでしょうか。

REACTION

LIKE
COMMENT
0
連載をフォローする

SHARE

  • LINEでシェア

FOR YOU あなたにおすすめの記事

RECOMMEND おすすめの記事

&MEMBER限定の機能です

&MEMBERにご登録(無料)いただくと、気に入った記事に共感を示したり、コメントを書いたり、ブックマークしたりできます。こうしたアクションをする度にポイント「&MILE」がたまり、限定イベントやプレゼントの当選確率が上がります。

&MEMBERログイン

ID(メールアドレス)
パスワード

パスワードを忘れた方はこちら

&MEMBER登録はこちら

&MILEの加算アクション

  • &MEMBER新規登録:100マイル

    *今後、以下のアクションも追加していきます

  • 朝日新聞デジタル有料会員の継続:100マイル
  • ログインしてサイト訪問:10マイル
  • 記事に「LIKE」を押す:10マイル
  • コメントの投稿:30マイル
  • 自分のコメントに「LIKE」がつく:10マイル
  • アンケート回答:30マイル
  • 「朝日新聞SHOP」での購入:50マイル
  • イベント申し込み:50マイル

&MILEの獲得数に応じてステージがあがり、ステージがあがるごとに
&MEMBER限定のイベントやプレゼントの当選確率が上がります。詳細はこちら