&M

&BRAND VOICE
連載をフォローする
SPONSORED

山崎 貴×加藤浩次スペシャル対談 なぜ僕らは『マンダロリアン』にハマるのか?

SPONSORED

ディズニー公式動画配信サービス「ディズニープラス」で現在配信している「スター・ウォーズ」シリーズ初の実写ドラマ『マンダロリアン』シーズン2。スター・ウォーズのファンはもちろん、そうでない人も楽しめると評判だ。その真の魅力を映画監督の山崎貴さんと、お笑い芸人の加藤浩次さんが熱く語り尽くした。

クールに見えてハートの熱い 賞金稼ぎマンダロリアン

山崎 僕が映画の世界を志したきっかけが『スター・ウォーズ』です。中2の時に見て、それまでのSF映画と全く違うクオリティーの高さに圧倒され、大きな衝撃を受けました。

山崎貴さん

山崎貴さん

加藤 僕は物心ついた時にはもう好きでしたね。新作が公開されたら見るのが当たり前で。一番好きなのは『スター・ウォーズ エピソード6/ジェダイの帰還』。『マンダロリアン』がこの5年後の世界と知って胸が高鳴りました。

加藤浩次さん

加藤浩次さん

山崎 ビジュアルのイメージで勝手に大好きなボバ・フェットの物語だと思い喜んでいました。ところが実際に見たら主人公はマンダロリアンでびっくり。でもこれがまあ面白くて!

加藤 ちょうどシーズン1を見終えたところですが、琴線にバンバンに触れてきます。マンダロリアンは賞金稼ぎのためにフォースの力を秘めた孤児ザ・チャイルドを探し出し、帝国軍残党の依頼主の所へ連れて行きますよね。でも悪用されたら可哀想と思ったのか、急にザ・チャイルドを奪還して逃げる。あの一瞬、すごい違和感があって。「冷血かと思ってたけど良いやつじゃん」って一気に彼を好きになった。銀河の平和のためでも誰かのためでもなく、自分がそうしたいからザ・チャイルドを命がけで守る。その確たる意志にひかれました。完全無欠のヒーローじゃないところも良いですよね。

まさに銀河の銀河の子連れ狼(おおかみ) マンダロリアンとザ・チャイルド

山崎 顔を見せない主人公というのもすごい。アーマー(装甲服)で表情は分からないけれど、感情がビンビンに伝わってくるのは顔の角度を相当細かく決めているから。数ミリ単位の傾きの違いで悲しいのかうれしいのかが僕らに伝わってくる。能や狂言で面をつけて演じるのに通じる深いお芝居です。ただ、シーズン1の最後の最後、とうとう顔を見せてくれましたね!

マンダロリアン(左)とザ・チャイルド(右)

マンダロリアン(左)とザ・チャイルド(右)

加藤 劇的に出すこともできただろうに、わりと普通にすっと(笑)。あそこで、ああマンダロリアンはごく普通の人間なんだなとうれしかった。日銭を稼いでは自分のアーマーのパーツを買い足したり、宇宙船を修理してもらったり。あの原始的な感じにも心をくすぐられました。それとザ・チャイルドとの関係性も絶妙です。

山崎 日本の時代劇の遺伝子を感じます。何でもジョージ・ルーカスが「スター・ウォーズ」を作る際、着想の原点に日本の時代劇があったそうで、本作の総指揮を務めるジョン・ファヴロー監督も参考にしたのかも。それにしてもザ・チャイルドは本当に可愛い! CGではなくパペットだから動きがとてもリアルです。

ザ・チャイルド

ザ・チャイルド

加藤 ヨーダと同じ種族なんですよね? 彼の正体も知りたいところですが。

山崎 実はシーズン2でそのあたりのことがちょっと分かってくるんです。

加藤 あらららら、マジですか!

山崎 さらに言うと、シーズン2では僕の好きなボバ・フェットも活躍するし、ついにジェダイ、あのアソーカ・タノが実写で出てきます。

加藤 えっ、そうなんですか!? いやあ早くシーズン2を見ないとヤバイなあ(笑)。

2020年12月18日(金)にシリーズ2最終話配信。一気見のチャンス!

山崎 「スター・ウォーズ」本編ではさほど注目されていなかった脇役キャラクターが、このドラマでは丁寧に描かれていることもうれしいです。例えばシリーズ1ではアグノートが結構重要な役で出てきました。彼らが普通に社会生活を営む姿から、「スター・ウォーズ」の世界観が無限に広がっているんだなと感慨深かったです。

加藤 本編との絡ませ方が実に見事。

山崎 また、特筆すべきは新型撮影システム。ロケの必要のない巨大なバーチャルセットであれだけの世界観を創り上げているわけです。とんでもない技術革新によって誕生した作品です。間違いなく『マンダロリアン』の前と後では映画の作り方が大きく変わってきますね。

加藤 新たな潮流を生み出したという点でも注目すべきというわけですか。『マンダロリアン』を知らずして「スター・ウォーズ」を語ることは今後難しくなりそうですね。

山崎 まさに「スター・ウォーズ」ファンの必修科目です。ドラマだからといってなめているととんでもない! 見ないのは本当にもったいないです。

加藤 2020年12月18日がシーズン2の最終話配信。これを待って一気見するつもりでした。楽しみです!

山崎 貴×加藤浩次スペシャル対談 なぜ僕らは『マンダロリアン』にハマるのか?

『マンダロリアン』STORY
舞台は『スター・ウォーズ エピソード6/ジェダイの帰還』の5年後の世界。主人公は一流の腕を誇る孤高の賞金稼ぎマンダロリアン。素顔も本名すらも明かさない一匹狼の彼が命をかけて守るのは、フォースの力を秘めた子ども、ザ・チャイルド。銀河を駆け巡り、危険な旅を続ける2人。その先にはどんな物語が待ち受けているのか?

©2020 & TM Lucasfilm Ltd.

PROFILE

  • 山崎 貴(映画監督)

    1964年長野県生まれ。2000年映画監督デビュー。日本映画界におけるCGを駆使したVFX(視覚効果)の第一人者。代表作に『ALWAYS 三丁目の夕日』『永遠の0』『アルキメデスの大戦』など。

  • 加藤 浩次(お笑い芸人)

    1969年北海道生まれ。芸人だけでなくMC、司会としても活躍。現在、朝の情報番組「スッキリ」(日本テレビ系)、「がっちりマンデー!!」(TBS系)など多数のレギュラー番組を抱える。

『マンダロリアン』ディズニープラスで独占配信中

2020年12月18日(金)17時から、いよいよ『マンダロリアン』シーズン2の最終回が配信されます。ディズニープラスでは、『マンダロリアン』のシーズン1、シーズン2、『スター・ウォーズ』映画全9作が視聴できるほか、ここでしか見られないオリジナル作品も見放題です。

>ディズニープラスの公式ページはこちら

また『マンダロリアン』を語りつくす番組“『マンダロリアン』語り場”をスター・ウォーズ公式Twitterで生配信。さらに本編や予告編を見て、「スター・ウォーズ」の“魂”を感じたポイントをTwitterに投稿して、番組に参加できます。豪華賞品が当たるキャンペーンも実施中。

>詳細はこちら

REACTION

LIKE
連載をフォローする

SHARE

  • LINEでシェア

FOR YOU あなたにおすすめの記事

RECOMMEND おすすめの記事

&MEMBER限定の機能です

&MEMBERにご登録(無料)いただくと、気に入った記事に共感を示したり、コメントを書いたり、ブックマークしたりできます。こうしたアクションをする度にポイント「&MILE」がたまり、限定イベントやプレゼントの当選確率が上がります。

&MEMBERログイン

ID(メールアドレス)
パスワード

パスワードを忘れた方はこちら

&MEMBER登録はこちら

&MILEの加算アクション

  • &MEMBER新規登録:100マイル

    *今後、以下のアクションも追加していきます

  • 朝日新聞デジタル有料会員の継続:100マイル
  • ログインしてサイト訪問:10マイル
  • 記事に「LIKE」を押す:10マイル
  • コメントの投稿:30マイル
  • 自分のコメントに「LIKE」がつく:10マイル
  • アンケート回答:30マイル
  • 「朝日新聞SHOP」での購入:50マイル
  • イベント申し込み:50マイル

&MILEの獲得数に応じてステージがあがり、ステージがあがるごとに
&MEMBER限定のイベントやプレゼントの当選確率が上がります。詳細はこちら