&w

ほんやのほん
連載をフォローする

おとぎ話の料理を、さあどうぞ。ページをめくるたび幸せな気持ちに

おとぎ話の料理を、さあどうぞ。ページをめくるたび幸せな気持ちに
撮影/馬場磨貴 (撮影協力/エセルの中庭)

『台所のメアリー・ポピンズ』

長きにわたり人気のある作品なので、ご説明するまでもないかもしれませんが、イギリスの児童文学の代表作品『メアリー・ポピンズ』。その台所編とも言うべき本書を、今回はご案内します。物語でメアリー・ポピンズたちが作った料理など、イギリスの伝統料理からデザートまで、計57品のお料理が挿絵と共に紹介されています。

ある1週間、メアリー・ポピンズとバンクス家の子どもたちは留守番をすることになりました。その間、みんなで料理をすることになったのです。そんないつもとは違う、少しだけ特別な時間がはじまります。次から次へと巻き起こる出来事を通して、愉快で個性あふれる登場人物たちの虜(とりこ)になっていきます。フルカラーの挿絵は、制作された当初から多くの時間が経過しているにもかかわらず、いつまでも色あせることなく、今日見ても温かなぬくもりいっぱいです。

作者のP.L.トラヴァースは、オーストラリア生まれ。25歳のときにイギリスに渡り、「メアリー・ポピンズ」シリーズを50年以上かけて書き上げました。そして、挿絵画家のメアリー・シェパードは、あの有名な「くまのプーさん」の挿絵画家であるE.H.シェパードの娘であり、「メアリー・ポピンズ」シリーズのすべての挿絵を描いています。

おとぎ話の料理を、さあどうぞ。ページをめくるたび幸せな気持ちに
『台所のメアリー・ポピンズ』P.L.トラヴァース(作)、メアリー・シェパード(絵)、小宮由、アンダーソン夏代(訳) アノニマ・スタジオ 1,600円+税

物語、挿絵、料理と様々な入り口があるところも本書の魅力。物語に登場する料理は、おなじみの「フレンチトースト」から、私自身も初めて知った「ランカシャー・ホットポット」など多種多様です。その材料や調理方法、挿絵からどんな味がするのだろうとイメージするだけで、おなかがぐうっと鳴ってしまいます。

一見難しそうでも比較的シンプルなレシピが多いので、物語に登場する料理がきちんと作れそうなところも大事なポイント。難しすぎて作れなかった……では悲しいですからね。ほかにも、イギリスのレシピらしく、紅茶の淹(い)れ方がきちんと載っているところはさすがです。

本文の少し難しい漢字にはルビも振ってあるので、子どもから大人まで幅広い年齢層の方々に楽しんで頂けます。真っ赤な見た目の本は、とても愛らしく手元に置いておきたくなる欲をくすぐります。そして、誰かを思いながらプレゼントしてみたくもなるのではないでしょうか。

ページをめくるたびに幸せな気持ちがあふれてくるメアリー・ポピンズの世界は、いつどんなときでも、私たちを平等に優しく迎え入れてくれます。

おとぎ話の料理を、さあどうぞ。ページをめくるたび幸せな気持ちに
#
PROFILE
大川愛

おおかわ・あい
柏の葉 蔦屋書店 食コンシェルジュ
書店・出版社で、主に実用書や絵本の担当を経験。本に囲まれている環境が、自らにとって自然と感じる。

REACTION

LIKE
連載をフォローする

SHARE

  • LINEでシェア

FOR YOU あなたにおすすめの記事

POPULAR 人気記事

※アクセスは過去7日間、LIKE、コメントは過去30日間で集計しています。

RECOMMEND おすすめの記事

&MEMBER限定の機能です

&MEMBERにご登録(無料)いただくと、気に入った記事に共感を示したり、コメントを書いたり、ブックマークしたりできます。こうしたアクションをする度にポイント「&MILE」がたまり、限定イベントやプレゼントの当選確率が上がります。

&MEMBERログイン

ID(メールアドレス)
パスワード

パスワードを忘れた方はこちら

&MEMBER登録はこちら

&MILEの加算アクション

  • &MEMBER新規登録:100マイル

    *今後、以下のアクションも追加していきます

  • 朝日新聞デジタル有料会員の継続:100マイル
  • ログインしてサイト訪問:10マイル
  • 記事に「LIKE」を押す:10マイル
  • コメントの投稿:30マイル
  • 自分のコメントに「LIKE」がつく:10マイル
  • アンケート回答:30マイル
  • 「朝日新聞SHOP」での購入:50マイル
  • イベント申し込み:50マイル

&MILEの獲得数に応じてステージがあがり、ステージがあがるごとに
&MEMBER限定のイベントやプレゼントの当選確率が上がります。詳細はこちら