&M

山城さくらのキャンプFM
連載をフォローする

冬キャンプに革命を! 心身ほぐれる電熱線あったかギア

2020年を象徴する漢字に「密」が選ばれました。

野外のキャンプなら3密にならないからOK!なんて声もちらほら聞こえつつ、流行語大賞にもソロキャンプがノミネートされ、ますますキャンプブームが加速した2020年。

テレビでも、密を避けるためなのかキャンプロケの番組をよく見た気がします。

とはいえ、3月にステイホームが求められるようになってからはキャンプにも行けず、我慢の日々でした。部屋で炎を鑑賞できる「バイオエタノール暖炉」を買ったり、部屋の中でキャンプができないかと小さめのギアを購入して遊んでみたりと、私も夫も気がつけばネットでポチポチしていた気がします。毎週のように、山だ! 川だ! 富士山だ!とキャンプに行っていた分、フラストレーションは物欲へ。佐川さん、ヤマトさんには本当にお世話なりました。

半年ぶりに行ったキャンプでは、車から降りて土の匂いを体いっぱいに吸い込んだ瞬間、感情の正体はわかりませんが泣きそうに。当たり前ですが土の匂いで泣きそうになったことは初めてで、体の内側から元気がでてくる感覚に、ああ自然の力にはかなわないなぁなんて思ったり。

ということで、この連載も今年最後の更新です。

お買い物に励んだ2020年。ラストは何を紹介しようかなと悩んだのですが、特に機能性に感動した……いや冬キャンプに革命を起こした電熱線ギアたちを紹介させてください。

1.電熱線ダウンベスト

こちらはAmazonで購入した、中国製のヒートベスト。

冬キャンプに革命を! 心身ほぐれる電熱線あったかギア

購入後、なぜか商品名・画像がまったく別の物に差し替わり、到着まで不安でしたが……(笑)。効果は絶大。本当に買ってよかった。

ベストの内側ポケットにUSBケーブルが付いており、モバイルバッテリー(別売り)を装着してスイッチをONにすればぬくもりが。温かさは3段階あります。

冬キャンプに革命を! 心身ほぐれる電熱線あったかギア

キャンプではあまり動かないとはいえ、アウトドアは服を着る順番がとても重要。着替えるのが面倒だからと、フリースの上からヒートベストを着ても効果が半減してしまうので、必ず「吸湿速乾(肌着)→発熱(ヒートベスト)→保温(フリース・ダウン)」の順番で。

いつもはフリースの上に更にダウンも着ていましたが(それでも冷える)、フリースの下にヒートベストを忍ばせればダウンもいらないくらい暖かいのです。着ぶくれしないのでかなり動きやすく、軽いので肩もこりにくくなりました。(寒いと縮こまるし服が重いしで肩が凝りませんか……?)

2.電熱線寝袋

とにかく朝晩が冷える冬のキャンプ。とはいえ、保温効果の高い冬山用の寝袋はとにかく高くて(本当に……本当に高い……)、5年前に買った寝袋を湯たんぽでごまかしながらずっと使ってきました。が、念願のヒート寝袋をゲットしました! しかもお値段約1万円。

購入したのは、国内アウトドアブランド「NEUTRAL OUTDOOR」のヒートシュラフです。

冬キャンプに革命を! 心身ほぐれる電熱線あったかギア

ベストと同じく内側のポケットにUSBケーブルが付いているのでモバイルバッテリーを装着してスイッチをONにするだけ。首・腰・足の3カ所からじんわり温まります。

冬キャンプに革命を! 心身ほぐれる電熱線あったかギア

どう見ても羽毛たっぷりのふわふわ系ではない(むしろ春秋用のお布団ぐらいの薄さ)ので、本当に暖かいのか不安でしたが、マイナス3度の山の中でも朝までぐっすりでした。

※ちなみに、ー晩中持つほど容量の多いモバイルバッテリーでないと、夜中に切れて泣きをみるので、寝袋用に大容量のものを購入することをおすすめします。

見た目はおいといて、手足が出せるので朝寝袋からでられないときも重宝します。夢のお布団にはいったまま移動……!

冬キャンプに革命を! 心身ほぐれる電熱線あったかギア

見た目はおいておいて。

冬キャンプに革命を! 心身ほぐれる電熱線あったかギア

 

3.電熱線チェアカバー

最後は以前もご紹介した、ヒーターチェアカバー

冬キャンプに革命を! 心身ほぐれる電熱線あったかギア

通気性が良すぎるアウトドア用の椅子はとにかくおしりが冷えて、いつもカイロを椅子にはってお手製ヒーターチェアをつくっていたほど。

手持ちのHelinoxにヒーターチェアカバーを上からスポッとかぶせて、これまた同じくモバイルバッテリーをつければ、車のヒートシートのように暖かくなり心身ともにほぐれます。

冬キャンプに革命を! 心身ほぐれる電熱線あったかギア

焚(た)き火にあたりながらヒートチェアに座り、星空を眺めながら熱燗(かん)をたしなむ。これぞ冬キャンの醍醐味(だいごみ)。

 

◇◆◇

以上、電熱線を使用したあったかグッズの紹介でした。

季節を見逃したくない!とか、冬の景色が一番好き!なんて言いながら、やっぱり寒いのはつらいもの。

テクノロジーの進化に感謝しながら、「ブッシュクラフト(自然環境の中における『生活の知恵』の総称、その行為や技術)」にあこがれて火打ち石で火をおこす……なんて矛盾も楽しみながら、今年の冬もめいっぱい外遊びができそうです。

みなさま、本年もありがとうございました。来年も「山城さくらのキャンプFM」をよろしくおねがいします!

※充電切れと突然の故障が怖いので、替えのモバイルバッテリーともしものときの寒さ対策は忘れずに!

(文・写真 山城さくら)

REACTION

LIKE
COMMENT
0
連載をフォローする

SHARE

  • LINEでシェア

FOR YOU あなたにおすすめの記事

RECOMMEND おすすめの記事

&MEMBER限定の機能です

&MEMBERにご登録(無料)いただくと、気に入った記事に共感を示したり、コメントを書いたり、ブックマークしたりできます。こうしたアクションをする度にポイント「&MILE」がたまり、限定イベントやプレゼントの当選確率が上がります。

&MEMBERログイン

ID(メールアドレス)
パスワード

パスワードを忘れた方はこちら

&MEMBER登録はこちら

&MILEの加算アクション

  • &MEMBER新規登録:100マイル

    *今後、以下のアクションも追加していきます

  • 朝日新聞デジタル有料会員の継続:100マイル
  • ログインしてサイト訪問:10マイル
  • 記事に「LIKE」を押す:10マイル
  • コメントの投稿:30マイル
  • 自分のコメントに「LIKE」がつく:10マイル
  • アンケート回答:30マイル
  • 「朝日新聞SHOP」での購入:50マイル
  • イベント申し込み:50マイル

&MILEの獲得数に応じてステージがあがり、ステージがあがるごとに
&MEMBER限定のイベントやプレゼントの当選確率が上がります。詳細はこちら