&Travel

海の見える駅 徒歩0分の絶景
連載をフォローする

「北の湘南」で見つけた肉薄する海と山 北海道の黄金駅と北舟岡駅

北海道に「北の湘南」と呼ばれる街がある。有珠山のふもとにある伊達市だ。市の南西に続くゆるやかな海岸には本家・神奈川県の湘南でも見られない、迫力ある二つの海の見える駅があった。

連載「海の見える駅 徒歩0分の絶景」は、アマチュア写真家の村松拓さんが、海のそばにある駅で撮った写真を紹介しながら、そこで出会ったこと、感じたことをつづります。

夕日にきらめく海と有珠山を望む、黄金駅

残雪が目につく、2013年3月。JR室蘭線の東室蘭駅から洞爺湖温泉行きのバスに乗り、揺られることおよそ40分。黄金(こがね)というバス停で降りると、すぐさま黄金駅の五角形の駅舎が、シルエットとなって浮かび上がった。この日ひとつ目の目的地、黄金駅だ。時刻は午後4時。背後では噴火湾(内浦湾)が西日を照り返して、きらきらと輝いている。

「北の湘南」で見つけた肉薄する海と山 北海道の黄金駅と北舟岡駅

室蘭線は、札幌と函館を結ぶ特急「北斗」や貨物列車が行き交い、北海道の大動脈ともいえる路線。しかし、普通列車の本数は少なく、4時間以上間が空くこともある。このときバスで訪れたのも、列車の時間が合わなかったためだ。

駅舎を通り抜け、いざホームへ。駅と海との間はおよそ50メートル。数えるほどの民家があるくらいで、木が生えている様子もなく、海からの風が容赦なく体にぶつかる。北海道でも比較的暖かいという伊達市だが、3月の海風はさすがに痛いほど冷たい。

「北の湘南」で見つけた肉薄する海と山 北海道の黄金駅と北舟岡駅

北を見れば、海岸に打ち付ける白波の向こうに、標高733mの有珠山がどっしりと構えていて、ひときわ存在感を放つ。一方、足元のホームはところどころ砂利敷き。遠景の壮大さと、近景の物寂しさの対比が印象的だ。

「北の湘南」で見つけた肉薄する海と山 北海道の黄金駅と北舟岡駅
「北の湘南」で見つけた肉薄する海と山 北海道の黄金駅と北舟岡駅
ちなみに駅名の由来は、かつての地名「黄金蘂(おこんしべ)」で、アイヌ語で「オコムプシペ」(河口に昆布のある所)という意味だそう。夕日の美しさとは関係がなかった

夕日を反射する海面はまさに、まぶしい「黄金」色。このまま日が沈むまで眺めていたかったが、今日はもうひとつ捨てきれない目的地がある。ちょっぴり名残惜しい気持ちで、次の長万部(おしゃまんべ)行き列車に乗り込んだ。

NEXT PAGE北海道で海を最も間近に感じる 北舟岡駅

REACTION

LIKE
COMMENT
0
連載をフォローする

SHARE

  • LINEでシェア

FOR YOU あなたにおすすめの記事

RECOMMEND おすすめの記事

&MEMBER限定の機能です

&MEMBERにご登録(無料)いただくと、気に入った記事に共感を示したり、コメントを書いたり、ブックマークしたりできます。こうしたアクションをする度にポイント「&MILE」がたまり、限定イベントやプレゼントの当選確率が上がります。

&MEMBERログイン

ID(メールアドレス)
パスワード

パスワードを忘れた方はこちら

&MEMBER登録はこちら

&MILEの加算アクション

  • &MEMBER新規登録:100マイル

    *今後、以下のアクションも追加していきます

  • 朝日新聞デジタル有料会員の継続:100マイル
  • ログインしてサイト訪問:10マイル
  • 記事に「LIKE」を押す:10マイル
  • コメントの投稿:30マイル
  • 自分のコメントに「LIKE」がつく:10マイル
  • アンケート回答:30マイル
  • 「朝日新聞SHOP」での購入:50マイル
  • イベント申し込み:50マイル

&MILEの獲得数に応じてステージがあがり、ステージがあがるごとに
&MEMBER限定のイベントやプレゼントの当選確率が上がります。詳細はこちら