&Travel

海の見える駅 徒歩0分の絶景
連載をフォローする

ホームを「額縁」にして見る島と船 山口県・大畠駅

屋根のない開放的な駅もいいけれど、大畠(おおばたけ)駅は、屋根があるからこそ絵になる駅だ。ホームに立つ木造の上屋越しに見る瀬戸内海の情景は、まるで額縁に飾られた絵画のよう。近くに迫る海と島、そしてときおりフレームインしてくる船は迫力も十分。列車待ちの間、ずっと眺めていたくなる情景があった。

連載「海の見える駅 徒歩0分の絶景」は、アマチュア写真家の村松拓さんが、海のそばにある駅で撮った写真を紹介しながら、そこで出会ったこと、感じたことをつづります。

何度見ても飽きない「絵」

山陽新幹線の徳山駅から、JR山陽線の普通列車で東へ。40分ほどして、車窓の右手に瀬戸内海が広がると、まもなく大畠駅に到着する。

大畠駅は、山口県東部の柳井市にある有人駅だ。海側と山側にそれぞれ長いホームが、山側には平屋の駅舎があり、旧大畠町の玄関口だった風格を感じさせる造りだ。また、駅の南にある周防大島(屋代島=やしろじま)への玄関口ということもあり、タクシープールやバスロータリーも備える。

ホームを「額縁」にして見る島と船 山口県・大畠駅

訪れたのは、2016年10月。何人かの乗客を降ろして列車が去ると、向かいにある海側のホーム越しに、瀬戸内海が見えた。上屋がまるで額縁のようになり、間近に迫る海の青と空の青、そして背後の島の緑を鮮やかに切り取る。

ホームを「額縁」にして見る島と船 山口県・大畠駅

実はこの日で3回目となる大畠駅の訪問。近くを通るたび、この絵画のような景色を眺めたくなり、ふと降り立ってしまうのだ。見るたびに景色が大きく変わるわけではないが、この日は午後3時を回っており、西日によって伸びる柱の影が少しばかり哀愁を感じさせた。

NEXT PAGE間近に見える大小二つの島

REACTION

LIKE
COMMENT
0
連載をフォローする

SHARE

  • LINEでシェア

FOR YOU あなたにおすすめの記事

RECOMMEND おすすめの記事

&MEMBER限定の機能です

&MEMBERにご登録(無料)いただくと、気に入った記事に共感を示したり、コメントを書いたり、ブックマークしたりできます。こうしたアクションをする度にポイント「&MILE」がたまり、限定イベントやプレゼントの当選確率が上がります。

&MEMBERログイン

ID(メールアドレス)
パスワード

パスワードを忘れた方はこちら

&MEMBER登録はこちら

&MILEの加算アクション

  • &MEMBER新規登録:100マイル

    *今後、以下のアクションも追加していきます

  • 朝日新聞デジタル有料会員の継続:100マイル
  • ログインしてサイト訪問:10マイル
  • 記事に「LIKE」を押す:10マイル
  • コメントの投稿:30マイル
  • 自分のコメントに「LIKE」がつく:10マイル
  • アンケート回答:30マイル
  • 「朝日新聞SHOP」での購入:50マイル
  • イベント申し込み:50マイル

&MILEの獲得数に応じてステージがあがり、ステージがあがるごとに
&MEMBER限定のイベントやプレゼントの当選確率が上がります。詳細はこちら