&w

よなよなハンコ
連載をフォローする

学生時代を思い出す? 百世流のインク整理術

消しゴムハンコ作家で、忌野清志郎さんの長女・百世(ももよ)さんの連載「よなよなハンコ」。いつのまにか増えていく、消しゴムハンコ用のインク……。百世さんが思いついた、インクの整理方法とは?

最近、いつも消しゴムハンコを押すときに使っている、インクパッドの色見本帳をつくりました! コツコツ集めていたら、いつの間にかインクが400個くらいになってしまい、持っている色を把握するのが難しくなってきたんですよね。

インクにもいろんな種類があって、紙以外にも布や金属、木材、プラスチックなどにも押せるインクがあるのですが、他の素材に押すとハンコの印象がまた変わって面白かったり。それでまたいろいろと集めちゃうんですよね~。

持ってるインクとインクの“中間の色“が使いたくて、混ぜて使うこともよくありますね。色の組み合わせ方や紙の種類次第では同じ色を使っていても見え方が変わったりするので、色決めって結構悩むことが多いんです。

それなので色見本帳があったら、手元にあるインクの把握もできるし、色の組み合わせで迷うことも減りそうかな、と思い立ってすぐ作ることに! カッターで紙を同じ大きさに切っていき、その紙にハンコをひとつずつ押していきました。さらにインクのブランド名と色番号、色の名前も記入し、最後にパンチで穴をあけ、ヒモかカードリングを通したら一枚が完成!

学生時代を思い出す? 百世流のインク整理術

単語帳のようにペラペラとめくれる仕様になりました。これなら新しいインクを買っても追加できるからいいな。学生のとき作った英語の単語帳は作って満足して終わっていたけど、これはちゃんと使えそう! 英語表記で書いたので、ついでに色の英単語もいっぱい覚えられそうだ。

いつも馴染みがある色をよく使いがちだったので、これで今まで出番があまり無かった色もガンガン使っていけそうです。実は、色が分かりやすいように同じペンギンのハンコを押して作ったのですが、色を変える度に拭き取って、また違う色を押していくのが思った以上に時間のかかる作業だったので、まだまだ全く作り終わらなそうなんですけどね……!

今回の消しゴムハンコは、色見本帳を作る女の子です。まわりにいるのはインクパッドのキャラクターたち。全部で11色使い、カラフルな作品にしてみました!

つくりかけの色見本帳を使ってみたら、こんな色も持ってた、って気付くことができました。これから使っていくのが楽しみだな〜。

さて、よなよなハンコもあと少しで終わりを迎えることとなりました。あと数回ですが、楽しく書いていけたらいいなと思っています。最後までよろしくお願いします!

百世

【編集部より】
「よなよなハンコ」は3月18日と4月1日、残り2回のエピソード配信をもって終わります。最後までぜひお楽しみください。

>>「よなよなハンコ」 記事一覧

REACTION

LIKE
連載をフォローする

SHARE

  • LINEでシェア

FOR YOU あなたにおすすめの記事

POPULAR 人気記事

※アクセスは過去7日間、LIKE、コメントは過去30日間で集計しています。

RECOMMEND おすすめの記事

&MEMBER限定の機能です

&MEMBERにご登録(無料)いただくと、気に入った記事に共感を示したり、コメントを書いたり、ブックマークしたりできます。こうしたアクションをする度にポイント「&MILE」がたまり、限定イベントやプレゼントの当選確率が上がります。

&MEMBERログイン

ID(メールアドレス)
パスワード

パスワードを忘れた方はこちら

&MEMBER登録はこちら

&MILEの加算アクション

  • &MEMBER新規登録:100マイル

    *今後、以下のアクションも追加していきます

  • 朝日新聞デジタル有料会員の継続:100マイル
  • ログインしてサイト訪問:10マイル
  • 記事に「LIKE」を押す:10マイル
  • コメントの投稿:30マイル
  • 自分のコメントに「LIKE」がつく:10マイル
  • アンケート回答:30マイル
  • 「朝日新聞SHOP」での購入:50マイル
  • イベント申し込み:50マイル

&MILEの獲得数に応じてステージがあがり、ステージがあがるごとに
&MEMBER限定のイベントやプレゼントの当選確率が上がります。詳細はこちら