&Travel

城旅へようこそ
連載をフォローする

練馬城、世田谷城、渋谷城……こんなにあった東京23区の城!

日本の城を知り尽くした城郭ライター萩原さちこさんが、各地の城をめぐり、見どころや最新情報、ときにはグルメ情報もお伝えする連載「城旅へようこそ」。今回は東京23区内の城を紹介します。練馬城、世田谷城、渋谷城……。江戸城以外にこんなにたくさん、しかもあの有名な場所も城跡だった!と驚きます。
(トップ写真は世田谷城。世田谷城址〈じょうし〉公園になっている)

【動画】世田谷城を歩く

都市化され歴史の片鱗(へんりん)が感じにくい東京都内に、200以上の城館があることをご存知だろうか。ほとんど何も残っていない跡地に近い城も多いが、全国的にみても名城と呼べる城もあり、どんな地域にも必ず歴史が息づいていることを教えてくれる。今回からは、東京都内の城をシリーズで紹介する。まずは23区内の城をめぐってみよう。

閉園した「としまえん」は練馬城跡

2020(令和2)年8月、東京都練馬区の老舗遊園地「としまえん」が閉園し話題になった。閉園のニュースを通じて、所在地が豊島区ではなく練馬区だったことに驚いた方も多いのではないだろうか。「としまえん」の名称は、平安時代から戦国時代にかけてこの地で勢力を持った豪族・豊島氏にちなんでいる。としまえんは豊島氏が築いた練馬城の跡地に造られた。ウォータースライダー「ハイドロポリス」のあたりが城跡と推定され、1927(昭和2)年の写真には曲輪(くるわ)を囲む土塁が写っている。プール増設工事の際にも、空堀と虎口の一部が調査された。

中世にタイムスリップ 石神井公園内の石神井城跡

同じ練馬区内の都立石神井(しゃくじい)公園も、豊島氏の城だった石神井城の跡地だ。豊島勘解由左衛門尉(かげゆさえもんのじょう)の城で、1477(文明9)年に太田道灌(どうかん)に攻められ落城したとされる(諸説あり)。三宝寺池の南側に土塁と堀跡が残り、中世にタイムスリップしたような気分が味わえる。全容は明らかではないが、ここに土塁で囲まれた曲輪があったことが想像できる。城は三宝寺池と石神井川の流れが浸食した舌状台地にあり、城の南北は崖線(がいせん)になっていたようだ。

練馬城、世田谷城、渋谷城……こんなにあった東京23区の城!

石神井城に残る土塁と堀

吉良氏の世田谷城は城址公園に

閑静な住宅地に残るのが、世田谷区の世田谷城だ。南北朝時代に吉良氏が足利基氏から世田谷領を拝領し、世田谷城を築いたとされる。以後、1590(天正18)年の豊臣秀吉による小田原攻めで北条氏が滅亡するまで、北条氏と姻戚関係にあった吉良氏が居城とした。

練馬城、世田谷城、渋谷城……こんなにあった東京23区の城!

世田谷城・主郭東側下段の曲輪

ちなみに東京都無形民俗文化財に指定されている「世田谷のボロ市」は、北条氏政が1578(天正6)年に世田谷城下に開いた楽市が発祥だ。

練馬城、世田谷城、渋谷城……こんなにあった東京23区の城!

今も続く世田谷のボロ市(2020年12月と2021年1月は中止)

世田谷城は北側を通る滝坂道と東側の鎌倉道が交差する地点、蛇行する目黒川の支流・烏山(からすやま)川に囲まれた舌状台地上にあった。烏山川の下流約2.5キロにある三宿城のほか、北方約1キロの赤堤砦(とりで)、南方約1キロの弦巻(つるまき)砦と連動していたようだ。

練馬城、世田谷城、渋谷城……こんなにあった東京23区の城!

遊歩道がつくられ、散歩に訪れる人々もちらほら

現在は世田谷城址公園として整備され、住宅地の希少な緑のオアシスとなっているが、一部ではあるものの土塁や堀などの名残が見られ、城ファンとしては心躍るものがある。よく残っているのは、主郭の土塁。主郭は土塁と堀で囲まれていたと思われ、東側と南東隅部の土塁が残る。一部だけの残存とはいえ、その規模はなかなか圧巻だ。主郭は南北約120メートル×東西約60メートルほどだったらしい。

主郭を中心として、複数の曲輪が複雑に展開していたようだ。主郭東側には薬研堀(やげんぼり)と並行して帯曲輪があり、さらに東側に箱堀があった。帯曲輪の南側には直線的に曲輪が並び、これらの東側下段には、土塁を隔てて南北に長い曲輪がある。その東側下段にも、さらに曲輪と堀があったらしい。帯曲輪の南側にも、西端に土塁が残る曲輪と、腰曲輪が確認されている。

練馬城、世田谷城、渋谷城……こんなにあった東京23区の城!

主郭南東隅の土塁

公園の北に隣接する豪徳寺は城域に含まないとされるが、豪徳寺を含むとする説もあり、はっきりわかっていない。この地域の拠点のあり方や中世の城の構造を考える上でおもしろい城だ。世田谷城は1530(享禄3)年には上杉朝興(ともおき)の攻撃で落城しており、その後に強化すべく改修された可能性があるのも興味深い。

九品仏の浄眞寺は奥沢城の跡

世田谷区内には、奥沢城もある。東急九品仏(くほんぶつ)駅からほど近い浄眞寺が、その跡地だ。九品仏という珍しい駅名は、浄眞寺に安置されている9体の阿弥陀如来像に由来する。奥沢城は、徳川家康が関東に入った1590年以降は荒廃地となっていたが、寺地として名主の七左衛門が1665(寛文5)年に譲り受けたのち、珂碩(かせき)上人が1678(延宝6)年に浄眞寺を開き、現在に至る。

奥沢城主とされる大平氏は世田谷城主の吉良頼康の家臣で、奥沢城は世田谷城の出城として頼康が築いたと考えられている。周辺は完全な住宅地で戦国時代どころか江戸時代の情緒もまったくないが、それでも奥沢城の跡地に浄眞寺が創建されたおかげで、奇跡的に城の一部が残っているのだから感激してしまう。

練馬城、世田谷城、渋谷城……こんなにあった東京23区の城!

浄眞寺が建つ奥沢城跡

城ファンとしては、山門よりも山門の両側にある土塁に目がくぎ付けになる。曲輪を囲む、れっきとした城の片鱗だ。土塁が途切れているのは、山門をつくる際に切り崩されたからだろう。土塁のラインを目で追うと境内をぐるりと囲んでおり、浄眞寺が奥沢城の主郭にすっぽりと収まっていることがわかる。残るのは主郭のみだが、主郭の南側、堀を挟んだ北側にも曲輪があった可能性が高い。

発掘調査では、土塁西側の道路面から深さ約1.5メートルの堀が見つかっている。興味深いのは、この堀が北条氏の城でよく見られる畝堀(うねぼり)または箱薬研堀であったとみられることだ。大平氏が後に実質的な北条氏康の家臣となっていくことを考えると、その時期に改修されたのかもしれない。また、少なくとも土塁の三方が堀で囲まれていたことも明らかになっている。

練馬城、世田谷城、渋谷城……こんなにあった東京23区の城!

土塁に囲まれた浄眞寺の境内

九品仏駅近くに「城前」、浄眞寺の東に「城向」という小字がかつてあり、そのあたりまで城域だった可能性がある。どうやら大手門は、九品仏交番の近くにあったようだ。奥沢小学校付近は「出張り」と呼ばれる、奥沢城を守る砦跡と考えられている。宅地化された東京都内では、明らかな城の片鱗にはなかなか出合えないが、こうして地名や周辺の地形をたどると、往時の姿を連想できる。これが、とても楽しい。

白金長者屋敷や、志村城も

練馬城、世田谷城、渋谷城……こんなにあった東京23区の城!

白金長者屋敷に残る土塁。構築時期は不明

港区白金台の国立科学博物館附属自然教育園は、室町時代の豪族の館とされる「白金長者屋敷」の跡。渋谷駅から徒歩約5分のところにある金王(こんのう)八幡宮は、渋谷氏の渋谷城跡だ。ほかにも、葛西城(葛飾区)、赤塚城、志村城(ともに板橋区)、稲付城(北区)など、東京23区内にもたくさんの城があった。

遠出できない今こそ、なじみの街の城跡に注目し、往時に思いをはせてみてはいかがだろうか。

練馬城、世田谷城、渋谷城……こんなにあった東京23区の城!

板橋区の志村城に建つ石碑

(この項おわり。次回は3月15日に掲載予定です)

#交通・問い合わせ・参考サイト

■石神井城
https://www.city.nerima.tokyo.jp/kankomoyoshi/annai/rekishiwoshiru/rekishibunkazai/bunkazai/b007.html(練馬区)

■世田谷城(世田谷城阯公園)
https://www.city.setagaya.lg.jp/mokuji/kusei/012/015/001/003/d00014476.html(世田谷区)

■奥沢城
https://www.city.setagaya.lg.jp/mokuji/bunka/001/004/d00128556.html(世田谷区)

REACTION

LIKE
COMMENT
0
連載をフォローする

SHARE

  • LINEでシェア

FOR YOU あなたにおすすめの記事

POPULAR 人気記事

※アクセスは過去7日間、LIKE、コメントは過去30日間で集計しています。

RECOMMEND おすすめの記事

&MEMBER限定の機能です

&MEMBERにご登録(無料)いただくと、気に入った記事に共感を示したり、コメントを書いたり、ブックマークしたりできます。こうしたアクションをする度にポイント「&MILE」がたまり、限定イベントやプレゼントの当選確率が上がります。

&MEMBERログイン

ID(メールアドレス)
パスワード

パスワードを忘れた方はこちら

&MEMBER登録はこちら

&MILEの加算アクション

  • &MEMBER新規登録:100マイル

    *今後、以下のアクションも追加していきます

  • 朝日新聞デジタル有料会員の継続:100マイル
  • ログインしてサイト訪問:10マイル
  • 記事に「LIKE」を押す:10マイル
  • コメントの投稿:30マイル
  • 自分のコメントに「LIKE」がつく:10マイル
  • アンケート回答:30マイル
  • 「朝日新聞SHOP」での購入:50マイル
  • イベント申し込み:50マイル

&MILEの獲得数に応じてステージがあがり、ステージがあがるごとに
&MEMBER限定のイベントやプレゼントの当選確率が上がります。詳細はこちら