あの街の素顔
連載をフォローする

流氷の上で、アザラシの赤ちゃんに会った! カナダ・マドレーヌ諸島

1年前の今ごろ、わたしは流氷の上に寝そべっていた。目的は、アザラシの赤ちゃんに近づくためだ。
(文・写真・イラスト コヤナギユウ)

砂州でつながる六つの島

カナダ東部のセントローレンス湾に浮かぶ、12の島から成るマドレーヌ諸島。砂州でつながる六つの島がつくる形は、細長くてはかなげだ。約200平方キロメートルと、石垣島より少し小さい地で、約1万3千人が漁業などを営み、暮らしている。ケベック州に含まれ、公用語はフランス語だ。

流氷の上で、アザラシの赤ちゃんに会った! カナダ・マドレーヌ諸島

夏になるとロングビーチでの海水浴を楽しみに北米の観光客が集まるが、冬にはタテゴトアザラシ(ハープシール)の赤ちゃんを一目見ようと、世界中から観光客や第一線で活躍するプロの写真家やメディアが集まる。その高揚の中に、わたしも交ざることができた。

流氷の上で、アザラシの赤ちゃんに会った! カナダ・マドレーヌ諸島

この島へ行くにはプリンス・エドワード島など近隣の島からの船便もあるけれど、日本を出発して三つの飛行機を乗り継いだ。成田からモントリオールまで13時間、モントリオールからケベックシティまで50分、ケベックシティからガスペを経由し3時間半でマドレーヌ諸島に到着する。通常はモントリオールで1泊する。乗り継ぎ時間を考えると、合計で何時間かかるかはあまり計算したくない。しかもマドレーヌ諸島行きの飛行機はたびたび吹雪に見舞われ、欠航もしょっちゅうだ。深夜1時、無事にマドレーヌ諸島空港へ降り立った時には奇跡のように感じられた。

流氷の上で、アザラシの赤ちゃんに会った! カナダ・マドレーヌ諸島

3月上旬のマドレーヌ諸島は、氷で陸と海岸の境目があいまいになっていた

毎年2月下旬から3月上旬まで、約25万頭のタテゴトアザラシがセントローレンス湾の流氷の上にやってくる。ホッキョクグマやシャチなどの天敵がいないこの場所で、出産と子育てを行うためだ。ここへ行くツアーを唯一催行してるホテルが「シャトー・マドリノ」だ。宿泊(3泊から)と1日3食の食事に加え、1回のタテゴトアザラシ・ウォッチングツアー参加と防寒着のレンタル、島内ガイドツアーやスノーアクティビティ用品のレンタルまで含めた「オール・インクルーシブ」だ。ウォッチングツアーは追加申込みも可能。

流氷の上で、アザラシの赤ちゃんに会った! カナダ・マドレーヌ諸島

ホテルの裏庭にヘリコプターが止まっている。すぐそこは海だ

ヘリで1時間、セントローレンス湾の中央あたりに着陸

敷地内には4台のヘリコプターがあり、上空からアザラシのコロニーを探して流氷に上陸する。このツアーを行っているところは、世界でここしかない。だから、わたしのフライトでは日本人の新婚カップルと、ナショナルジオグラフィックの撮影クルーが一緒だった。プロの冒険家たちとひざを合わせてヘリコプターに乗るなんて、なかなかできることじゃない。

流氷の上で、アザラシの赤ちゃんに会った! カナダ・マドレーヌ諸島

ナショナルジオグラフィックの取材チームと同じヘリコプターで出発

流氷の上で、アザラシの赤ちゃんに会った! カナダ・マドレーヌ諸島

離陸したばかりの景色。流氷は薄そうだ

流氷の上で、アザラシの赤ちゃんに会った! カナダ・マドレーヌ諸島

1時間ほどで風景が変わってきた

離陸から1時間ほど、ふんわりと漂っていた流氷の密度がだんだんと濃くなり、その上に転々と黒い影が見えた。大人のアザラシたちだ。ヘリコプターを警戒して、カラスのようなブタのような鳴き声を上げている。パイロットは降りられそうな流氷を見極めて、ヘリコプターを着地させた。暑いくらいの快晴だ。

流氷の上で、アザラシの赤ちゃんに会った! カナダ・マドレーヌ諸島

陸から100キロほど、セントローレンス湾の真ん中あたりに降りた

どんなにしっかりしているように見えても、流氷は大地ではなく、流れてきた氷の寄せ集めだ。積雪で隠れている場所に氷の境目があって、海の中に落ちる、というのはよくある事故らしい。ストックで足元を確認しながら歩いて行く。

「まぁ、もしも海に落ちても、このオレンジの救命スーツは水に浮くので、大丈夫ですよ! カメラは気をつけてね」と、動物写真家の小原玲さんが笑う。小原さんは戦場写真家から動物写真家へ転身した異色の経歴を持ち、1990年にここでアザラシの赤ちゃんを撮影して以来約30年間、ほぼ毎年撮影に訪れている。最近は北海道の野鳥「シマエナガ」やホタル撮影でも活躍している。そんな小原さんが、このツアーのガイドを担当してくれた。

流氷の上で、アザラシの赤ちゃんに会った! カナダ・マドレーヌ諸島

アザラシへの近づき方を教えてくれる小原玲さん

出会ったのは「ホワイトコート」の赤ちゃん

流氷の上で、アザラシの赤ちゃんに会った! カナダ・マドレーヌ諸島

流氷上での滞在時間は約1時間。最初に出会ったアザラシの親子

アザラシの赤ちゃんは、お母さんの高栄養なお乳を飲み、毎日2キログラム以上成長しているそうだ。だから、日々姿が変わっていくらしい。生後3日のうちはお母さんの羊水の色で毛並みが黄色がかっている「イエローコート」、やがて色が抜け真っ白な毛並みの「ホワイトコート」になる。ホワイトコートも最初の1週間はほっそりしているが、生後10日にもなると丸々と太り首がどこにあるかも分からない姿になる。この頃からお母さんに促されて泳ぎを教わるようになるものの、生後2週間でお母さんは海へ戻り、取り残された赤ちゃんはここでサバイバルをするそうだ。やがて白い毛が抜けはじめた「ラグジャケット」から、すっかり白い毛が抜けた「ビーター」となって、流氷が小さくなり、大海原へ独り立ちしていく。

流氷の上で、アザラシの赤ちゃんに会った! カナダ・マドレーヌ諸島

転がって遊んでいる赤ちゃんを発見。毛皮の黄色味は抜けているが、まだへその緒がついている

わたしたちは、イエローコートからホワイトコートへ移り変わっているアザラシの赤ちゃんに出会うことができた。真っ白い流氷の上には、洗い流されることのない真っ赤な胎盤が落ちている。

流氷の上で、アザラシの赤ちゃんに会った! カナダ・マドレーヌ諸島

声を上げてお母さんを探している赤ちゃん。歯はまだない

真っ黒な目はまん丸で、ふわふわの白い毛と相まってぬいぐるみのようだ。一方で、はうようにして歩く前ひれについた爪は鋭く、野生動物なのだと実感する。あまり目は見えないそうで、母親かと思って人間に近づくものの、においでそうではないと気がつくと慌てて逃げていく。のどを絞るようにグアーグアーと鳴いてお母さんを呼ぶ。大きく開いた口にはまだ歯も生えてない。

流氷の上で、アザラシの赤ちゃんに会った! カナダ・マドレーヌ諸島

赤ちゃんと一緒に写る筆者。小原玲さんに撮っていただいた   ©Rei Ohara

驚かせないように、怖がらせないように、ゆっくりとほふく前進で近づきながら、一緒に写真を撮っていただいた。まだもう少し、そばにいられそうだと思い、ここぞとばかり写真を撮った。赤ちゃんの真っ黒な瞳にカメラを構えた、わたしが写る。どんな世界に、見えているんだろうか。

流氷の上で、アザラシの赤ちゃんに会った! カナダ・マドレーヌ諸島


毛並みや目の表情など、赤ちゃんの顔つきには個性があった

流氷の上で、アザラシの赤ちゃんに会った! カナダ・マドレーヌ諸島

どこまでも続く流氷が、アザラシの赤ちゃんを守っている

晴天はこの日だけだった。島に滞在中、ほかの日は雨と風が強いまま、帰国する日になった。幸い飛行機の欠航は免れたが、ケベックシティまで6時間もかかった。帰りはトロント経由で成田へ、スマホアプリでチケットを確認すると「あなたのチェックインリクエストは完了できません」の文字。新型コロナウイルスが世界中に拡大し始めて、次々に国境を閉じ始めたのだ。カウンターでチェックインを済ませ、無事に離陸したものの、飛行機はガラガラ。帰国してからあれよあれよと世界が一変。わたしは日々を平凡にやり過ごしながら筆もカメラもほとんど取らず、静かなパニックを自覚した。

今年は流氷の到着が遅いとニュースで見て、アザラシたちのことを心配した。暖冬で流氷が早く溶けると、アザラシの赤ちゃんは泳げるほど育つ前におぼれ死んでしまうことがあるそうだ。2月に入り、やっと流氷がやって来たと知って、ホッとしたが、マドレーヌ諸島付近には流氷が届かず、今年のツアーは中止になったという。

新型コロナウイルスのワクチンも日本にやって来たが、まだまだ数が少ないし、次々に発見される変異株に対しても有効なのか分からない。思うがままに移動するのはもうしばらくお預け、ガマンの時だ。それに、人間が移動しないことで動物は少しホッとできるかな、とも思う。

アザラシの赤ちゃんは、きっと今年も、あの真っ黒な瞳を輝かせてこの世界を見ている。

■カナダ・ケベック州観光局
https://www.bonjourquebec.com/

REACTION

LIKE
COMMENT
2
BOOKMARK

リアクションしてマイルをもらう

連載をフォローする

COMMENT

評価の高い順
コメントを書いてマイル獲得! みんなのコメントを見る

SHARE

  • LINEでシェア

FOR YOU あなたにおすすめの記事

POPULAR 人気記事

※アクセスは過去7日間、LIKE、コメントは過去30日間で集計しています。

RECOMMEND おすすめの記事

&MEMBER限定の機能です

&MEMBERにご登録(無料)いただくと、気に入った記事に共感を示したり、コメントを書いたり、ブックマークしたりできます。こうしたアクションをする度にポイント「&MILE」がたまり、限定イベントやプレゼントの当選確率が上がります。

&MEMBERログイン

ID(メールアドレス)
パスワード

パスワードを忘れた方はこちら

&MEMBER登録はこちら

&MILEの加算アクション

  • &MEMBER新規登録:100マイル
  • 記事に「LIKE」を押す:10マイル
  • コメントの投稿:30マイル
  • 自分のコメントに「LIKE」がつく:10マイル
  • *今後、以下のアクションも追加していきます

  • 朝日新聞デジタル有料会員の継続:100マイル
  • ログインしてサイト訪問:10マイル
  • アンケート回答:30マイル
  • 「朝日新聞SHOP」での購入:50マイル
  • イベント申し込み:50マイル

&MILEの獲得数に応じてステージがあがり、ステージがあがるごとに
&MEMBER限定のイベントやプレゼントの当選確率が上がります。詳細はこちら