&Travel

太公望のわくわく 釣ってきました
連載をフォローする

船から狙うメバル 大型3連に満足! 春の兵庫県・明石沖

西へ東へ、海へ川へと旅して釣りする太公望たちの奮闘記です。魚との知恵比べ、釣った魚で一杯……。目的は人それぞれながら、闘いの後の心地よい疲労と旅情は格別。今回は、釣りライターの安田明彦さんが、兵庫県明石市沖でメバル釣りに挑みます。大型がよく釣れているとの報に、長竿(さお)を使い、サビキ釣り、エサ釣りと試した結果は……。

30センチオーバーもよく釣れる、の報

春は名ばかりというのは、3月早朝の出船時にいつも思うこと。最低気温は5度前後。冬のウェアを着ていないと寒くて釣りどころではないんです。それが太陽が顔を出すと1枚脱ぎ、また1枚脱ぎと、身軽になっていくのです。

船から狙うメバル 大型3連に満足! 春の兵庫県・明石沖

明石海峡大橋の向こうから赤い朝日が

関西で緊急事態宣言が解除された後の3月2日、今シーズン大型のメバルが良く釣れている兵庫県明石市界隈(かいわい)の海。大型というのは、もちろん30センチオーバーのこと。しかもよい潮に当たれば、尺クラスをまじえて20尾くらいは出ている東二見の岩澤丸にお邪魔しました。

長竿使った独特の釣り方

このあたりのメバル釣りは独特です。まず竿(さお)は、4.5メートル以上の長竿を使います。仕掛けが長いという理由もあるのですが、竿が軟らかいほど食い込みも良いからです。船釣り専用のメバル竿もありますが、私は磯釣り用の竿を使っています。

船から狙うメバル 大型3連に満足! 春の兵庫県・明石沖

明石界隈ではみんな長竿でメバルを狙っている

仕掛けは細ハリスです。0.8号を中心に、0.6~1号が標準です。細いハリスをカバーする意味でも長くて軟らかい竿を使わなくてはならないのです。また、サビキ(疑似餌針)が主流になってきました。緑や赤といった色付きの皮が2、3入ったほうが、良く食うのです。特に緑色は効果抜群です。かといって、緑一色にすると、食わないそうです。緑が交じっている程度が良いのです。しかも、ハリも皮も小さい方がよく食うのです。大きいエサに見えるほうが良いように思えるんだけど……。

有利なはずのトモが空席……

この日は最低人数の5人での出船でした。いつもより早めに行ったつもりでしたが、道具を置いたのは一番最後でした。午前4時から船の席取りが可能なこの船は、5時に行ったのでは、遅いんですね。

ところがです、先着の4人はトモ(船尾)に誰も座っておらず、両方とも空いていました。エッ、ちょっと待ってよ。最初は下げ潮だからトモから流れていくはずなんだけど……。有利なはずの場所が空席だったことに不安を感じながらも、右舷(うげん)のトモに道具を置きました。

船から狙うメバル 大型3連に満足! 春の兵庫県・明石沖

サビキのハリ。よく食うとされる緑色。人さし指と比べてもその小ささが際立つ

やがて橘幹夫船長が来ます。あいさつをして、今はサビキが良いかエサが良いか聞いてみると、「サビキの方が分があるなー」。暗い間の出船ですから、サビキのハリスは1号を選択し、磯竿1.5号にセットしました。ハリスの号数は分かりませんが、横の釣り師もサビキです。ポイントに到着。「ハイ、やってよ」の声と同時に仕掛けを投入すると、あっという間にオモリが底に。

しまった! 浅い。オモリで底をたたいてしまった。メバル釣りは静かにオモリを海底につける、を心がけているのに、です。水槽のガラス面をコンとたたくと魚がびっくりして一瞬逃げ惑いますよね。オモリで底をたたくと、それと同じようなことが海底で起こるのではないかと思っているのです。

船から狙うメバル 大型3連に満足! 春の兵庫県・明石沖

椅子だけではお尻が痛いし冷たい。岩澤丸ではクッションの貸し出しがあるのでありがたい

釣れてる隣を尻目に ようやくの初アタリは

一流し目は、誰も竿が曲がりませんでした。船長は、釣ってもらうために魚群探知機に魚影が映るポイントへ入るはずなので、最初のポイントで誰も竿が曲がらないとなると、魚探に映っていても、まだ食う潮でないのかもしれません。ポイント移動を繰り返すうち、横の釣り人の竿がギュギュギュン!と曲がりました。トモの自分には何の変化もありません。おかしい。

水面に浮いた魚はメバルちゃん。しかも大きいサイズです。タモですくっていました。横の釣り人が4尾釣っていても、自分はボウズのまま。ハリスの太さが原因?と思ったので、一気に0.6号に変えてみました。ハリスを細くしたのでやり取りも慎重にしなくてはいけません。そう思っていたのですが……。

船から狙うメバル 大型3連に満足! 春の兵庫県・明石沖

大きなメバルは安全にタモですくいたい

「ハイ、やってよ」で仕掛け投入。慎重に慎重に慎重にと、心で念仏を唱えつつ竿を持ちます。すると初アタリが。ガガガッ!と勢いのある強い引き。とっさに大物と察知し、「慎重に」を心がけるよう、引きに合わせて竿先を海中へ突っ込みます。竿先が入り、2番が入り、3番が入ったところで、プツン!切れてしまいました。初アタリを逃しました。

船から狙うメバル 大型3連に満足! 春の兵庫県・明石沖

長竿の釣りは、手が疲れる。なので両手持ちがベター

しかし、竿が元へ戻るときに、またアタリが出たのです。これも相当な引きですが、先のやつに比べれば……。

アタリが大きいので上バリに食いついていると判断し、追い食いを待ちますが、待ちきれません。なんせ1尾目の顔は早く見たい! 海中からヌーッと上がってきたのは大きなメバルちゃん。28センチありました。あー、やれやれ。やっと顔が見られた。1尾釣るか釣らないかで、安堵(あんど)感が違いますねー。やっぱりハリスは細い方が食いはいいみたい。

船から狙うメバル 大型3連に満足! 春の兵庫県・明石沖

この日最大が29センチのメバルだった。30センチにあと一歩……

最大のヤマ場 大型メバルの3連が!

しばらく移動の連続でしたが、大きく西へ移動したとき。最大の山場が巡ってきました。

「底から5メートル」と、タナのアナウンス。ということは、少しメバルが浮いているということです。オモリを底から2メートル持ち上げて待ちます。

ガガガッ!と大きなアタリ。上バリに食いついた感じですから、リールのハンドルを半回転ほどさせて仕掛けを上げようとするのですが、食いついた魚の引きが強くて、リールを巻くどころか、その引きをいなすのに竿を海中へ突っ込むのが精いっぱいです。ようやく強い引きが治まり仕掛けを少し上げると、またアタリ。よしよし、これでうまく取り込めたらダブルだな。

ここで仕掛けを上げるか、それとも欲を出して、もう1尾狙うか。しかし、あまり深追いすると、仕掛けやオモリが根に絡み、すでにハリに掛けたメバルまで失うかもしれません。食わせる選択をして粘ると、またまたアタリが。ひゃー、うまくいけば3連! もう待っていられな~い。巻き上げですね。5メートルの磯竿のグイーンという曲がり具合が、魚の大きさを伝えます。

船から狙うメバル 大型3連に満足! 春の兵庫県・明石沖

追い食いさせて大型メバルの3連は、してやったり

ゾロゾロゾロ。大きなメバルが、やはり3尾ついていました。タモを使わず抜き上げするなど到底できません。一番下のメバルからタモ入れです。上の魚からすくうと、下の魚がすくえなくなるからです。釣果はようやく6尾に。この3連で「メバル釣りに来た」という実感と満足感がわいてきました。

仕掛けをエサ仕様に シロウオも試してみた

船から狙うメバル 大型3連に満足! 春の兵庫県・明石沖

船で配られるエサはシラサエビ

もう1尾追加したところで、仕掛けをエサ仕様にチェンジ。船ではシラサエビが配られるのですが、シロウオを持参していたからです。この界隈ではイカナゴ漁が解禁となっており、網からこぼれたイカナゴを食べているとしたら、それによく似たシロウオを抜群に食うのではないかと思ったからです。思うだけで、実際にはなかなか当てはまらないものですが、試さないと結果も出ない。釣りはチャレンジしてみることが大事なんです。

船から狙うメバル 大型3連に満足! 春の兵庫県・明石沖

持参したエサはシロウオ。ガシラしか食わなかった

シロウオには、メバルは食いつかず、ガシラ(カサゴ)が3尾食いついただけでした。メバル釣りでガシラが釣れると、底を釣りすぎている証しなのですが……。

船から狙うメバル 大型3連に満足! 春の兵庫県・明石沖

ガシラも28センチあり、このサイズが釣れるのは珍しい

ここ数年、あまり芳しくなかった明石界隈のメバルは、今シーズンは少しだけ復活した感があります。

船から狙うメバル 大型3連に満足! 春の兵庫県・明石沖

メバルは姿造りにした。造りにした後の皮も湯引きにすると絶品です!

岩澤丸
https://iwasawamaru.com/

REACTION

LIKE
COMMENT
0
連載をフォローする

SHARE

  • LINEでシェア

FOR YOU あなたにおすすめの記事

POPULAR 人気記事

※アクセスは過去7日間、LIKE、コメントは過去30日間で集計しています。

RECOMMEND おすすめの記事

&MEMBER限定の機能です

&MEMBERにご登録(無料)いただくと、気に入った記事に共感を示したり、コメントを書いたり、ブックマークしたりできます。こうしたアクションをする度にポイント「&MILE」がたまり、限定イベントやプレゼントの当選確率が上がります。

&MEMBERログイン

ID(メールアドレス)
パスワード

パスワードを忘れた方はこちら

&MEMBER登録はこちら

&MILEの加算アクション

  • &MEMBER新規登録:100マイル

    *今後、以下のアクションも追加していきます

  • 朝日新聞デジタル有料会員の継続:100マイル
  • ログインしてサイト訪問:10マイル
  • 記事に「LIKE」を押す:10マイル
  • コメントの投稿:30マイル
  • 自分のコメントに「LIKE」がつく:10マイル
  • アンケート回答:30マイル
  • 「朝日新聞SHOP」での購入:50マイル
  • イベント申し込み:50マイル

&MILEの獲得数に応じてステージがあがり、ステージがあがるごとに
&MEMBER限定のイベントやプレゼントの当選確率が上がります。詳細はこちら