&Travel

京都ゆるり休日さんぽ
連載をフォローする

春、フレッシュで軽やか台湾コーヒー「Goodman Roaster Kyoto」

京都に桜の季節が訪れました。散歩が心地よい季節、コーヒーブレークに最適な一軒から、京都歩きを再開します。今回訪ねた「Goodman Roaster Kyoto」は、ちょっとユニークな飲み方でスペシャルティーコーヒーをいただけるカフェ。すっきりとしてフレッシュな浅煎りのコーヒーは、春の陽気にぴったりの一杯です。

■暮らすように、小さな旅にでかけるように、自然体の京都を楽しむ。連載「京都ゆるり休日さんぽ」はそんな気持ちで、毎週金曜日に京都の素敵なスポットをご案内しています。
(文:大橋知沙/写真:津久井珠美)

浅煎りのおいしさに開眼する、台湾・阿里山コーヒー

1人分ずつ茶器にドリップされる阿里山コーヒー。すっきりとした後味でフルーティーな酸味が心地よい

1人分ずつ茶器にドリップされる阿里山コーヒー。すっきりとした後味でフルーティーな酸味が心地よい

お茶と見まごうほど澄んだ、琥珀(こはく)色の液体。中国茶器でサーブされるこの清らかなドリンクが、「Goodman Roaster」自慢の阿里山コーヒーです。お茶の産地として知られる台湾・阿里山は、他方で「幻のコーヒー」と呼ばれる希少なコーヒー豆が栽培される地域。昼夜の強い寒暖差と標高1000m以上の高地は、果実のようにフルーティーでふくよかな甘みを秘めたコーヒー豆を育みます。

オーナーの伊藤篤臣さん。2008年に渡った台湾で阿里山コーヒーの魅力を知り、さらなるおいしさを追求して徹底した品質管理に取り組んだ

オーナーの伊藤篤臣さん。2008年に渡った台湾で阿里山コーヒーの魅力を知り、さらなるおいしさを追求して徹底した品質管理に取り組んだ

そんな阿里山コーヒーの特色にいち早く注目し、現地の農園と3年かけて品質改良に取り組んだのが「Goodman Roaster」のオーナー・伊藤篤臣さん。日本に先駆けオープンした台北の2店舗で、台湾の人々に自国のコーヒーのおいしさを伝え、2019年秋、京都に日本初となる3号店をオープンしました。

焙煎(ばいせん)は台北・京都ともにオンラインで一定の品質に管理している

焙煎(ばいせん)は台北・京都ともにオンラインで一定の品質に管理している

阿里山コーヒー以外にシングルオリジンの豆も取り扱う。どれも「Goodman Roaster」得意のライトローストで軽快な風味に仕上げている

阿里山コーヒー以外にシングルオリジンの豆も取り扱う。どれも「Goodman Roaster」得意のライトローストで軽快な風味に仕上げている

「ライトロースト(浅煎り)の阿里山コーヒーは、上質な肉と同じ。生豆の品質が良いから、火を通す(焙煎)のは最小限でいいんです。『浅煎りの酸味が苦手』という人もいますが、おいしい酸味のコーヒーを飲んだら印象が一変すると思います。すっきりして甘みが豊かでしょう? お茶みたいにするする飲めるんです」

茶器で飲むコーヒーで台湾文化を感じて

ガラス張りの窓から注ぐ自然光が心地よい店内

ガラス張りの窓から注ぐ自然光が心地よい店内

コーヒーを茶器で提供するのは、「お茶のように飲める」阿里山コーヒーのすがすがしい風味と軽やかな後味を感じてほしいから。伊藤さんが「Goodman Roaster」を立ち上げる前、訪れた台湾で出会った光景もヒントになっていると話します。

「友人同士、8人くらいで円卓を囲んで、茶器でコーヒーを飲んでいる様子を目にしたんです。台湾の人は本当にお茶をよく飲むのですが、コーヒーもこんなふうに、みんなの輪の中にあるといいなぁと思って」

「台湾阿里山コーヒー」(焼き菓子、阿里山高山茶付き1600円・税込み〜)

「台湾阿里山コーヒー」(焼き菓子、阿里山高山茶付き1600円・税込み〜)

コーヒーとお茶。対照的でありつつ共通点も多い、二つの台湾の味を堪能できるようにと、セットには中国茶も付いています。指先でつまめるほどの小さな茶壺に入っているのは、コーヒーと同じく阿里山で栽培された高山茶葉。コーヒーを飲む前にまず茶葉の香りを嗅ぎ、嗅覚(きゅうかく)をリセットしてからコーヒーを味わってほしいという計らいです。

窓に描かれたグラフは焙煎に関わる様々な数値を表す。自転車スタンドがありサイクリングがてら立ち寄る人も

窓に描かれたグラフは焙煎に関わる様々な数値を表す。自転車スタンドがありサイクリングがてら立ち寄る人も

コーヒーを1杯ずつ自分で茶杯に注ぎ、阿里山の豆の風味を堪能したら、最後は茶葉に湯を注いで台湾茶で締めくくり。甘く爽やかなコーヒーの余韻に、華やかな台湾茶の香りが重なり、調和します。

「コーヒーの世界ではまだ珍しい台湾のコーヒーですが、通常の飲み方とは違う体験を通じて、台湾の文化を感じてもらえたら」

そう語る伊藤さん。一連の体験は、私たちのよく知るコーヒーとは違う、異国の初めての飲み物を楽しむかのような時間をもたらします。

店から徒歩2、3分、京都市立下京中学校成徳学舎の校舎に沿って植えられた「春めき」という品種の桜。染井吉野よりひと足早く開花し、道ゆく人の目を楽しませる

店から徒歩2、3分、京都市立下京中学校成徳学舎の校舎に沿って植えられた「春めき」という品種の桜。染井吉野よりひと足早く開花し、道ゆく人の目を楽しませる

エスプレッソドリンクはテイクアウト可能。「ラテ」(500円・税込み)など

エスプレッソドリンクはテイクアウト可能。「ラテ」(500円・税込み)など

「Goodman Roaster Kyoto」にほど近い、現在は使われていない下京中学校成徳学舎は、早咲きの桜「春めき」の名所。アーチ型の窓と桜のノスタルジックな風景を眺めた後に、コーヒーとお茶が導く台湾への「旅」を体験するもよし、テイクアウトして歩きながら桜をめでるもよし。春の寄り道に、初めてのコーヒーとの出会いもぜひ、楽しんでみてください。

3月中旬に見頃を迎えた。散りゆく風景も楽しみたい

3月中旬に見頃を迎えた。散りゆく風景も楽しみたい

Goodman Roaster Kyoto
https://goodman-company.com/

■「京都ゆるり休日さんぽ」のバックナンバーはこちら

BOOK

春、フレッシュで軽やか台湾コーヒー「Goodman Roaster Kyoto」

京都のいいとこ。

大橋知沙さんの著書「京都のいいとこ。」(朝日新聞出版)が2019年6月7日に出版されました。&TRAVELの人気連載「京都ゆるり休日さんぽ」で2016年11月~2019年4月まで掲載した記事の中から厳選、加筆修正、新たに取材した京都のスポット90軒を紹介しています。エリア別に記事を再編して、わかりやすい地図も付いています。この本が京都への旅の一助になれば幸いです。税別1200円。


REACTION

LIKE
COMMENT
0
連載をフォローする

SHARE

  • LINEでシェア

FOR YOU あなたにおすすめの記事

RECOMMEND おすすめの記事

&MEMBER限定の機能です

&MEMBERにご登録(無料)いただくと、気に入った記事に共感を示したり、コメントを書いたり、ブックマークしたりできます。こうしたアクションをする度にポイント「&MILE」がたまり、限定イベントやプレゼントの当選確率が上がります。

&MEMBERログイン

ID(メールアドレス)
パスワード

パスワードを忘れた方はこちら

&MEMBER登録はこちら

&MILEの加算アクション

  • &MEMBER新規登録:100マイル

    *今後、以下のアクションも追加していきます

  • 朝日新聞デジタル有料会員の継続:100マイル
  • ログインしてサイト訪問:10マイル
  • 記事に「LIKE」を押す:10マイル
  • コメントの投稿:30マイル
  • 自分のコメントに「LIKE」がつく:10マイル
  • アンケート回答:30マイル
  • 「朝日新聞SHOP」での購入:50マイル
  • イベント申し込み:50マイル

&MILEの獲得数に応じてステージがあがり、ステージがあがるごとに
&MEMBER限定のイベントやプレゼントの当選確率が上がります。詳細はこちら