&Travel

あの街の素顔
連載をフォローする

友人が転覆! 「あの人たち」に再会 カヌーでユーコン川下り(2)

写真家の野呂美帆さんがカナダで挑んだ、2019年7月27日から8月2日までのカヌーによるユーコン川下り。初心者が6泊7日で370kmを進む冒険紀行の第2回は、2日目から4日目まで。友人のカヌーがついに転覆、山火事の跡で思いをはせ、「あの人」たちとの思わぬ再会も。
(文・写真:野呂美帆)

第1回〈GPS使えず迷子 動物の足跡におびえる〉から続く

友人が転覆! 「あの人たち」に再会 カヌーでユーコン川下り(2)

目覚めたらテントの中 すがすがしい朝

友人が転覆! 「あの人たち」に再会 カヌーでユーコン川下り(2)

2日目。目が覚めるとテントの中だった。
キャンプの朝はいつも思う。「ここはどこだっけ……」
ここはカナダ。アラスカに近い大自然の中。目の前にはユーコン川へと続くテスリン川が流れている。
昨日の出来事が夢のようだが、見渡す景色は現実だった。
すがすがしい朝を迎え、気持ちはゆっくり晴れていった。

友人が転覆! 「あの人たち」に再会 カヌーでユーコン川下り(2)

朝食はハムとチーズのホットサンド、そして熱々のコーヒー。朝は寒いので温かいものがうれしい。

友人が転覆! 「あの人たち」に再会 カヌーでユーコン川下り(2)

地図に載っているキャンプ地にはたき火場があり、そこから少し離れた場所にテントが張れる。
キャンプはどこでしてもいいわけじゃなく、森のダメージを最小限にするため、むやみに足を踏み入れてはいけない。「たき火場を新たに作らない」「植物が少なく耐久性がある場所で行動する」が森を守ることにつながると聞いた。

NEXT PAGE自然のオーラを実感したとたん、友人が転覆

REACTION

LIKE
COMMENT
0
連載をフォローする

SHARE

  • LINEでシェア

FOR YOU あなたにおすすめの記事

RECOMMEND おすすめの記事

&MEMBER限定の機能です

&MEMBERにご登録(無料)いただくと、気に入った記事に共感を示したり、コメントを書いたり、ブックマークしたりできます。こうしたアクションをする度にポイント「&MILE」がたまり、限定イベントやプレゼントの当選確率が上がります。

&MEMBERログイン

ID(メールアドレス)
パスワード

パスワードを忘れた方はこちら

&MEMBER登録はこちら

&MILEの加算アクション

  • &MEMBER新規登録:100マイル

    *今後、以下のアクションも追加していきます

  • 朝日新聞デジタル有料会員の継続:100マイル
  • ログインしてサイト訪問:10マイル
  • 記事に「LIKE」を押す:10マイル
  • コメントの投稿:30マイル
  • 自分のコメントに「LIKE」がつく:10マイル
  • アンケート回答:30マイル
  • 「朝日新聞SHOP」での購入:50マイル
  • イベント申し込み:50マイル

&MILEの獲得数に応じてステージがあがり、ステージがあがるごとに
&MEMBER限定のイベントやプレゼントの当選確率が上がります。詳細はこちら