&M

つながる、ということ
連載をフォローする

人とのつながりが楽な「逃げ道」をふさいでいる 純烈リーダー・酒井一圭さん

写真・野呂美帆撮影

本物と偽物を分けるもの

――出口のないような下積みの時代でも、地道な活動を見てくれる人はいたということですね。

芸能界での大先輩が、僕らに関心を持ってくれた場合、どんなものさしで「本物」と「偽物」を判断するのでしょうか。僕は、現場での下積みの有無にあると思っていました。

目の前のお客さんに徹底的に握手して、楽しんでもらう。それは「大御所」と呼ばれる人たちの多くが、かつて通ってきた道です。だから、下積みの現場を大切にしている新人を先輩たちは、脅威に思うだろうとも思っていました。

結成から数年後、純烈がグループとして世間に売れたとき、関係者に「みなさん、ありがとうございました。この売れない期間がとても大切でした」とあいさつしました。

人とのつながりが楽な「逃げ道」をふさいでいる 純烈リーダー・酒井一圭さん

――3回の紅白出場を果たした今も、原点であるスーパー銭湯などでのライブにこだわっていますね。

舞台やコンサートが行われる大きなホールは、バーンと暗転すれば、「さあ、はじまるぞ!」とお客さんの視線が自然に集まります。しかし、スーパー銭湯などの照明は、だいたい蛍光灯。演出が難しい場所です。でも、おもしろいか、おもしろくないかは、大きなホールに出演するときと同じように問われます。ヘビーな環境だからこそ、一番鍛えられるんです。

僕らは「マンネリ」と呼ばれるようになりたい。「今も、スーパー銭湯でやっているんだ!」と言われるのがいいんです。純烈が有名になっても、「まだ、スーパー銭湯でがんばっているんだね」と思っていただくのがうれしいです。

NEXT PAGEローカルヒーローの感覚

REACTION

LIKE
COMMENT
2
連載をフォローする

SHARE

  • LINEでシェア

FOR YOU あなたにおすすめの記事

RECOMMEND おすすめの記事

&MEMBER限定の機能です

&MEMBERにご登録(無料)いただくと、気に入った記事に共感を示したり、コメントを書いたり、ブックマークしたりできます。こうしたアクションをする度にポイント「&MILE」がたまり、限定イベントやプレゼントの当選確率が上がります。

&MEMBERログイン

ID(メールアドレス)
パスワード

パスワードを忘れた方はこちら

&MEMBER登録はこちら

&MILEの加算アクション

  • &MEMBER新規登録:100マイル

    *今後、以下のアクションも追加していきます

  • 朝日新聞デジタル有料会員の継続:100マイル
  • ログインしてサイト訪問:10マイル
  • 記事に「LIKE」を押す:10マイル
  • コメントの投稿:30マイル
  • 自分のコメントに「LIKE」がつく:10マイル
  • アンケート回答:30マイル
  • 「朝日新聞SHOP」での購入:50マイル
  • イベント申し込み:50マイル

&MILEの獲得数に応じてステージがあがり、ステージがあがるごとに
&MEMBER限定のイベントやプレゼントの当選確率が上がります。詳細はこちら