&M

つながる、ということ
連載をフォローする

人とのつながりが楽な「逃げ道」をふさいでいる 純烈リーダー・酒井一圭さん

写真・野呂美帆撮影

世界中に広がったコロナ禍で、出歩くことも、人と会うことも、以前のようにはできなくなりました。だからこそ、大勢の人が、つながりについて考え直したようにも思えます。&M、&w、&Travelの3マガジンは、サイトリニューアルを機にマガジン横断インタビュー「つながる、ということ」を企画しました。

夢は紅白!親孝行!――。そんなスローガンをひっさげて、紅白歌合戦に3年連続出場を果たした男性歌謡グループの「純烈」。コロナの影響でライブのキャンセルや延期が相次ぎ、純烈名物のファンとの握手やハグはできなくなった。リーダーの酒井一圭さんは、急激な時代の変化にどんな思いを抱いてきたのか。人とつながることへの思いをインタビューした。

――緊急事態宣言が出る前の昨年2月、コンサートやライブの中止が相次ぎました。いち早く自粛の判断に踏み切った理由は。

純烈のライブには、中盤で客席に降りて、握手やハグをする「ラウンド」や、CDを買っていただいたお客様との写真撮影会などがあります。ファンには、高齢者の方々が多く、キャンセルをせざるを得ないと考えました。

社会に大きな変化の予感

コロナの影響で、これまでとは全く違う社会に変化していくだろう、という予感もありました。今後、大幅に活動が制限されれば、純烈を解散して、それぞれのメンバーが独自の活動をする道を選択せざるをえない可能性もある、と当時は考えていました。

強い危機感を抱いていたころ、NHKの「クローズアップ現代+」の取材を受けました。コンサートや舞台などイベント自粛が相次ぐなかで、「文化を守れるか」というテーマでした。グループを存続させたいが、存続させられない可能性もあることを率直に伝えました。

――ファンからの反響は。

「やめないで!」の一色でしたね。番組を見たワイドショーのリポーターの方々も取材に来てくださいました。そこでも、「100ステージぐらいキャンセルする状況だから、分裂する可能性はある」と伝えました。

一方で、「それは、100日空いているということだよね。うちの仕事をしてほしい」とテレビ業界の方々から声をかけてもらうきっかけになりました。

人とのつながりが楽な「逃げ道」をふさいでいる 純烈リーダー・酒井一圭さん

「純烈、大丈夫?」。マネジャーの携帯電話にリモート出演などの仕事のオファーをする電話が相次ぎました。追い詰められた状況でしたから、本当にありがたかったですね。その後は、十分に感染対策をした上で、映画の撮影やドラマの動画配信の仕事などに取り組みました。

NEXT PAGE奪われたファンとのふれあい

REACTION

LIKE
COMMENT
2
連載をフォローする

SHARE

  • LINEでシェア

FOR YOU あなたにおすすめの記事

RECOMMEND おすすめの記事

&MEMBER限定の機能です

&MEMBERにご登録(無料)いただくと、気に入った記事に共感を示したり、コメントを書いたり、ブックマークしたりできます。こうしたアクションをする度にポイント「&MILE」がたまり、限定イベントやプレゼントの当選確率が上がります。

&MEMBERログイン

ID(メールアドレス)
パスワード

パスワードを忘れた方はこちら

&MEMBER登録はこちら

&MILEの加算アクション

  • &MEMBER新規登録:100マイル

    *今後、以下のアクションも追加していきます

  • 朝日新聞デジタル有料会員の継続:100マイル
  • ログインしてサイト訪問:10マイル
  • 記事に「LIKE」を押す:10マイル
  • コメントの投稿:30マイル
  • 自分のコメントに「LIKE」がつく:10マイル
  • アンケート回答:30マイル
  • 「朝日新聞SHOP」での購入:50マイル
  • イベント申し込み:50マイル

&MILEの獲得数に応じてステージがあがり、ステージがあがるごとに
&MEMBER限定のイベントやプレゼントの当選確率が上がります。詳細はこちら