&Travel

つながる、ということ
連載をフォローする

世界中、同じことに動かされているまれな時代 作家・赤坂真理さん

「安全に壊れられる場所」今こそ

職業的に何か大きく変わったわけではないけれど、内実が変わったかと言えば、まるで変わったのです。一方で、文学の源に帰っているだけとも思うんです。文字がない時代から芸能や祭祀(さいし)はありました。言葉がどこから出てきたか、知りたいような気持ちもあります。即興と身体表現を合わせたとき、何かの一瞥(いちべつ)を見るようなことがあります。何か大きな力。日々のチャレンジとしては、自分の作品を朗読したり解説したりしたものをオンラインでライブ配信したりしています。視聴者がくださるコメントを見ながら、文章を本で読むのと、声や、姿とともに、トータルに体験するのは、まるで違うことだとわかった。存在全体を味わいたい、という気持ちが人にはあるのじゃないでしょうか。やっぱり人は、広義のパフォーミングアーツや演劇性を求めていると思う。本はそれほどつながりを感じるメディアではないので。ライブ配信のプラットホームも増え、インターフェースが扱いやすくなってきたことにも後押しされました。

世界中、同じことに動かされているまれな時代 作家・赤坂真理さん

それから、芸能やパフォーミングアーツが人に持つ「治癒作用」というのに注目しています。たとえば、自分の「傷」が表現されると、不思議な治癒が起きることがあります。自分でするのでも、他人の表現を見るのでもです。また、場を設定して意識的に壊れることで、現実生活で壊れてしまうことを防ぐ作用もある感じがする。このことは非常に大切だと思っています。人間には、安全に壊れる場所が必要なのではないかと思っていて、このことをもっと考えたいです。舞台公演自体が難しい時代になってしまいましたけれど、本当は、こういう時代にこそ、必要なことだと思います。

写真:高嶋佳代

PROFILE
赤坂真理

あかさか・まり 東京生まれ。天皇の戦争責任をアメリカで問われる少女を通して戦後を描いた『東京プリズン』(河出書房新社、2012年)で毎日出版文化賞、司馬遼太郎賞、紫式部文学賞。近著に『愛と性と存在のはなし』(NHK出版新書)など。

REACTION

LIKE
COMMENT
0
連載をフォローする

SHARE

  • LINEでシェア

FOR YOU あなたにおすすめの記事

POPULAR 人気記事

※アクセスは過去7日間、LIKE、コメントは過去30日間で集計しています。

RECOMMEND おすすめの記事

&MEMBER限定の機能です

&MEMBERにご登録(無料)いただくと、気に入った記事に共感を示したり、コメントを書いたり、ブックマークしたりできます。こうしたアクションをする度にポイント「&MILE」がたまり、限定イベントやプレゼントの当選確率が上がります。

&MEMBERログイン

ID(メールアドレス)
パスワード

パスワードを忘れた方はこちら

&MEMBER登録はこちら

&MILEの加算アクション

  • &MEMBER新規登録:100マイル

    *今後、以下のアクションも追加していきます

  • 朝日新聞デジタル有料会員の継続:100マイル
  • ログインしてサイト訪問:10マイル
  • 記事に「LIKE」を押す:10マイル
  • コメントの投稿:30マイル
  • 自分のコメントに「LIKE」がつく:10マイル
  • アンケート回答:30マイル
  • 「朝日新聞SHOP」での購入:50マイル
  • イベント申し込み:50マイル

&MILEの獲得数に応じてステージがあがり、ステージがあがるごとに
&MEMBER限定のイベントやプレゼントの当選確率が上がります。詳細はこちら