&Travel

つながる、ということ
連載をフォローする

すべての旅は、自分に通じる 鉄道旅が教えてくれた個性  俳優・関口知宏さん

「芸能人としての個性を形作ってくれたのは旅」と話す関口知宏さん=東京・南青山

彼らは、メリット・デメリット、目的・実利を基準に、ドライに「つながり」を広げる国民性でもあります。その基準が絶対ではないということを、彼らに上から目線ではなく、自然に伝えることができるのが日本人だと思います。

すべての旅は、自分に通じる 鉄道旅が教えてくれた個性  俳優・関口知宏さん

欧州で触れた「別れたがり」と「つながりたがり」

――「中国鉄道大紀行」が終了する07年秋、「皆さんとは旅でまたお会いしたい」という言葉を残し、「乗りつぶし」からいったん卒業。15年の「関口知宏のヨーロッパ鉄道の旅」(NHK)まで旅番組は8年間のブランクがありました。なぜですか。

一言でいえば、番組が形骸化した感じがしたから。最初から「触れ合いでしょ、つながりでしょ」っていう。あるいは、番組の本題とは別に「関口は癒やし系なんで触れ合いカット担当」みたいな。

10カ国を巡る「ヨーロッパ鉄道の旅」のオファーがあったとき、ヨーロッパは不法移民問題で揺れていた。そのころ、ちょうど僕は欧州各国の気質に関心を持っていた。各国を見なきゃという気持ちが強かった。「白昼夢」を見たわけではありませんが、これまた旅との因縁を感じました。

――ヨーロッパの旅で関口さんが感じた「つながり」や「絆」は、どのようなものでしたか。

欧州各国を象徴するような気質に触れ合えました。日本人は「つながり」「絆」という言葉が好きですが、世界のスタンダードは全然違うと感じました。日本的な感覚は半分以下という気がする。日本人は「つながりたがり」だけど、例えば英国やオランダ、スウェーデンは「別れたがり」「切りたがり」とすら感じた。「なんとなく」つながる、仲良くなるという感覚がない。それは英国のEU離脱にも表れているのではないかと思う。英国でお邪魔した民家の部屋は、驚くほどモノがなかったし、伝統生地のキルトは実に機能的です。「つながり」ってすごく、論理的・人工的な感じがした。

英国や北欧は寒く自然が厳しい。そういった気候風土が人間関係に表れると思う。反対に、イタリア人は「つながりたがり」です。ポルトガルも似ていて、日本と同じく感情的なつながりが尊重されている。温暖さや産物が豊かなことも影響しているのでしょう。

すべての旅は、自分に通じる 鉄道旅が教えてくれた個性  俳優・関口知宏さん

いかに「つながる」のか、見直すとき

――関口さんは、世間に飛び交う「つながり」や「絆」という言葉に、何か疑問や違和感を持っているように感じます。

とくに東日本大震災のとき、「つながり」や「絆」という言葉をたくさん聞きました。災害が起きて被害が深刻化するたび、「連携不足の露呈」が言われる。「つながってなかったじゃん?」って思う。ストーカー問題だって「つながっている」という誤解の産物でしょう。

「つながる」「つなげる」「つながっている」の区別がポイントのような気がしている。つながりや絆を「考えるもの」か「自然にあるもの」かでいえば、日本は後者でしょうね。もう少し、つながりを「考える」、いやむしろ「(場合によっては)切る」という風に、論理的なやり方もできるようになったほうがいいのではないか。「つながりを大切に」とすり込まれてきましたが、3.11やコロナ禍で、その「つながり」を考え直す時期に来ていると思う。もちろん僕も答えを知っているわけではありませんよ。

――話を変えます。「来宮博せ(きのみやはかせ)」の名前で、「1日でサックス」「お経ロック」「韓流バラード」など、実験・挑戦的なYouTube動画を上げ続けています。これは関口さんの芸能人生とどんな「つながり」があるのでしょうか。

決して再生回数伸ばす動画じゃないよね。「いやあ、すみません」という感じです(笑)。ひらめいたままに上げてます。ただ、僕はそんな営みを通じて、おふざけの面はあっても、演奏そのものはいたってまじめ。「ああ、おれってこれ好きなんだ」「おれってこういう人間なんだ」という発見の連続。それっていわば、自分を見つける旅なんだよね。鉄道の旅で、芸能人としての個性を知ったように。

写真:山田秀隆

PROFILE
関口知宏

せきぐち・ともひろ 1972年、東京都生まれ。立教大卒業後、96年にドラマデビュー。NHK連続テレビ小説「あぐり」、大河ドラマ「利家とまつ」ほか、テレビや映画で活躍。04年、全国を一筆書きで回る「列島縦断 鉄道12000キロの旅」が評判に。著書に『列島縦断 鉄道12000kmの旅 絵日記でめぐる43日間』(徳間書店)など。作詞作曲・演奏・バンド活動も続けている。父は俳優・司会の関口宏、母は元歌手の西田佐知子。

REACTION

LIKE
COMMENT
5
連載をフォローする

SHARE

  • LINEでシェア

FOR YOU あなたにおすすめの記事

POPULAR 人気記事

※アクセスは過去7日間、LIKE、コメントは過去30日間で集計しています。

RECOMMEND おすすめの記事

&MEMBER限定の機能です

&MEMBERにご登録(無料)いただくと、気に入った記事に共感を示したり、コメントを書いたり、ブックマークしたりできます。こうしたアクションをする度にポイント「&MILE」がたまり、限定イベントやプレゼントの当選確率が上がります。

&MEMBERログイン

ID(メールアドレス)
パスワード

パスワードを忘れた方はこちら

&MEMBER登録はこちら

&MILEの加算アクション

  • &MEMBER新規登録:100マイル

    *今後、以下のアクションも追加していきます

  • 朝日新聞デジタル有料会員の継続:100マイル
  • ログインしてサイト訪問:10マイル
  • 記事に「LIKE」を押す:10マイル
  • コメントの投稿:30マイル
  • 自分のコメントに「LIKE」がつく:10マイル
  • アンケート回答:30マイル
  • 「朝日新聞SHOP」での購入:50マイル
  • イベント申し込み:50マイル

&MILEの獲得数に応じてステージがあがり、ステージがあがるごとに
&MEMBER限定のイベントやプレゼントの当選確率が上がります。詳細はこちら