&Travel

つながる、ということ
連載をフォローする

すべての旅は、自分に通じる 鉄道旅が教えてくれた個性  俳優・関口知宏さん

「芸能人としての個性を形作ってくれたのは旅」と話す関口知宏さん=東京・南青山

密な車内、人いきれと大声……。中国大陸の隅々まで3万6000キロの鉄道旅を続けながら、無邪気で人懐こい人たちと「つながり」を重ねた。行く先々で繰り広げられるドラマは、私たちがどこかに置き忘れたかのようなぬくもりや、すがすがしさに満ちていた。「つながる、ということ」第3回は、俳優・関口知宏さん(48)。「中国鉄道大紀行 ~最長片道ルート36000kmをゆく~」(NHK)放映から14年。関口さんはこれまでの旅を「自らの個性を教えてくれた存在」と総括する。

世界中に広がったコロナ禍で、出歩くことも、人と会うことも、以前のようにはできなくなりました。だからこそ、大勢の人が、つながりについて考え直したようにも思えます。&M、&w、&Travelの3マガジンは、サイトリニューアルを機にマガジン横断インタビュー「つながる、ということ」を企画しました。

自分を見失っていたとき、旅に出会った

――関口さんが鉄道の旅にかかわるのは「列島縦断 鉄道12000キロの旅 〜最長片道切符でゆく42日〜」(NHK、2004年)が最初です。もともと鉄道ファンではないそうですが、鉄道旅とのなれそめはどんなものだったのでしょうか。

そう。むしろ車のほうが好き。しかも、出無精なほうだし。「最長片道切符」のオファーが来たのが2003年。マネジャーに「断るだろ?」と先に言われたくらいですよ。そのころ、やることなすことしっくりこなくて、芸能界なんて自分には場違いなんじゃないかという気になってて、何だか真っ白な状態でした。

しかし、オファーを受けて僕は「あっ、それだ」と思った。眉つばに聞こえるかもしれませんが、「お告げ」的なものが来ていたんです。当時、いろいろな形で。いわば「お前、旅することになるから」という意味の。思えば、デビュー直前など節目節目で自分の個性を見越したような夢を見てきた。「中国鉄道大紀行」の前には、古代中国の景色や言葉が出てきました。

すべての旅は、自分に通じる 鉄道旅が教えてくれた個性  俳優・関口知宏さん

レールの向こうには、嫌でも出会いがある

――何か因縁めいていますね。「最長片道切符」にはじまり「中国大紀行」そしてヨーロッパ。関口さんが重ねてきた壮大な旅は、自分の人生にどんな影響を与えましたか。

NEXT PAGE「喜びパワー」に満ち満ちた中国の人たち

REACTION

LIKE
COMMENT
5
連載をフォローする

SHARE

  • LINEでシェア

FOR YOU あなたにおすすめの記事

RECOMMEND おすすめの記事

&MEMBER限定の機能です

&MEMBERにご登録(無料)いただくと、気に入った記事に共感を示したり、コメントを書いたり、ブックマークしたりできます。こうしたアクションをする度にポイント「&MILE」がたまり、限定イベントやプレゼントの当選確率が上がります。

&MEMBERログイン

ID(メールアドレス)
パスワード

パスワードを忘れた方はこちら

&MEMBER登録はこちら

&MILEの加算アクション

  • &MEMBER新規登録:100マイル

    *今後、以下のアクションも追加していきます

  • 朝日新聞デジタル有料会員の継続:100マイル
  • ログインしてサイト訪問:10マイル
  • 記事に「LIKE」を押す:10マイル
  • コメントの投稿:30マイル
  • 自分のコメントに「LIKE」がつく:10マイル
  • アンケート回答:30マイル
  • 「朝日新聞SHOP」での購入:50マイル
  • イベント申し込み:50マイル

&MILEの獲得数に応じてステージがあがり、ステージがあがるごとに
&MEMBER限定のイベントやプレゼントの当選確率が上がります。詳細はこちら