&Travel

楽園ビーチ探訪
連載をフォローする

沖縄本島から車で行ける「離島」瀬底島  迫力の闘ヤギと豊年祭

西を向いた瀬底ビーチはサンセットに訪れたい場所でもあります=沖縄県本部町の瀬底島

レンタカーで沖縄自動車道を北上し、終点の許田(きょだ)ICで下車。輝く海を左目の端に見つつ、国道58号を走り、名護の市街地の渋滞を抜けると、空気が変わる気がします。そして沖縄本島北部「やんばる」の入り口に来たなぁと、改めて感じます。

連載「楽園ビーチ探訪」は、リゾートやカルチャー、エコなどを切り口に、国内外の海にフォーカスした読み物や情報を発信する筆者が訪れた、各地の美しいビーチや、海のある街や島を紹介いたします。

橋を渡るだけで変わる海の美しさ、細かく柔らかい白砂ビーチ

目指すは、なぞかけのようなキャッチフレーズですが「車で行ける離島」の瀬底(せそこ)島。本部(もとぶ)町に属し、沖縄本島側と橋で結ばれています。

瀬底島は、全長762メートルの瀬底大橋を渡っただけで、海の美しさが数段アップします。船の時刻を気にすることなく、車で行きたい時にいつでも行けるのがうれしく、昨秋まで何度となく通っています。離島の良さと沖縄本島とつながっている便利さ、いいとこ取りなのです。

島は周囲約8キロで平ら。ビーチは瀬底大橋のたもとにあるアンチ浜と、西側に位置するメインの瀬底ビーチ。強風で海が荒れても、どちらかのビーチに入れるのも強みです。

沖縄本島から車で行ける「離島」瀬底島  迫力の闘ヤギと豊年祭
瀬底大橋を渡ってすぐのところにあるアンチ浜。もっと美しいビーチが島の奥に……©本部町観光協会

瀬底ビーチは長さ約800メートル。粒が細かい白砂ビーチは裸足で歩くと、足裏から柔らかな感触が伝わってきます。さざ波に足先を洗われながら、波打ち際を歩いているだけで、もう至福。そして視線を上げれば、タッチューと呼ばれる山がそびえる伊江島、平らな水納(みんな)島、そして干潮時だけ浮かび上がる中ノ瀬が目に入り、海と島影が織りなす風景に思わず見入ってしまいます。

NEXT PAGE堂々体格の「関取」ヤギ、声はかわいく「めぇ~」

REACTION

LIKE
COMMENT
1
連載をフォローする

SHARE

  • LINEでシェア

FOR YOU あなたにおすすめの記事

RECOMMEND おすすめの記事

&MEMBER限定の機能です

&MEMBERにご登録(無料)いただくと、気に入った記事に共感を示したり、コメントを書いたり、ブックマークしたりできます。こうしたアクションをする度にポイント「&MILE」がたまり、限定イベントやプレゼントの当選確率が上がります。

&MEMBERログイン

ID(メールアドレス)
パスワード

パスワードを忘れた方はこちら

&MEMBER登録はこちら

&MILEの加算アクション

  • &MEMBER新規登録:100マイル

    *今後、以下のアクションも追加していきます

  • 朝日新聞デジタル有料会員の継続:100マイル
  • ログインしてサイト訪問:10マイル
  • 記事に「LIKE」を押す:10マイル
  • コメントの投稿:30マイル
  • 自分のコメントに「LIKE」がつく:10マイル
  • アンケート回答:30マイル
  • 「朝日新聞SHOP」での購入:50マイル
  • イベント申し込み:50マイル

&MILEの獲得数に応じてステージがあがり、ステージがあがるごとに
&MEMBER限定のイベントやプレゼントの当選確率が上がります。詳細はこちら