&Travel

魅せられて 必見のヨーロッパ
連載をフォローする

眺望絶佳 金ピカのエレベーターで「ワシの巣」へ ケールシュタインハウス

ツアーの行き先としてはメジャーでないけれど足を運べばとりこになる街を、ヨーロッパを知り尽くした作家・写真家の相原恭子さんが訪ねる「魅せられて 必見のヨーロッパ」。今回は2019年に訪ねたドイツのベルヒテスガーデン国立公園の4回目、ケールシュタインハウスです。ナチス・ドイツの指導者ヒトラーゆかりの建物です。

岩山にあるヒトラーゆかりの建物

今回は、ベルヒテスガーデン国立公園の中でも人気の場所、「ケールシュタインハウス」へ昇って、周囲を散策しました。

この建物は、1938年にアドルフ・ヒトラー率いる国家社会主義ドイツ労働者党(NSDAP、ナチス)が、党を代表する建物の一つとして建設したとされています。ベルヒテスガーデン・アルプスを成すケールシュタイン山(標高1881m)の標高1843m地点に建てられています。この岩山に建物を建てるのは容易でなく、当時の通貨で3千万ライヒスマルク(現在の約1億3千万ユーロ、約170億円)を費やしました。

戦後、米兵がここを「イーグルズ・ネスト(ワシの巣)」と呼ぶようになり、いち早く人気の観光地となりました。

さて、まずはケールシュタイン・シュトラーセと呼ばれる山道をバスで登りました。車窓から周囲の森林やアルプスの山々が見えます。バスは各国からの観光客で満杯。都内のラッシュアワーさながらで、まさにオーバーツーリズムと言われた頃でした。終点で下車して、エレベーターでケールシュタインハウスへ登ります。

トンネルへ入ると、奥にエレベーターが
トンネルへ入ると、奥にエレベーターが

整理券をもらって、ヨーロッパ、アジア、アメリカなど各国の観光客に交じってエレベーターに乗る順番を待ちました。なぜか日本人は見かけず、私だけのようでした。

内部は金色でピカピカのエレベーターでした
内部が金色でピカピカのエレベーターを降りて歩くと……

エレベーターが過密状態で、とても写真撮影は無理でした。エレベーターを降りると、そこはケールシュタインハウス。

NEXT PAGE広がるのは絵のような景色

REACTION

LIKE
COMMENT
1
連載をフォローする

SHARE

  • LINEでシェア

FOR YOU あなたにおすすめの記事

POPULAR 人気記事

※アクセスは過去7日間、LIKE、コメントは過去30日間で集計しています。

RECOMMEND おすすめの記事

&MEMBER限定の機能です

&MEMBERにご登録(無料)いただくと、気に入った記事に共感を示したり、コメントを書いたり、ブックマークしたりできます。こうしたアクションをする度にポイント「&MILE」がたまり、限定イベントやプレゼントの当選確率が上がります。

&MEMBERログイン

ID(メールアドレス)
パスワード

パスワードを忘れた方はこちら

&MEMBER登録はこちら

&MILEの加算アクション

  • &MEMBER新規登録:100マイル

    *今後、以下のアクションも追加していきます

  • 朝日新聞デジタル有料会員の継続:100マイル
  • ログインしてサイト訪問:10マイル
  • 記事に「LIKE」を押す:10マイル
  • コメントの投稿:30マイル
  • 自分のコメントに「LIKE」がつく:10マイル
  • アンケート回答:30マイル
  • 「朝日新聞SHOP」での購入:50マイル
  • イベント申し込み:50マイル

&MILEの獲得数に応じてステージがあがり、ステージがあがるごとに
&MEMBER限定のイベントやプレゼントの当選確率が上がります。詳細はこちら