&M

Advertising Week Asia 2021
連載をフォローする

日本マクドナルドCMO、最高益と「ジャマイカ戦略」

マーケティングや広告などをテーマにした世界最大級のイベント「Advertising Week Asia 2021」が5月27日、オンライン開催されます。スピーカーにセッションの見どころなどを聞くインタビュー企画。今回は、日本マクドナルドのマーケティング本部上席執行役員CMO(チーフ・マーケティング・オフィサー)、ズナイデン房子さんです。コロナ禍で最高益を記録した取り組みと、一貫して取り組んできたダイバーシティー施策について聞きました。

―コロナ禍で外食産業が大打撃を受けましたが、日本マクドナルドでは、2020年12月期決算で、過去最高の営業利益を記録しました。どのような視点で、どのような工夫をされたのでしょうか。

テイクアウトやドライブスルーは人との接触を避けて食事を買える利便性が高いサービスということもあって、「あ、だったらマクドナルドに行ってみようかな」とお客様に思っていただけたのが大きかったんじゃないかなと思っています。

何を求めているのかリサーチをすると、やはりお客様が安全・安心を第一に思っていらっしゃる、ということがすごくよくわかりました。

私は2018年に日本マクドナルドに入社して、店舗で1カ月ぐらい研修を受けたんですけど、全国約17万人のクルーの皆さんが1時間に1回、爪からひじまで入念に手洗いをしたり、キッチンやお客様がお食事をされるテーブルや椅子のふき方まで細かく決めていたりして、清潔さへの意識が高くて「すごいな」と感心しました。

一般のお客様はご存じないんじゃないのかなと思ったので、「みんなのスマイルのために」というキャンペーンを立ち上げて、テレビCMやアプリ、ウェブサイトで安全・安心の取り組みを紹介しました。とにかくスピードが大事ということで、テレビ広告は紙芝居のようなものだったんですけど、テイクアウトやドライブスルー、スマホで注文や決済ができるモバイルオーダーの利便性もお伝えしました。

―日清食品の取締役時代に女性市場を開拓されました。そうした経験も生かされたのでしょうか?

NEXT PAGE選択肢を持てる状況、作りたかった

REACTION

LIKE
COMMENT
1
連載をフォローする

SHARE

  • LINEでシェア

FOR YOU あなたにおすすめの記事

RECOMMEND おすすめの記事

&MEMBER限定の機能です

&MEMBERにご登録(無料)いただくと、気に入った記事に共感を示したり、コメントを書いたり、ブックマークしたりできます。こうしたアクションをする度にポイント「&MILE」がたまり、限定イベントやプレゼントの当選確率が上がります。

&MEMBERログイン

ID(メールアドレス)
パスワード

パスワードを忘れた方はこちら

&MEMBER登録はこちら

&MILEの加算アクション

  • &MEMBER新規登録:100マイル

    *今後、以下のアクションも追加していきます

  • 朝日新聞デジタル有料会員の継続:100マイル
  • ログインしてサイト訪問:10マイル
  • 記事に「LIKE」を押す:10マイル
  • コメントの投稿:30マイル
  • 自分のコメントに「LIKE」がつく:10マイル
  • アンケート回答:30マイル
  • 「朝日新聞SHOP」での購入:50マイル
  • イベント申し込み:50マイル

&MILEの獲得数に応じてステージがあがり、ステージがあがるごとに
&MEMBER限定のイベントやプレゼントの当選確率が上がります。詳細はこちら