&Travel

クリックディープ旅
連載をフォローする

アニメ、お菓子、スカイライン…… 発祥地の碑を訪ね歩いて20キロ超え! 東京再発見3

旅行作家・下川裕治さんが、東京を巡るシリーズ。「発祥地」の碑を見つける感覚が研ぎ澄まされていく下川さん。20キロを超える散歩の後編です。(写真:中田浩資)

本連載「クリックディープ旅」(ほぼ毎週水曜更新)は、30年以上バックパッカースタイルで旅をする旅行作家の下川裕治さんと、相棒の写真家・阿部稔哉さんと中田浩資さん(交代制)による15枚の写真「旅のフォト物語」と動画でつづる旅エッセーです。

発祥地の碑を訪ね歩く旅・後編

日本の文化や事業、産業は、東京を発祥地にするものが多い。それをしるす碑が多く建てられている。書籍やネット情報を頼りに、発祥地碑を散歩感覚で訪ねてみる旅に出た。今回はその後編。

気楽な東京散歩のつもりで訪ねはじめたのだが、これが意外に大変だった。それは後編も変わらない。碑が控えめすぎてなかなかみつからないのだ。植え込みのなか、ビルの壁……。人が行き交う駅のホームにも。視線を下に向けなければ見逃してしまう。探し歩く距離がいたずらに増えていく。2日間にわたって探索したが、2日目はスニーカーに。なにしろ2日間で歩いた距離は20キロ超え。

発祥地には諸説があり、認定が難しいものもある。この旅は、「発祥地」「元祖」といった碑や看板表記を軸に訪ね歩いています。

短編動画

「日本アニメ発祥の地」の文字が躍る大泉学園駅。改札を出ると、大泉アニメゲートが。等身大のアトム、「銀河鉄道999」のメーテル、「あしたのジョー」の矢吹丈たちが出迎えてくれる。そして「一休さん」、「キン肉マン」などが続く「ねりまアニメ年表」。気分はアニメに染まっていきます。

今回の旅のデータ

後編は東京の西側エリア。虎ノ門かいわい、品川駅、新宿、外苑、中野……そして武蔵村山市まで足をのばす。電車、バスを乗り継ぎ、そして徒歩。グーグルマップにも表記されている碑は多いが、その場所も発想を柔軟に。碑は高さがあるものだと思っていると見逃すことが多い。視線を低く……も、早くみつけるポイントです。

発祥地の碑を訪ね歩く 「旅のフォト物語」

Scene01

碑

皇居を望む内堀通りに沿って植えられた生け垣のなかを探す。隠れるようにして「市内最初の並木」の碑があった。左側の案内板がなかったら、通りすぎていた? 案内板によると、1875(明治8)年、この通りにニセアカシアを植えたということのよう。東京が都ではなく市だった時代の碑。いまは当時の木とは違い、並木感……ありません。

Scene02

碑

溜池交差点。10年ほど前、この近くにあるオフィスに通っていた。ほぼ1年。毎日、交差点を歩いていたが、気づきませんでした。こんな碑があったとは。植え込みのなかにある地味~な碑。日当たりの悪い高速道路の高架下です。「溜池発祥の碑」。江戸時代のはじめ、ここに人工の池があった。名所だったらしい。

Scene03

石垣

「溜池発祥の碑」から虎ノ門駅に向かって歩く。これだけ碑をめぐっていると、跡地をみつける勘が鋭くなってくるらしい。「溜池櫓台跡」の石垣をみつけてしまった。ため池の一部だ。ため池は江戸城を守る堀と同時に上水用の池の役割を担っていた。ビル街に唐突に現れる石垣……ちょっと不思議な気分。

Scene04

碑

やはり気分は碑探しに傾いている? 「溜池櫓台跡」から虎ノ門駅に向かう途中で、この碑も目に入ってしまった。植え込みのなかにひっそりと「新聞創刊の地」。碑文によると、1874(明治7)年、この付近にあった旧武家長屋で読売新聞が創刊されたと記されていた。溜池交差点から虎ノ門の間は、碑銀座の感すらあった。

Scene05

碑

麻布十番駅へ。この近くの永坂更科本社というビルの前に、「永坂更科發祥之地」。更科そばの発祥地の碑だ。脇の木に隠れるように立っていて、はじめは通りすぎてしまった。永坂更科布屋太兵衛建立とある。この碑は案内板もなく、少し緑がかった石に刻まれた文字は旧字が多く、読むのにひと苦労。

Scene06

碑

日本に多い鉄道ファンの視線が集まる「鉄道発祥の地」の碑。それは品川駅にあるという。駅の入り口、階段、コンコースの壁……と探したがみつからない。「駅員さんに聞こうか?」と思いふと、視線をホームに。ありました。1番線のホームに埋め込まれていました。これも碑? これまで僕は何回か、この碑を踏みつけていたかも。この場を借りて深謝。

Scene07

商店街

中野駅から北にのびる中野サンモール商店街。そこにあるロッテリア。通りに面してテイクアウト用のような窓口があり、その横に、「コアラのマーチ焼 発祥の地」と大きく書かれている。コアラのマーチ焼は、ロッテの菓子「コアラのマーチ」の顔を大きくした大判焼き。1個税込み151円。その味は次のSceneで。

Scene08

コアラのマーチ焼

注文すると、「焼くので店内で待っていてください」。焼きたてのアツアツを受けとった。頼んだのは、カスタードとガーナミルク。食べてみました。生地はカステラのような食感で、そこにクリームが入っている。カスタードは甘さ控えめのほんわか味。ガーナミルクはココア風。碑をめぐる散歩の小休止にぴったりでした。

Scene09

碑

西新宿の高層ビル街の草分け的な存在の新宿住友ビル。三角ビルと呼ばれることも。このビルは、新宿にあった淀橋浄水場の跡に建てられた。ということは……。ビル内の三角広場の片隅に、「東京水道発祥の地」の碑が。鉄製のバルブや管も展示されていた。バルブには、「昭和12年」の刻印も。

Scene10

碑

新宿から神宮外苑へ。神宮球場と秩父宮ラグビー場の中間あたりでみつかりました。「近代ボウリング発祥の地」。すぐにたどり着けたのは、このデザイン。色を使ってもらうと、碑めぐりがずっと楽になる。日本のボウリングの発祥は長崎。こちらは近代ボウリング。碑には、「テンピンボウリング 手動式設備で」とある。それが近代ボウリングということらしい。

Scene11

胸像

代々木公園のなかに、「日本航空発始之地記念碑」という碑があった。日本ではじめての2機の飛行機が、ここで地面を離れた。1910(明治43)年のこと。操縦桿(かん)を握っていたのは、日野熊蔵大尉と徳川好敏大尉。その胸像も碑の脇に。ただしコロナ禍で公園での飲食は制限。碑や胸像のまわりは簡易フェンスが設置され、これ以上近づけませんでした。

Scene12

碑

初飛行の碑はほかに、所沢市の「航空発祥の地」と江戸川橋駅に近いこの「国産飛行機発祥の地」。代々木公園で日野熊蔵大尉が乗り、初飛行に成功したのはドイツからの輸入機。日野大尉はここで国産機製作にも挑んでいた。神田川に沿ったビルの密集地。飛行機のイメージとは無縁の風景が広がっていた。

Scene13

像

西武池袋線で西に向かい大泉学園駅で下車。改札の手前で足を止めると、ドトールコーヒーの脇に、「日本アニメ発祥の地 大泉へようこそ」。そこには、「銀河鉄道999」に登場する車掌キャラクターが。この「車掌さん」が、大泉学園駅の名誉駅長として任命されたと記されていました。

Scene14

像

大泉学園駅の改札を出て、右手に進むと、隣接ビルとの間のデッキに「大泉アニメゲート」が。アトム、「あしたのジョー」の矢吹丈などの等身大モニュメントが現れる。脇にはアニメフィルムをかたどったアニメ年表。待ち合わせの人の間を縫うように動画を撮らせてもらいました。

Scene15

碑

西に向かう。最後はバスにも乗って、武蔵村山病院へ。めざしたのは病院脇の「プリンスの丘公園」。プリンス? 車好きならピンとくるはず。そう、ここは日産自動車村山工場の跡地。公園では入院している方がリハビリに励む。その手前にありました。「スカイラインGT-R(PGC10)発祥の地」の碑。工場の記念碑ではなく、スカイラインなんですなぁ。

※取材期間:4月19日~4月20日

※価格等はすべて取材時のものです。

【次号予告】次回は檜原村の滝めぐり。

アニメ、お菓子、スカイライン…… 発祥地の碑を訪ね歩いて20キロ超え! 東京再発見3

2019年に連載された台湾の秘境温泉の旅が本になりました。

台湾の秘湯迷走旅(双葉文庫)

温泉大国の台湾。日本人観光客にも人気が高い有名温泉のほか、地元の人でにぎわうローカル温泉、河原の野渓温泉、冷泉など種類も豊か。さらに超のつくような秘湯が谷底や山奥に隠れるようにある。著者は、水先案内人である台湾在住の温泉通と、日本から同行したカメラマンとともに、車で超秘湯をめざすことに。ところがそれは想像以上に過酷な温泉旅だった……。台湾の秘湯を巡る男三人の迷走旅、果たしてどうなるのか。体験紀行とともに、温泉案内「台湾百迷湯」収録。

REACTION

LIKE
COMMENT
0
連載をフォローする

SHARE

  • LINEでシェア

FOR YOU あなたにおすすめの記事

RECOMMEND おすすめの記事

&MEMBER限定の機能です

&MEMBERにご登録(無料)いただくと、気に入った記事に共感を示したり、コメントを書いたり、ブックマークしたりできます。こうしたアクションをする度にポイント「&MILE」がたまり、限定イベントやプレゼントの当選確率が上がります。

&MEMBERログイン

ID(メールアドレス)
パスワード

パスワードを忘れた方はこちら

&MEMBER登録はこちら

&MILEの加算アクション

  • &MEMBER新規登録:100マイル

    *今後、以下のアクションも追加していきます

  • 朝日新聞デジタル有料会員の継続:100マイル
  • ログインしてサイト訪問:10マイル
  • 記事に「LIKE」を押す:10マイル
  • コメントの投稿:30マイル
  • 自分のコメントに「LIKE」がつく:10マイル
  • アンケート回答:30マイル
  • 「朝日新聞SHOP」での購入:50マイル
  • イベント申し込み:50マイル

&MILEの獲得数に応じてステージがあがり、ステージがあがるごとに
&MEMBER限定のイベントやプレゼントの当選確率が上がります。詳細はこちら