&w

野村友里×UA 暮らしの音
連載をフォローする

UAさん「自分の心身と感覚で選択するしかない」

乃木坂のトンネルを抜けたところより

「eatrip」を主宰する料理人の野村友里さんと、現在カナダの島で暮らす歌手UAさんの往復書簡「暮らしの音」。「ともだち」について想(おも)いをめぐらし、UAさんに会うことを楽しみにしていた野村さん。今回は、日本に一時帰国されたUAさんからのお便りです。

友里さんの手紙「さようならとこんにちはの季節に、“ともだち”についてふと思う」から続く

友里

はい。無事、日本に入国できました(笑)。

入ってしまえば「笑」だけど、入るまではこれまで味わったことのない、非常なストレスだったのよ。搭乗前は、島では出来ないトラベラー用のPCRテストのために都市部に滞在し、その陰性証明にミスがないか慣れない単語を何度も確認し、日本入国時の数々のアプリ取得、自主隔離用の情報QRコードの提示、滞在先までのハイヤーの予約に、隔離先の確保に……ふぃー、思い出すのも疲れるほど。

UAさん「自分の心身と感覚で選択するしかない」
明治神宮北参道から

隔離期間中、都内のAirbnbのベランダから眺める路地の光景は、全員がマスクをしていること以外は特に変わりなく映る。ゴミを出すおじいさん、通りを掃くおばさん、道に水をまく花屋さん、お弁当屋に並ぶ会社員、小さな子供を2人も乗せて自転車をこぐお母さん、ゴミをあさるカラスに路地裏の猫。都会といえど、やっぱり世界のどこにもない日本の日常の風景に、極度の緊張からの解放感もあって、じぃんとした安堵(あんど)感に包まれたりして。

UAさん「自分の心身と感覚で選択するしかない」
帰国後、まずいただいた甘味

さて、と、も、だ、ち。4年ほど前、あなたに宛てた最初のお手紙にも書いたっけなぁと、懐かしくなりながら、また改めて思うと、あなたの名前ってほんと素敵なのよね。友が生まれ、帰る場所なのだから。まったくうなずけるところがまたすごい。

でもそんなたくさんの友達の中でも、ウーコに見せてくれる友里の顔は、きっとウーコにだけ見せてくれるものなんだろうな。人の関係は、それぞれまるで合わせ鏡のようだから、出会う数だけ、自分自身にも出会ってるように感じる。そこで十一面観音を思い出しちゃったりして(笑)。色々な距離感の友達がいる中、人生において実に長く深く付き合える相手は11人ぐらいだったりするのかもしれない、なんて。それって少ないのかな?

UAさん「自分の心身と感覚で選択するしかない」
久しぶりの友里の手料理は、格別!

日本人の長所に「気が利く」「思いやりがある」、今時の言い方なら「空気が読める」とか「忖度(そんたく)できる」とでも言うのかな。そんな「おもてなし」にもつながる感性があるよね。古来、「以心伝心」「あうんの呼吸」「つうと言えばかあ」みたいな言葉があるものね。だけどそれも一長一短で言えば、期待に応えようとして、周りをうかがい過ぎて自分を見失ってる場合もあり得るのだけど。

それに、友達なら当然「気が利いて」「思いやりがあって」「あうんの呼吸」なのかと言うと、そうとも限らない。人間互いに、色々な立場や環境、時期があるから、親友にだって反感を持つこともあるしね。ただその反感を心の奥に閉まっておいたのでは、友達とは呼べないのかな。反感をぶつけちゃうだけなら、なおのこと。それならまずは、最大の想像力を用いて共感してみてから、その反感を一意見として伝えられたら、どうだろう。ずいぶんと言葉は違って聞こえやしないかな。それもまた、以心伝心と呼んでもいいような気がする。

UAさん「自分の心身と感覚で選択するしかない」
川崎の岡本太郎美術館のエントランスにて

そして昨年からのコロナ時代、マスクを外して抱き合える相手は何人いるのだろう……。おっと、そんな切ないこと言ってる場合じゃない! 大変気がかりなのは、ワクチンのこと。この緊急一大事は、共感と反感などはとりあえず脇において、まずは友達同士から可能な限り情報を交換するしかないと思うの。

日本は、新型コロナウイルスのワクチン接種が遅れている。ニュースサイトで見たところによれば、ワクチン接種が完了した人の割合は、イスラエルで約6割、アメリカは約4割という状況に比べて、日本はまだまだ数パーセント。もちろんこれは人口に対する接種を終えた人の割合なので、実際の人数となるとアメリカがダントツなんだけど。

イスラエル事情に詳しい友人によると、いつ爆弾が爆発するかもわからない、民族紛争が続く国では、新型コロナワクチンの受け止め方自体が日本とは大きく違うのだという。イスラエルは去年からワクチンメーカーと購入契約を結んでいて、感染に関するデータを世界に共有する条件で優先的にワクチンを提供してもらう契約をしていた。ワクチン接種の「テストベッド」になることでワクチンをより早く供給できたのだそう。

日本では、アメリカの製薬大手ファイザー社が開発したワクチンで接種がようやく始まったところ。それは、従来の生ワクチンや不活化ワクチンとは全く違う最新のもので、遺伝物質のメッセンジャーRNA(mRNA)を打ち込むというもの。従来なら長い期間をかけて行われている実験は、1年ほどで急速に進められた。長期的なリスクは予測しきれないとも言われている……。

確かに、mRNAワクチンについて検索すると、様々な懸念が挙げられているのを目にしてしまう。例えば、ワクチン接種によって自然免疫を破壊してしまうのではないか。生来、私たちにある自然免疫や抗体が、mRNAワクチンによって変化してしまったとき、次に変異種ウイルスに感染した場合、正常に働かないのではないか、などなど……。

もちろんこれが杞憂(きゆう)に過ぎないなら、それに越したことはない。いわゆる先進国としては、極端に接種が遅れている日本ではあるけれど、これも今一度、考えられる機会ととらえれば良いのかもしれないね。

UAさん「自分の心身と感覚で選択するしかない」
息子の虹郎くん

科学については、どう転んでみたところで、私などに本当のことはわかりようがないし、つまるところ、自分の心身と感覚で選択するしかないのだけど、何しろ母親の立場としても真剣になる他はない。暴走したままの資本主義と、目先の恐れのために、未来に大きなツケを回すことは、もうしたくないからのー。

UAさん「自分の心身と感覚で選択するしかない」
原宿の銀杏(いちょう)

そして、梅雨入り宣言こそはなくとも、どうみても梅雨な東京、銀杏の緑の深まりゆく様子には本当に癒やされてる。

散歩に行こうね。電話するから。

うーこ

UAさん「自分の心身と感覚で選択するしかない」
AJICO at NHK

REACTION

LIKE
COMMENT
0
連載をフォローする

SHARE

  • LINEでシェア

FOR YOU あなたにおすすめの記事

RECOMMEND おすすめの記事

&MEMBER限定の機能です

&MEMBERにご登録(無料)いただくと、気に入った記事に共感を示したり、コメントを書いたり、ブックマークしたりできます。こうしたアクションをする度にポイント「&MILE」がたまり、限定イベントやプレゼントの当選確率が上がります。

&MEMBERログイン

ID(メールアドレス)
パスワード

パスワードを忘れた方はこちら

&MEMBER登録はこちら

&MILEの加算アクション

  • &MEMBER新規登録:100マイル

    *今後、以下のアクションも追加していきます

  • 朝日新聞デジタル有料会員の継続:100マイル
  • ログインしてサイト訪問:10マイル
  • 記事に「LIKE」を押す:10マイル
  • コメントの投稿:30マイル
  • 自分のコメントに「LIKE」がつく:10マイル
  • アンケート回答:30マイル
  • 「朝日新聞SHOP」での購入:50マイル
  • イベント申し込み:50マイル

&MILEの獲得数に応じてステージがあがり、ステージがあがるごとに
&MEMBER限定のイベントやプレゼントの当選確率が上がります。詳細はこちら