キャンピングカーで行こう!
連載をフォローする

「軽キャンピングカー」にしかできないこと 購入前に注意すべきポイントを整理

軽バンコンの一例。外見からはキャンピングカーとは、わからない/写真提供=キャンピングカープロショップ フレンドリー

キャンピングカーショーに行くと、「軽キャンピングカー」を見ている人たちからのこんな声をよく聞くことがあります。「サイズがコンパクトだから、これなら運転できるかも!」「まずは軽からスタートするのがいいかもしれないね!」。現場を歩いていると、その人気を実感します。

「軽キャンピングカー」とは、文字通り軽自動車をベースに作られたキャンピングカーのことです。バンコンタイプとキャブコンタイプがあるのは、一般のキャンピングカーと変わりません。

「軽自動車」は日本独自の自動車規格です。コンパクトサイズで運転がしやすく、ランニングコストも安い、という特徴があり、多くの人たちから支持されているカテゴリーです。

海外のビルダー幹部が「Amazing……」

現行の軽自動車の規格は、全長3400mm以下、全幅1480mm以下、全高2000mm以下、排気量660cc以下、乗車定員4名以下、貨物車の場合は貨物積載量が350 kg以下と定められています。

当然、キャンピングカーでもこの規格内に収まっていなければならないわけですから、キャブコンの架装をしても、コンパクトな大きさであることに変わりはありません。

高さの制限が2000mm以下ですから、どんなに低床な設計でも、中で大人が立つのは苦しいでしょう。長さ・幅ともコンパクトなので、室内空間は小さめです。そしてエンジンも排気量660cc以下ですから、強いパワーは望めません。

キャンピングカーは、さまざまな設備がある分、通常の車よりも重たくなりがちです。このため、軽自動車は大きさ・パワーともに、最も「キャンピングカーに向いていない」と判断されそうな車です。しかし、軽キャンピングカーは人気があります。全国のビルダーが制約を乗り越えて、さまざまな軽キャンピングカーをつくり出し、提案してくれていることが背景にあります。

「軽キャンピングカー」にしかできないこと 購入前に注意すべきポイントを整理
軽キャンピングカーの室内空間/写真提供=キャンピングカープロショップフレンドリー

こんなエピソードを聞いたことがあります。数年前、海外の有名ビルダーの幹部が来日した際、キャンピングカーショーで軽キャンピングカーを視察しました。小さいサイズに仕込まれた数々の装備を見て、「Amazing……」と称賛していたそうです。

NEXT PAGEメリット、デメリットを考えてみよう

REACTION

LIKE
COMMENT
0
BOOKMARK

リアクションしてマイルをもらう

連載をフォローする

COMMENT

コメントを書いてマイル獲得! みんなのコメントを見る

SHARE

  • LINEでシェア

FOR YOU あなたにおすすめの記事

POPULAR 人気記事

※アクセスは過去7日間、LIKE、コメントは過去30日間で集計しています。

RECOMMEND おすすめの記事

&MEMBER限定の機能です

&MEMBERにご登録(無料)いただくと、気に入った記事に共感を示したり、コメントを書いたり、ブックマークしたりできます。こうしたアクションをする度にポイント「&MILE」がたまり、限定イベントやプレゼントの当選確率が上がります。

&MEMBERログイン

ID(メールアドレス)
パスワード

パスワードを忘れた方はこちら

&MEMBER登録はこちら

&MILEの加算アクション

  • &MEMBER新規登録:100マイル
  • 記事に「LIKE」を押す:10マイル
  • コメントの投稿:30マイル
  • 自分のコメントに「LIKE」がつく:10マイル
  • *今後、以下のアクションも追加していきます

  • 朝日新聞デジタル有料会員の継続:100マイル
  • ログインしてサイト訪問:10マイル
  • アンケート回答:30マイル
  • 「朝日新聞SHOP」での購入:50マイル
  • イベント申し込み:50マイル

&MILEの獲得数に応じてステージがあがり、ステージがあがるごとに
&MEMBER限定のイベントやプレゼントの当選確率が上がります。詳細はこちら